壁をタッチスクリーンにしてしまうガジェット

多くの人がいるミーティングで、スクリーンに映し出した資料に書き込みながら話を進められたら、議事録をとるよりもずっと効率的でしょう。

カンタンにこれを実現してくれるアイテムが、クラウドファンディングサイト「Makuake」で資金調達中です。

どこでも文字が書き込める

「GoTouch」は、壁やプレゼン資料などを文字が書き込めるように変身させるアイテム。赤外線を発信するセンサーを搭載している本体とペンのセットになっています。

使い方は簡単。GoTouch本体を書きたい場所に向ければ、その部分にペンを使って自由に書き込めるように。もしもプロジェクターから投影する場合は、専用アプリをダウンロードしたスマホやタブレットに記録を残すことができます。

赤外線の届く範囲ならいかなるものをタッチ式に変えられるため、壁やモニターだけでなくTV画面やパソコンのスクリーンなどにも使えるそうですよ。

Licensed material used with permission by Makuake
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
わずか100円程度(1ドル)で、MacBookをタッチ対応にする技術が開発された。
A4サイズのホワイトボードが4枚セットになった〈BUTTERFLYBOARD(バタフライボード)〉。1枚1枚のボードは、マグネットでノートのようにくっつけ...
リンゴから作られるアルコール飲料「シードル」を自分で作れちゃうガジェット『ALCHEMA』です。
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。