「年の離れた兄弟」がいるなら共感できる、13のこと。

年の離れた兄弟の絆は独特のもの。

親子とも違うし、年の近い兄弟とも違う…そんな不思議な関係について、自身も7歳半離れた妹を持つNikhita Mahtaniさんが、自身の体験談も交えて「Elite Daily」で綴っています。

年の離れた兄弟がいる人にとっては「あるある」だけど、いない僕からすると、いいことも悪いことも含めて、ちょっと羨ましいな〜なんて。

01.
小さい頃は本当に、
お人形のように可愛くてたまらない

小さくてかわいいし、文句も言わないし、着せ替え人形みたいにして遊んだこと、きっとあるよね。

成長した今となっては、付き合ってくれないけれど…。

02.
「今の流行り」に、
同世代より置いていかれない

特に、「若者言葉」。最近はどんな言葉が使われているのか、なんて年をとったと実感するし恥ずかしくて意味を聞くのも億劫。

でも下に年の離れた兄弟がいると、今の若者がどんなコミュニケーションをしていて、何に夢中なのか情報をキャッチしやすいんだよね。

まあ、残念ながら若者言葉を使いこなせるようになったころには、別の言葉が流行ってるんだけど。

03.
兄弟喧嘩が少なくて平和

服も違うし、興味も違うし、付き合いがあるのも全然違う人。

そもそもケンカの題材自体が少ない。それに、喧嘩というよりはお説教になってしまうし。

04.
テレビの好みが全く合わない

大人になってくるとそうでもないけれど、小さい頃は一緒にテレビを見るといっても何を見たらいいのか全然わからない。

着ぐるみが出てきて歌を歌う教育テレビか、ドロドロの人間模様が繰り広げられるドラマ。どっちを見ても片方はつまらないって問題が。

05.
誰より心強い相談相手になる

大抵アドバイスをくれる仲のいい友だちは、年も近いもの。

年が離れた兄弟の意見は、全然違う視点からのアドバイスになるから、思ってもみなかった発見をくれたり、進む道を導いてくれることがある。

年上の堅実な助言が役立つこともあれば、年下の遊び心ある助言に救われることも。年が離れているからこそ、お互い頼りになる場面があって、こういう時は本当に存在に感謝してしまう(笑)。

06.
親の「抜けているところ」を
共有して笑い合える

親というのは、子どもにとってはありがたい存在である反面、ときどき恥ずかしくて見ていられないようなこともしてしまう。

年が離れている兄弟がいると、親の愚痴を言い合ってイライラするのではなく、「しょうがないね〜」って笑い合える存在になれると思うの。

07.
いつまでたっても終わらない
年齢へのからかい

片方が何かをやっていると、もう片方もやってみたくなるのが兄弟。

だけど下の兄弟は大学のパーティには行けないし、上の兄弟がいつまでもおもちゃで遊んでいるわけにもいかない。ちょっぴり羨ましいと思いながら、お互いにそのもどかしさを「おばあちゃん」「ちび」ってからかい合う日常。

08.
遠く離れていても
愛情を保てるようになる

年が離れていると、上の兄弟が遠くの大学に進学したり就職したりするから、なかなかずっと一緒にはいられなくなってしまう。

でもこの経験が、精神的な自立させてくれたり、離れていても絆を保つことを上手にさせてくれると思うの。遠距離恋愛に、役立ったりしてね。

09.
“年相応”と言われない

兄弟はお互いに影響を与え合うから、いつも下と遊んでいる上の兄弟は、やんちゃで無邪気になる。

上の姿を見て育つ下の兄弟は、なんだか大人びて分別っぽくなりがちだから、いつまでたっても同世代の“普通”から外れている気がする。

10.
恥ずかしい姿を
知られすぎてしまう

上は下の兄弟が思春期になったとき、反抗したり荒れたりするのを微笑ましく見守っている。

自分も通った道だもの。逆に下は上の恥ずかしい姿を見て育つから、自分はああならないようにしようって、大人しくなることも多い。

お互いの“恥ずかしい記憶”が、年の近い兄弟よりも鮮明に残るものだと思う。

11.
年上は基本、過保護

小さい弟・妹に何かあったらただじゃすまない!

上は下の兄弟のことをとっても大事に思っていて、過保護にしてしまいがち。とくに一番上だと「こんな上の兄弟がいたらなぁ」と思って育つから、なおさら下の兄弟を大事にするでしょう?

