夏に「持っててよかった」と思える、高機能タオル。

毎年夏が近くづくと、布モノが気になります。具体的にはハンカチやタオルですね。

この〈Acteon(アクティオン)〉は、吸水速乾、抗菌という特徴を持つ高機能タオル。なかでも、使っていて驚いたのは“速乾”のスピードです。手を洗って拭く、その濡れた部分が観ているうちにどんどん乾いていくのが視認できるぐらいです。

吸水速乾をうたうタオルは多いですが、個人的には速乾部門の第一位です。これから夏にかけて、モバイルしておけばきっと“持っててよかった”と思えるはず。

ミニサイズのジムタオルとビッグサイズのビーチタオルの2サイズ展開ですが、どちらもクルクルと巻いてコンパクトに持ち運べるようになっています。僕は普段のバッグにはハンカチの代わりにジムタオルを、週末のレジャーにはストールやブランケットの代わりにビーチタオルを入れています。

残念ながら僕はやってませんが、柄のパターンがビビッドで、全体的にスポーティーな印象なので、ヨガマットにもよさそうですね。

松崎良太/きびだんご株式会社 代表
プロジェクト成功率約80%というクラウドファンディングサイト「Kibidango」の代表。国内外の最新アイテムを誰よりも先に試してみるのが楽しみ。

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

カタチとしてはとくに珍しくなくって、同じようなモノは結構ある。ただ、なぜか派手な柄が多いのだ、このフーデッドタオルってやつは。
「タオル+プロ」は、ワークアウトをサポートする多機能タオル。ジッパー付きのポケットがあるので小物はそこへ収納できます。他にも、ジムユーザーに便利な機能付きです。
34cm✕120cm。このサイズがいいんです。
ラオスの綿のタオル。外出用のタオル、テーブルランナーにしたり、ストールにして首に巻いたりとアイデア次第で日常の様々なシーンに馴染んでくれます。
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。