空気が悪そうな場所へ行く時は、コイツを持っていけば安心!?

出張先で泊まらなければいけない場合、宿泊所は事前に把握していても、周辺環境まで把握している人はそう多くはないはず。意外に交通量が多いな、近くに工場がある、というふうに、現地に着いてみて初めてわかることもあるのでは。

そんな時、少し先の未来では自分で大気汚染の状況をチェックできるようになるかもしれない。

「大気汚染」を手軽にチェック

875705859ba1c77678c15ef4b7421eb8291729f9

出張先で大気汚染を確認したいという人は、正直なかなかいないだろう。が、前述したような予期せぬ環境に出くわした場合、「空気が悪いな」と気になる人もいるかもしれない。

そんな時に役立ちそうなのが「PocketLab Air」。温度や湿度や気圧、二酸化炭素濃度やPM(粒子状物質)などを測定し、あなたがいる場所の大気がどのような状態かを調べてくれるというもの。

ここまで細かく調べてくれるアイテムだというのに、小学校4年生くらいの子どもでも簡単に利用できるという。データはリアルタイムで測定してくれるらしいので、ちょっと気になるという時にサッと取り出して使うといいかもしれない。

4023b8b11e6cad9f5c5498912b14cbcf735487a0

また、取得したデータはこのように地図に表示できる。大気汚染がひどい地域は図のようにひと目でわかるようになっているので、空き時間に外出する時は参考にできるかもしれない。

PocketLab Air」のリリースは、今年中とはいかないようだけれど、気になる人は以下の動画とこちらをチェックしてみて。

Licensed material used with permission by PocketLab Air
中国・西安に巨大な空気清浄機が設置された。周辺地域では、PM2.5の数値が12%も低いらしい。
大気汚染のレベルで模様が変わる服がNYのデザイナーによって開発されました。
「息をするのも苦しい」ペルーの首都リマの幹線道路に設置された看板に、記された衝撃的な文字。これはあるガス会社による、大気汚染の危険性を訴えるユニークな取り...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
ナイジェリアにある「水に浮かぶ学校」の紹介です。
アーティストPhil Gableさんは、以下の画像に映る銅像をブルックリンに5つほど置いたそうです。
深刻化するインドの大気汚染を逆手にとって、排気ガスから集めた“インク”をアーティストAnirudh Sharmaさんは開発しました。
中国の環境汚染は、ここまで来ている近年急速に経済的な発展を遂げ、特に都市部の人口も爆発的に増加している中国。しかしその代償に、環境汚染が進んでいることもよ...
北京に行った時、大気汚染で最も深刻な状態を表す「赤色警報」が出ていた。日の光がスモッグで霞んでオレンジがかり、午前なのにまるで夕方のような光景だったのを覚...
大気汚染の問題は、とりわけ、急速な発展を見せる東南・南アジアで深刻だ。発電所や工場、建設現場やごみ焼却など様々な理由が考えられるが、中でも自動車は主要因だ...
わざわざ新潟県の離島、佐渡島へと出向き、あたり一面まっ暗になった夜のバスツアーに参加する人が増えているという。それも、到着するまで目的地不明のミステリーツ...
深刻な大気汚染が続く中国・北京でいま、ある酸素ボトルが飛ぶように売れ、予約が殺到している。と海外のメディアが一斉に取り上げ、大きく報じました。どうやら、そ...
「Via Verde」は高速道路の柱に緑を植えようというもの。ひとりの声から始まったこのプロジェクトは、メキシコ政府を動かすまでに成長しました。
家にいながら、たくさんの植物に囲まれて、心地よいハンモックの上で寛ぐ。こんな部屋にいたら、めいいっぱい深呼吸をして、爽やかな気分で1日を過ごせるんだろうな...
広々とした空間に、白いオブジェクトが浮かぶ——。長いプリーツが螺旋状に渦を巻くこのインスタレーションは、日本を代表する建築家・隈研吾がデザインした「Bre...
フランス産発酵バター<エシレ・メゾン デュ ブール>で買うべきは、マドレーヌよりも、ケーキよりも、クロワッサンよりも、マシュマロ!
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
人類が発明した便利な素材「プラスチック」。低コストながら加工性も高いので、生活のあらゆる場所で使われていますが、基本的に自然のなかでは分解されず、環境汚染...
2015年9月27日、晴天。パリの空は、いつもと比べて青かったという。それもそのはず、この日のパリ市内は車が極端に少なかったのです。パリ中心地を1日歩行者...
人が生活していくのに絶対に欠かせない「水」。でも、自分たちの周りにある水は、本当に安全だと言えるでしょうか?ライフスタイルブランド「The Lost Ex...
「Stappone」は、靴の中に入れておくだけで体全体をスキャンしてくれるインソール。そして、姿勢が悪くなったときや歩き方に問題があるときには、連動したス...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
地球以外の惑星に人類が住めるようにする、テラフォーミング。現在は火星が一番適していると考えられていますが、そんな火星には数十億年前には「大気と水」が存在し...