壁をタッチスクリーンにしてしまうガジェット

多くの人がいるミーティングで、スクリーンに映し出した資料に書き込みながら話を進められたら、議事録をとるよりもずっと効率的でしょう。

カンタンにこれを実現してくれるアイテムが、クラウドファンディングサイト「Makuake」で資金調達中です。

どこでも文字が書き込める

「GoTouch」は、壁やプレゼン資料などを文字が書き込めるように変身させるアイテム。赤外線を発信するセンサーを搭載している本体とペンのセットになっています。

使い方は簡単。GoTouch本体を書きたい場所に向ければ、その部分にペンを使って自由に書き込めるように。もしもプロジェクターから投影する場合は、専用アプリをダウンロードしたスマホやタブレットに記録を残すことができます。

赤外線の届く範囲ならいかなるものをタッチ式に変えられるため、壁やモニターだけでなくTV画面やパソコンのスクリーンなどにも使えるそうですよ。

Licensed material used with permission by Makuake
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
わずか100円程度(1ドル)で、MacBookをタッチ対応にする技術が開発された。
“あったらいいな”を実現する、いま話題の最新ガジェットを3つ紹介。
A4サイズのホワイトボードが4枚セットになった〈BUTTERFLYBOARD(バタフライボード)〉。1枚1枚のボードは、マグネットでノートのようにくっつけ...
寒いときに恋しくなるのは、身体を芯から温めてくれる「ホットドリンク」!今回紹介するホットドリンクは、身体に良くて、自宅で手軽にできるものばかりです。冷えは...
現在「Kickstarter」で話題沸騰中の指輪型ワイヤレスマウス「Snowl」。韓国のベンチャー企業によるこのガジェットは、Bluetooth経由でパソ...
リンゴから作られるアルコール飲料「シードル」を自分で作れちゃうガジェット『ALCHEMA』です。
「Mr. ESP 1」の使い方はカンタン。頭につけてから、瞑想を行えばイイだけ。すると、本体が脳波やその動きを読み取り、より深い状態へと導いてくれるようです。
「Lumen」は、息を吹き込むだけで現在の新陳代謝を測定してくれます。さらには、栄養素などのアドバイスも。リアルタイムで体内の調子を知ることができて優秀な...
「CAMPFIRE」にて発売中の携帯用歯ブラシ乾燥機「mini」は、歯ブラシの先端をケースに入れるだけで強力殺菌。オフィスや旅行シーンで大活躍間違いなし!
「土屋鞄製造所」から、初となるインテリアシリーズが登場。ナチュラルな風合いのヌメ革で仕上がった暮らしに彩りを添えるアイテムを紹介。
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
「アテックス」は、ハンディファンやウェアラブルファンとは一線を画した、革新的なクールデバイス「モノルルド ウェアラブル クール&ホット」を開発。5月1日よ...
イギリス・ロンドンの学生たちによって結成されたチーム「The Tyre Collective」がタイヤ片を集められるガジェットを開発した。
スマホ用製品の技術向上によって、物理的に見えなかった、壁の向こう側も見えるようになったようです。なんのために使うの?と思えても、アメリカでは数々のメディア...
東京・原宿CASE BにSK-Ⅱがオープンした期間限定ポップアップストア「FUTURE X Smart Store by SK-II」。ここは、店内に一歩...
墓石に使われることの多い「みかげ石」の蓄熱効果を活かした保温力抜群のお皿が登場。1分レンジでチンすれば15分間も温かさを持続!
コンパクトな財布ならではの問題を解決してくれる「進化系三つ折り財布」。
10月16日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「EO mini」は、水道水を除菌効果のある水に変えられるガ...
「The Spheres」と呼ばれるアマゾンのシアトルの新オフィスには、50カ国から集められた40,000以上の植物が生息しています。その中には、“滝”ま...
新作から定番まで、5つの日常的なシーンに対して、日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に紹介してもらった「おすすめボードゲーム15選」のまとめ。
ポートランドに本社を構えるNIKEが、ニューヨークに新オフィスを開設しました。「ナイキ・ワールド・キャンパス」と呼ばれる本社には、クライミングウォールやバ...
新橋と虎ノ門をつなぐ「新虎エリア」に位置する「新虎ヴィレッジ」に、グラフィティアートを自由に表現できる「フリーウォール」が出現。
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。