意中の女性へのアタックにこれ以上のキッカケはない。

キレイな女性を前にして声をかけないのは失礼にあたる、とは、僕らがなんとなしに思い描くイタリア人男性へのイメージ。ちがう?女性を褒めるにしても、誘うにしても、DNAに染み付いているかのように、さりげなく、それでいて大胆に行動できてしまう。多分ユーモアの出し入れに長けているんだろうな。

それか、もしかしたら声をかけるずっと前から、用意周到にコミュニケーションの準備がされていたりして。あくまで例えば…のハナシですけど、まずは男女のこんな出会いからドーゾ。

そこまでする!?な、
仰天ファンクションアイテム

彼の名前はエリオ(仮名)。朝の街で目が行くのは、やっぱり女性ばかり。

そんなエリオの横を通り過ぎる、黒髪が美しい大人の雰囲気を漂わすクラウディア(仮名)。そよ風をまといながら、しなやかに歩く彼女に見とれるエリオ。すれ違いざま、ニコっ。

天使の放った矢は、見事に彼のハート♡を射抜いてみせました。クラウディアの残り香に放心状態のエリオ、時が止まったかのようなこの表情。

でも……、

(ゴンッ)

……ま、そうなりますよ。

で、その頃クラウディアはというと、向かった先のカフェが開店前の準備中。「オ〜ッ、ディーオミーオ....(もーう、まったく!)」朝のエスプレッソを逃してしまい、こちらもこの表情。

きびすを返した彼女を交差点の向こうから見ていたエリオは、ここぞとばかり彼女に急接近します。

さあ、そのテクを存分に見せてくれ、エリオ!

まずはポケットからスマホを取り出すと、「mokase」のロゴのアプリを起動。画面に映るコーヒーカップが徐々に満たされていきます。次いで取り出した即席のデミタスカップにスマホを傾けました。

次の瞬間、

あろうことか、エリオのスマホから褐色の液体が。

まさか……ですよね!?

マンッマ ミ〜ア!(ウソでしょ!)」クラウディアが求めていた淹れたてのエスプレッソが、はいこの通り。

さすがはイタリア伊達男、女性たちを飽きさせない工夫と、笑顔に変える七つ道具をスマホケースに仕込んでしまうとはね。

でもこれ、種も仕掛けもないんです。つまり、マジなやつ。

【ウソのような本当の商品】
スマホケース内蔵型
エスプレッソディスペンサー

あまりにもイノベーティブすぎて、正直どこまで本気なんだかも分からないんですけど(笑)。実際にリリースされているこのスマホケースを開発したのは、ナポリに拠点をおく「Smart K Company」。当然ながらコンセプトもディベロップメントも大マジです。

スマホケースとディスペンサーを融合させる必要が本当にあったのかどうか……はさておき、じゃあ、その構造はどんなことになっているかというと、これがトンデモもないことに。

その正体がこちら。

ケース側面のスリットに、挽いたコーヒー豆と水が入ったカートリッジ(1杯分)を挿入するだけ。ケース内部で温められた(60〜70℃だそう)コーヒーは、専用のパイプを通って、上部のカメラレンズ付近からカップへと注がれるという仕組みです。

 

それをもうちょい分かりやすくしたのが裏表を対比したこの写真。外から見れば、まったくもってフツーのケース、でも内部には小さなバリスタが潜んでいるわけですよ。

専用デミタスカップもまた秀逸。よくできてるな、と思わず関心してしまいます。場所を選ばず、ざっと出して、さっと注いでみせるため、伸縮式のカップで持ち運びもコンパクトさにこわだりアリのよう。

カートリッジを1回ずつ交換しなければいけない手間だったり、そもそもカフェに誘えばいい、なんてツッコミもきっと想定内なんだとは思いますが、カートリッジは「CLASSIC」、「TOASTED」、「ALABIC」から選べるみたいです、一応。

ちなみにですが…
開発者ふたりも伊達男

まあ、なんにしても誰も思いつかないようなこのアイデア、通りすがりの女性に向かって褒め言葉を投げかけるイタリア男よろしく、こう叫ばずにはいられません。

コンプリメンティ!(お見事!)

