「コロンビアの麻薬王」の兄弟が「折りたたみスマホ」をリリース!

12月2日、「Escobar Inc」という企業が折りたたみスマホ「Escobar Fold 1」を発売すると発表した。価格は349ドル(約3万8000円)と、かなりリーズナブル。

1600万画素と2000万画素のふたつのカメラに、指紋センサーなどが搭載。加えて、特殊加工されたプラスチックにより、画面はかなり壊れにくくなっているとのこと。

ほかにも語るべきスペックはあるのだが、それ以上に注目したいのが「Escobar Inc」について。じつは“コロンビアの麻薬王”として知られるパブロ・エスコバルの兄弟、ロベルト・エスコバルが起業した会社なのである。

WEBサイトには「パブロ・エスコバルのための持株会社」と記載。敬意を評してということなのか……スマホの壁紙にはパブロ・エスコバルの写真が使われている。

企業のあり方について不満や不安のある人も多くいるようだが、スマホの基本性能と価格が魅力的であることは間違いないだろう。

Top image: © 2019 Escobar Inc
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
Netflixが「パブロ・エスコバルのカバ」を題材にしたコメディ『Cocaine Hippos』を製作するようだ。
ファーウェイの折りたたみスマホが話題になっていますが、個人的にはコッチの方を早く製品化してほしい!イギリスを拠点に置くデザイナーが考案しているブレスレット...
3月14日、オーストラリアのニンビンという村で、2人の男性が口論をした末に片方が矢を放ちました。そして、被害者にあたる男性の命を救ったのはスマホ。
「今のスマホって大きくなりすぎて、ごちゃごちゃしてない?」。そんなふうに考えたのは、フランスのデザイナーPierrick Romeufさん。
4月1日、独自のテクノロジーで極上の履き心地を実現する「HOKA ONE ONE」から、ブランド初となるマウンテンサンダル「HOPARA(ホパラ)」が新発売。
厚さ約1cmのスマホ「Movi Phone」には、プロジェクターが搭載されていて、最長で6時間も投影できるそうです。加えて、12〜100インチのスクリーン...
トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と...
Energizer社の「P18K Pop」は、電話を90時間できて、音楽を100時間聴けて、動画を2日間見れます。
Androidを世に広める「Google」とロンドンに拠点を置くデザイン会社「Special Projects」が先日ローンチした「Paper Phone...
撮影機材はスマホ、加工も必要最小限。なのに、構図のセンスや工夫がキラリと光る作品ばかり。これ、本当に全部スマホで撮ったの?アルジェリア出身19歳のMoun...
イェール大学で人気の心理学講座が無料で受講可能に。オンライン教育サービス「Coursera」に登場した本講義では、心身の幸せを保つ秘訣を体系的に学べる。
The Pedestrian Council of Australia(オーストラリア歩行者協議会)が、“歩きスマホ”をする歩行者に対しペナルティを科すよ...
「Fairphone」は、壊れた部品も簡単に取り替えられるスマホ。環境にも気を使っていて、地球に優しい製品とのこと。
器に入った粒子はマイクロスフィアの球体。このつぶつぶの中にスマホを埋めると、4GもWi-Fiも遮断する、電磁シールドの役割をもった器です。
アイルランド国内で初めての「ノンアルコール・パブ」がオープン。その名も「Virgin Mary」。アルコール0%のビールやワインを飲めるとはいえ、全てのメ...
目度が高まる韓国第三の都市、大邱(テグ)。この街には「麻薬パン」と言う名物があります!
多様な結婚式に参列するにあたり「何を着たらいいのかわからない」と悩む女性たちへ向けたオンラインサービス「BEAMS SALON(ビームス サロン)」が今週...
暗闇ボクシング・フィットネスとして話題の「b-monster」が、3月27日(金)より期間限定で無料配信中。人気パフォーマーのプログラムを自宅でおこなうこ...
スマホを強制的に手放すよう設計されたのが、このベッドサイドランプです。デザイン性云々よりも、アイデアの勝利です。
「コロンビア」が、原宿エリアに3店舗目となる直営店「THE LIFESTYLE STORE by Columbia」をオープンすると発表。12月20日から...
2019年10月、ルワンダで史上初となる「完全アフリカ製」のスマホ「Mara Phone」がリリース。
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
自撮りならカメラよりスマホが簡単。でもスマホだと、性能にはどうしても限界がありますよね。そんな欲張りなひとたちに、朗報です。この悩みを見事に解決した新アイ...