「手持ち扇風機」に替わる次世代のクールなガジェット

健康器具などを中心に扱う「アテックス」は、ハンディファンやウェアラブルファンとは一線を画した、革新的なクールデバイス「モノルルド ウェアラブル クール&ホット」を開発。今月1日より販売を開始した

同アイテムは、熱電冷却機能を搭載した「ペルチェ素子」を使用した風ゼロの冷温デバイス。クールモード、ホットモードの切り替えが可能で、夏場は鮮烈な冷たさ、冬場はぬくぬくとした暖かさを首筋にダイレクトに与えてくれる。

また、スリムでコンパクト、かつスタイリッシュなデザインは、持ち運びがしやすくスマートに装着できるため、プライベートはもちろんオフィスシーンでの活躍も間違いなし!

毎年「クーラー病」に悩まされている、そこのアナタ!エアコンとも扇風機とも違うこのデバイスで心地いい夏をどうぞ。

モノルルド ウェアラブル クール&ホット
©アテックス
モノルルド ウェアラブル クール&ホット
©アテックス
モノルルド ウェアラブル クール&ホット
©アテックス

モノルルド ウェアラブル クール&ホット
【カラー】ブラック・ホワイト
【価格】9000円(税別)
【サイズ/重量】(約)W165×L175×H 50mm/約300g
【電源】リチウムイオン充電池
【充電所要時間】約5時間
【連続使用時間】約1.5時間
【プログラム】クールモード、ホットモード
【付属品】USBケーブル

Top image: © アテックス
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
応援購入サービス「Makuake」にて、ヘッドフォンのように首にかけてハンズフリーで使用できるウェアラブルクールデバイス「FLEX 羽根なし首掛け扇風機」...
暑い夏は、もうすぐそこ。外出自粛のなか、家で過ごす人も増えているが、外出しないから安心かと思いきや屋内にいても熱中症になる人が多いとか。どこで作業をしてい...
この夏の救世主となり得るネッククーラー(首掛け扇風機)を4つ紹介。外出時はもちろん、自宅で使えば「クーラー病」や「電気代」の対策としても有効そうだ。
リンゴから作られるアルコール飲料「シードル」を自分で作れちゃうガジェット『ALCHEMA』です。
フランス生まれのウルトラモバイル火おこしギア「SuncaseGear」。太陽光をエネルギーに素早く着火。ゴミを出さず、環境にも優しい。
春から初夏にかけて、夏ほどじゃなくても、少し動けばじんわりと汗をかく。家事中とか、通勤中とか、買い物中とか。少しだけ、少しだけでいいから、クールダウンしたい。
「Lumen」は、息を吹き込むだけで現在の新陳代謝を測定してくれます。さらには、栄養素などのアドバイスも。リアルタイムで体内の調子を知ることができて優秀な...
クラウドファンディングサイト「BOOSTER」にて販売中の、部屋を早く涼しくし、乾燥した空気に潤いを与えてくれるアイテムを紹介。
イギリス・ロンドンの学生たちによって結成されたチーム「The Tyre Collective」がタイヤ片を集められるガジェットを開発した。
「……まったく、ホント勘弁してほしいよ。撮影だっていうから行ってみたら、いきなり扇風機の風を直撃だもんね。そりゃ、なびくに決まってるでしょ(笑)、こんなに...
インターネットの発展の裏側には、実は社会の格差が生まれていた。この記事では、デジタルディバイドの意味や種類について解説しながら、デジタルディバイドによって...
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
「Mr. ESP 1」の使い方はカンタン。頭につけてから、瞑想を行えばイイだけ。すると、本体が脳波やその動きを読み取り、より深い状態へと導いてくれるようです。
日傘の内側に、風を送る扇風機が付いた晴雨兼用パラソル「FAN FAN PARASOL」が発売中。これがあれば、外出中いつでも日陰と風とともに歩いていける。
「サンコー」より発売中の「ネッククーラーNeo」は、最大20時間も涼しさを持続してくれる首掛けタイプのウェアラブルクーラー。2秒で即座に冷えて暑さ対策にピ...
「CAMPFIRE」にて発売中の携帯用歯ブラシ乾燥機「mini」は、歯ブラシの先端をケースに入れるだけで強力殺菌。オフィスや旅行シーンで大活躍間違いなし!
東京の花火業者「丸玉屋」が制作した、文句なし!360度大迫力の花火映像。本来なら保安上、花火師にしか許されない「打ち上げ地点真下」からの貴重な花火体験も!
コンセプトは“はたらく人のための「夢中になれる場所」”というビジネス利用を意識した「スターバックス コーヒー CIRCLES 銀座店」が7月30日にオープン。
2020年に出港を始めるクルーズ船「Mardi Gras」には、ジェットコースターが設置されるとのこと。その名にふさわしくクレイジーですね。
キーアクセサリーデザイン会社が製作した「CLEANKEY」。持ち手とフックがついたこのガジェットは、外出先での“触る必要があるもの”を代わりに触ってくれる...
オラファー・エリアソンが手がけた、デンマークの投資信託会社Kirk Kapitalのオフィスです。
少し涼しくなってきたけど、なんだか体がだるい、まだ冷房に依存している、なんて人も多いはず。でも、エアコンの使いすぎは考えものです。アメリカの人気メディア「...
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
バレンシアガの洋服のデータを取り込んだAIが、それらの要素分解をして、いくつかの特徴を捉えて新しい洋服を再構成しました。