ちなみに、今見ているあなたのスマホからもエスプレッソを出すことができます。公式サイト経由で購入も可能だから。でこれが日本円にして3,000円ちょっと、と意外にも安いんだな。

物好きなみなさん、もしくはイタリア男のようなサービス精神や褒めの美学を極めたい人だけ、こちらからどうぞ。

Licensed material used with permission by Mokase
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
『バチェラー・ジャパン』シーズン2に出演し、「肉食バイヤー」と紹介されていた桃田奈々です。自己紹介、恋愛、仕事、美容、旅というテーマで5回にわたりコラムを...
イタリア本土と水の都ベネチアを結ぶ街メストレに、博物館「M9(Museo 900)」がオープン。展示内容は20世紀のイタリア。テクノロジーを駆使した館内の...
リンゴから作られるアルコール飲料「シードル」を自分で作れちゃうガジェット『ALCHEMA』です。
2019年12月6日〜2020年3月2日、「d47 MUSEUM」にて「着る47展」開催。
Leaf Urbanは、常に健康を管理することができるジュエリーの形をした女性のための健康を記録できる装置です。歩数や活動した時間、消費カロリーの記録、睡...
「Lumen」は、息を吹き込むだけで現在の新陳代謝を測定してくれます。さらには、栄養素などのアドバイスも。リアルタイムで体内の調子を知ることができて優秀な...
経済的な自立が難しい女性をサポートするためのプロジェクトで作られたアクセサリー。でもね、辛い過去があってもみんな楽しそうなんです。
「Mr. ESP 1」の使い方はカンタン。頭につけてから、瞑想を行えばイイだけ。すると、本体が脳波やその動きを読み取り、より深い状態へと導いてくれるようです。
「Iria Ashimine」のアクセサリーには、つねに変化しつづける自然界のみずみずしい姿が、繊細に表現されています。
「LEMON by Lemonade Lemonica(レモン)」が渋谷駅西口に開業した「渋谷フクラス」1Fに12月5日、グランドオープン。
常に女性との関わりを持ち、一見恋愛に事欠かない「チャラ男」と「モテ男」。しかし、どうも同じに見えないのは何故なのでしょう。「チャラ男」はモテるのか、「モテ...
「Visvo」は、ワイヤレス充電規格Qiに対応した充電器を搭載していて、AppleのAirPodsなどの完全独立型イヤホンの紛失を防止してくれる機能もあります。
その重さわずか52g、でも小型なことをウリにしたいわけじゃなく、このカメラ機能付きドローン最大の利点は、スマホケースと一体型になっていること。用途はこの1...
コーヒーメーカーで作った料理を紹介するYouTubeチャンネル。タコスやピザ、スイーツまで。見るとだんだん中毒になっていく……!
「mm(ミリ)」のそれは、なるべくプリミティブな自分になってつけたいアクセサリー。
覆面アーティスト、バンクシーのデザインを採用したアートパネル型Bluetoothスピーカーが登場。高音質で音楽が楽しめるだけでなく、インテリアにもピッタリ。
昨年35,000 人が来場した日本最大級の文具の祭典「文具女子博」の今年のテーマは「文具浪漫」。ここでしか買えないアイテムを含む約50,000点を揃えるほ...
一般的に、人間関係で何かトラブルが起きたとき、女性のほうが感情的になりやすく、ほとぼりが冷めるのにも時間がかかる。だから、男友達と一緒にいるほうがラクだと...
2020年に出港を始めるクルーズ船「Mardi Gras」には、ジェットコースターが設置されるとのこと。その名にふさわしくクレイジーですね。
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今日はベンの告白の日です。イギリス人のイメージと言えば紅茶ですよね。綺麗な庭での優雅なアフタヌーンティー、真冬の...
「おきらくごくらく!」というセリフ。知っていますか? 25年以上たった今も影響力がある伝説の番組『ウゴウゴ・ルーガ』の生みの親である当時のチーフディレクタ...