MacBookユーザーはコイツを持ってるのと、持ってないのでは大違い。

ノートPCやタブレット用のスタンド〈JOBSON(ジョブソン)〉の「JB435」です。

コイツを底にかますだけで、傾斜がついてタイピングがしやすくなるし、PCの熱を逃がすことができます。作業効率が大幅アップ……とまでは言わないけれど、持っているのと持っていないのでは大違いです。

さらに、見ての通りめちゃくちゃコンパクト。ノートPCもタブレットもモバイル性が武器のデバイスなので、スタンドも持ち運びやすさは大事です。その観点でも優秀なプロダクトですね。

これだけでも十分に価値はあると思うんですが、じつは自分がもっとも惹かれたのは、見た目です。

MacBookとの相性が抜群にいい。

シルバーにブラックのラバーって、まんまMacBookの裏側です。しかも、この滑り止めのラバーには凹みがあって、MacBookの裏側についた滑り止めにピタッとはまります。

もちろん、すべてのノートPC&タブレットユーザーにオススメなんですが、とくにMacBookユーザーには強く推したいですね。

Amazonで購入可能です。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

わずか100円程度(1ドル)で、MacBookをタッチ対応にする技術が開発された。
自分の周囲で旅慣れた人が何人かいますが、ことシェーバーに関してはみんながコレを持ってる、〈BRAUN(ブラウン)〉の「M60B」です。
〈ARTS&CRAFTS(アーツアンドクラフツ)〉による巾着タイプのバッグ。上部はパラフィンを染み込ませたのコットン、下部は馬革という贅沢な作りは、ユニセ...
Amazonや楽天で実勢価格200円ぐらいで手に入るゴムですが、コイツがかなり使えます。ペンやケーブルをまとめたり、ブックバンドにしたり、弁当箱をとめたり...
ストリートカルチャーの4大要素としても知られるグラフィティアートに特化した美術館「Museum of Graffiti」がフロリダ州マイアミに誕生!
考えてみれば、仕事と同じくプライベートでもメモは必要で、なんとなくそれ専用のツールって持ってなかった。
コタキナバルが属するサバ州には、「Etania Green School」という名の、国籍を持たない子どもたちのための小学校があります。
オートバックスセブンが展開する〈JKM〉のシートカバーは店頭で見かけた瞬間、ソッコーでレジへ持っていきました。
調理法はほとんど同じ…。そもそも、この2つの違いってなんなの?!
シンプルにボトル6本が収納できるワイヤーバスケット。取っ手も付いてるので、持ち運びも簡単です。
最終章のブルーレイ&DVDリリースを記念して「ゲーム・オブ・スローンズ展」が12月13日~25日の13日間「渋谷ロフト」で開催。
アーティストLibby Oliverさんは、複数の人に持っているすべての洋服を身にまとってもらい、シャッターを切りました。
〈FREITAG〉の新作「ZIPPELIN」は、意外にも初の海外旅行向けのバッグ。言うまでもなく、トラックの幌をリユースしているのですべて1点物です。
ファーストクラスのアメニティを集めました。第六回はフィンエアーです。
〈Acteon(アクティオン)〉は、吸水速乾、抗菌という特徴を持つ高機能タオル。とくに速乾のスピードには驚きです。濡れた部分を観ているうちにどんどん乾いて...
「ONE SMARTDIET」は、国内最軽量、最小型の体脂肪計です。たった20g。つまむだけで、体脂肪率、体脂肪量、筋肉量、基礎代謝量、BMIを測定できま...
フルーツではなく野菜をメインにしたベラルーシ産「野菜グミ」
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、CONANの『Volt THrower』です。
どちらもスペックは良くないけど、そもそもかわいさと安さしか求めてなかったのでオールオッケー!『フライング タイガー コペンハーゲン』さまさまです。
"〈RAVPower(ラブパワー)〉の20100mAh ポータブル電源。このバッテリーを買えば、全てのスモールデバイスの電源問題を解決してくれます。"
ぜんざいとおしるこ。普段はその違いを気にしていない方が多いかもしれません。しかし、そこには微妙な差異があるのです!
春夏に向けて、ちょい派手な時計が欲しかったので2本購入。選んだのはレッド&ホワイトとイエロー&ブラックのモデル。前者は完全にファミコンカラーだと思ってる。
ブランドは〈if you have〉。ウルトラライトが根底にある作り手らしく、たったの48g。軽いです、中身がなかったら、背負ってることを忘れるぐらいの軽...
〈Zoff〉で売ってるクリーニングクロスです。美味しそうなパッケージにヤラれて購入した、いわゆるジャケ買いアイテムですが、なかなかのスグレモノ。