一度使うと手放せない「CHUMSのメガネストラップ」。

僕は常日頃から“もっとみんなメガネストラップを使えばいいのに!”と思っています。

それぐらい便利。

例えば、フェスやキャンプなど、アウトドアでサングラスをかけますよね? でも、曇りに天気が変わったり、夕方になってくると、外すことになる。そんな時、ケースがないとサングラスって収納しにくいし、なくしたり、踏んじゃったり。ストラップがあれば、サッと外しておしまい。それだけでコトが済みます。

これはドライブでも同じ。トンネルの中とか、暗くなってきた時、サッと外せます。

胸ポケットに入れたり、胸元にかけたりといった手もありますが、それこそ落としてしまう可能性が……。

アクティブなシーンでサングラスをかけるなら、ストラップは絶対です。

また、ファッション的にも楽しめます。シンプルな装いの時なんか、ちょうどアクセサリーにもなるので、僕はアウトドアだけでなく、日常でも使ってます。

肝心のブランドですが、オススメはカツオドリのマークで有名なCHUMS〉です。

現在では総合的なアウトドアメーカーとしてバックパックだったりTシャツだったり、いろんなアイテムが人気ですが、じつは〈CHUMS〉はこのメガネストラップからスタートしたブランドなんです。

なんでも、創業者が川にサングラスを落とさないように作ったのがはじまりだとか。

つまり、このメガネストラップは〈CHUMS〉の真骨頂。

写真の組紐のようなタイプに加えて、スウェット素材とか、タイダイ染めとか、キッズサイズまである。とにかくラインナップが豊富です。

そして、そのどれもがアウトドアメーカーらしく簡単に切れたりすることなく丈夫。しかも、価格帯は1,000円前後です。

ホント、一度使うと便利すぎて、手放せなくなりますよ。ちなみに、僕は常に4本ぐらいをストックして、グラスに合わせて楽しんでいます!

平健一/スタイリスト
2007年に独立、ハイファッションからアウトドアギア、インテリアなど守備範囲広め。フィールドも雑誌からTVCMまで多岐にわたる。最近は、スタイリングだけでなく、ビジュアルディレクションも。

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

ブービーバードのマークでお馴染み、「CHUMS(チャムス)」。春の新作としてリリースされた「Teeshell」が可愛くて機能的にも良さそうで気になっていた...
プロスノーボーダーが作った〈DANG SHADES(ダン・シェイディーズ)〉のサングラスは、価格が3,000円代〜5,000円代が中心。コスパ、最高です。
まるでボトルのようなカタチの〈SOLR LANTERN〉はランタンとしての仕様はもちろん、中にコード類やサングラスを入れて使うこともできます。
〈フライング タイガー コペンハーゲン〉のフライングディスクは、北欧発らしいカラーリングと税抜き300円という価格に惹かれます。
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
屋内だけでなく、その汎用性の高さからアウトドアのシーンでも注目されている「CB缶」を使用するギア&グッズを厳選してご紹介! 災害時にも役立つアイテムが満載です。
アウトドアユースを想定したスポーティーなモデルが多いなか、完全にインドア派。
〈TERRA〉というブランドの「Hola」というモデル。真鍮のパーツとポリエステルの蝋引き糸による編み紐、柔らかいラクダ革のアジャスターと素材使いがとても...
〈MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)〉の「アウトドア ストライプシート」は、上品なストライプ柄。見た目とは裏腹にガシガシ使えます。
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
結論、これは使えます。耳を塞がないので、会話や生活音、街の騒音なんかも聞こえます。街歩きをしながら、ランニングしながら、自転車に乗りながら、といった「なが...
歩行性に優れたサンダルのひとつの答えが、〈KEEN(キーン)〉の「クリアウォーターCNX」。全方向にグリップが効くアウトソールや土踏まずの形状に合わせたイ...
代々木上原の『タテイスカンナ』で〈Anti-weathers(アンチウェザーズ)〉に別注をかけた「アンドロップパンツ」はアウトドアに最適な機能が満載。ロー...
アメリカのメイン州発の〈Paine Products〉のお香は、木をそのまま炊いたような香り。化学物質もオイルも一切なしなので安心して使えます。
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
〈ソフト99コーポレーション〉のメガネクリーナーは。モバイルサイズのハンディタイプがあるのがポイントです。
新潟県三条市発の「OUTSIDE IN SUNNIES(アウトサイドサニーズ)」。アウトドア用なんだけど、街でも違和感なく使えるデザインになっているところ...
ポートランド発〈POLeR(ポーラー)〉の「BACKSIDE BOARDSHORTS」は、海やプールで存在感バッチリ。グラフィカルなデザインは、大人の遊び...
BBQやキャンプ料理といった“アウトドアごはん”についてまわる、面倒な「食器洗い問題」。そんな憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれる、アウトドア視点の素敵なアイ...
デザインはジャスパー・モリソン、製作は松徳硝子という豪華な組み合わせによって生まれたグラスは、高級感のある佇まい。だけど、1個税込1,944円。とても控え...
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
〈Zpacks〉のポーチはアウトドアシーンにおける近年の潮流であるウルトラライトなアイテムです。手に取った感覚がまるで紙風船のよう。
移動が多い人には必須のモバイルバッテリー。〈IKEA〉の「FINDLA」ならサイズ感、コスパに優れています。LEDのライトがレトロな雰囲気を醸し出すのもポ...