1番下の子が恋人でもつくろうものなら、「まずは会わせなさい」って言いたくなるよね。

12.
残念なことに、
趣味がいつも合わない

上は下の兄弟が夢中になっているやかましいバンドが理解できないし、下は上の兄弟が退屈なヨガに熱心になっているのか理解できない。

年齢を重ねていっても、これがあまり埋まらない(笑)。

13.
人として全然違うけど
とっても仲良し

お互い全然違うけれど、だからこそとっても仲が良くて、欠点を補い合うことができる。

年が離れている兄弟の、1番いいところだと思う。

Licensed material used with permission by Elite Daily
近すぎる存在だからこそ、時には大嫌いになってしまうこともある、兄弟。でも、思い出してみてください。ゲームの遊び方といった些細なことから、生涯心に留めておき...
まるで仲良し兄弟のようにどこへ行っても離れない犬のHenryと猫のBaloo。コロラド州に住むカップルのもとで暮らしています。時々みんなでハイキングに出か...
そのケンカ、これらの理由に当てはまる?
小さい頃はケンカばかりしていた「男兄弟」。怖い時期があったり、嫌いな時期があったり、仲良しな時期があったりと、いろいろあったかもしれないけど、それでもやっ...
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
小さい頃は、言い合いばかりしていた兄弟。それが大人になると仲も深まり、場合によっては親友よりも強い結束で結ばれたり。一緒にいろんなことを乗り越えてきた仲だ...
小さい頃は、口ゲンカから叩き合いのケンカまでやり放題で「どっか行っちゃえ」なんて思っていた兄弟が、大人になってみれば最高の相談相手になっていた、…なんてこ...
女性ライターのShireen McClearyさんが「Elite Daily」で語ったのは、「女兄弟のいる男性と付き合うべき5つの理由」。幸か不幸か、彼ら...
「弟がうまいせんべいを焼いて、兄がうまく売っていく。だから『煎餅ブラザーズ』なんです」
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
同じ屋根の下で、いいときも悪い時も一緒に乗り越えてきた「姉妹」。それは心底大好きで、何をしても最終的には許し合えちゃう、かけがえのない存在。Tessa H...
長女には長女の特徴が、長男には長男の特徴がそれぞれあるように、次女にも特徴があります。それは絶対ではありませんが、共感できる人にとっては「あるある」と頷け...
ライフストーリーは姉妹それぞれだけれど、どんな姉妹でも共感できちゃうのが「Elite Daily」のRachel Chapmanさんの9つの点。お姉ちゃん...
一番上、真ん中、一番下。生まれた順によって、確かに性格は違うと述べるのは、心理療法士のRubin先生。そこから見える親との関係も書かれているので、兄弟がい...
プロポーズしたある男性。彼女の指に指輪をはめようとしたその瞬間、大きすぎたソレは排水口の中にポチャッ。その後、警察がリアルとネットを使った“本気の捜索活動...
「前まではできるだけ遠ざけたい存在だったのに、いまとなっては何かあると真っ先に彼女を頼りにするの」「Elite Daily」のライター、Jayna Tay...
今は想いが一方通行だけど、そのうち両想いになる可能性を秘めるのは、楽しい片想い。けれど、付き合ってるのに「片想い」しているように感じるのは、恋愛において最...
卒業、就職、結婚など節目で地元を離れる人はいる。今まで仲良かった友達・仲間と離れるのは心寂しいもの。でも離れるからって友情関係が変わるとは限らない。むしろ...
親元を離れて暮らす、すべての人たちへ。「Lifehack」ライターCasey Imafidon氏が、エールを込めて人生の教訓を説いています。親から離れたく...
兄弟の多い家庭では、年齢差や性によって多少の差がありますが、一人っ子には想像できないことが起こっているのです。「甘やかされて育った」とのイメージが強い末っ...
自分が言っていることは間違っていないはずなのに、なぜかスムーズに物事が運ばない...。そんな悩みを抱えている人は、ひょっとすると「共感力」が足りないのかも...
自由気ままだと思われがちなひとりっ子。でもじつは兄弟に助けを求められない分、苦労することも多いのだとか…。そう教えてくれるのは、「Elite Daily」...
Sujata Setiaさんは、ロンドンを拠点にするフォトグラファーです。現在、3歳の娘と息子(犬)がいます。娘さんは学校で「犬じゃないの。兄弟なの」と話...