たった100円でMacBookをタッチ対応に

わずか100円程度(1ドル)で、MacBookをタッチ対応にする技術が開発された。

必要となるのは、鏡とヒンジと接着剤。

仕組みは意外とシンプル

5798817278459904

PCのディスプレイを触ったら少し色が変わるという現象は、おそらく多くの人が体験したことがあるだろう。

MacBookのタッチスクリーン化を実現したMITの大学院生Anish Athalyeさんのブログによれば、この状態は他の場所よりも指に触れている部分が明るくなり、その反射の仕方でタッチしているかどうかを判断できるそう。

6103452597878784

このようにヒンジで角度を調整した鏡をMacBookのカメラに取り付ければ、指の動きを認識できる準備は完了。あとは、専用のアプリをインストールするだけ。

低コストでタッチ対応にできるなら今すぐにやりたいくらいだが、このアプリは試験段階にあり、残念ながらまだリリースはされていないとのこと。

ちなみに、Anishさんを含む4人の研究チームは、約16時間でこの仕組みをつくりあげたらしい……。

Licensed material used with permission by Anish Athalye
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
「Visvo」は、ワイヤレス充電規格Qiに対応した充電器を搭載していて、AppleのAirPodsなどの完全独立型イヤホンの紛失を防止してくれる機能もあります。
「UFO」という化粧ガジェットは、フェイスパックと同じ効果を発揮してくれて、たったの90秒で顔のケアができるようです。男性へのプレゼントなんかにもアリかも...
「Mr. ESP 1」の使い方はカンタン。頭につけてから、瞑想を行えばイイだけ。すると、本体が脳波やその動きを読み取り、より深い状態へと導いてくれるようです。
8月下旬にコロナビール主催のスペシャルイベントにご招待いただきました。
「Pricerooms.com」は、旅行する際、徹底的に安いホテルを探したい人向け。予約を済ませた後もさらにお得なプランを探し続けてくれるんです。
「Lumen」は、息を吹き込むだけで現在の新陳代謝を測定してくれます。さらには、栄養素などのアドバイスも。リアルタイムで体内の調子を知ることができて優秀な...
財布の中でかさばっていたカードの役割をすべて担ってくれるのが「OraSaifu」です。
タッチ機能のないスクリーンを、文字や絵の書き込みが可能なタッチ式に簡単に変身させてしまう次世代アイテム「Go Touch」。経済的にも負担が少なく、場所を...
ノートPCやタブレット用のスタンド〈JOBSON(ジョブソン)〉の「JB435」です。コイツを底にかますだけで、傾斜がついてタイピングがしやすくなるし、P...
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
元Google社員だった、2人のエンジニアが創設したベンチャー企業「Nuro」。彼らのアイデアは約100億円の出資を集め、アメリカ中で話題になっています。
Apple Watchにワイヤレスヘッドホン、電子タバコ、すべて21世紀のテクノロジーから生まれたプロダクト。では、もしこれらが19世紀の人々の生活に浸透...
9月22日に発売開始となった「Apple Watch Series 3」。米国でオンエアーがはじまった新Apple WatchのTVCMは、新機能を利用し...
ウォール・ストリート・ジャーナルが報じたところによれば、香港のAppleが次のiPhoneの機能に、先日発表されたMacBookやApple Watchに...
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
Appleユーザーやファンにとって待望の新製品発表会が、日本時間の9月10日午前2時より開催されます。毎回のことどんな発表があるのか予想がされますが、幾つ...
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
iPhone 8/8 PlusやiPhone Xが「Qi」に対応したことで、ワイヤレス充電が注目されるように。でも、ネックなのは”置く”という動作。ここで...
「KableCARD」は1台で6通りの使い方ができるマルチ充電ガジェット。クレジットカードと同じくらいのサイズだから収納もカンタンだ。