何枚もあるクレジットカードを1つにまとめられるガジェット

名刺ケースのような「OraSaifu」には、自分の持っているクレジットカード情報をどんどん登録できます。容量は無制限だそう!で、決済の時に画面上に映るカードを選び、「OraSaifu」をICカードリーダーにタッチすれば、支払いを済ますことができます。

要するに、財布の中でかさばっていたカードの役割をすべて担ってくれるのがコレ。いわゆる一般的なクレジットカードでも、タッチ対応にしてしまうのが最大のポイントです。キャッシュレスの勢いが増しますね。

もちろん仮想通貨にも対応。クラウドファンディングサイト「Indiegogo」のキャンペーンページによれば、10月から発送を始めるようですよ。お値段は269ドルから。

「OraSaifu」
Reference: OraSaifu Inc.
Top image: © OraSaifu Inc.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

イギリス・ロンドンの学生たちによって結成されたチーム「The Tyre Collective」がタイヤ片を集められるガジェットを開発した。
“あったらいいな”を実現する、いま話題の最新ガジェットを3つ紹介。
10月16日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「EO mini」は、水道水を除菌効果のある水に変えられるガ...
リンゴから作られるアルコール飲料「シードル」を自分で作れちゃうガジェット『ALCHEMA』です。
「EARMIND」は、異なる6つのアート分野の作家や工房によって手掛けられた、デザイン性を高めたカスタマイズBluetoothイヤホンだ。
「Mr. ESP 1」の使い方はカンタン。頭につけてから、瞑想を行えばイイだけ。すると、本体が脳波やその動きを読み取り、より深い状態へと導いてくれるようです。
「Lumen」は、息を吹き込むだけで現在の新陳代謝を測定してくれます。さらには、栄養素などのアドバイスも。リアルタイムで体内の調子を知ることができて優秀な...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
感染拡大防止のため、あのハリウッド映画の登場人物たちも......マスクを着用し始めた!?
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...