夏に「持っててよかった」と思える、高機能タオル。

毎年夏が近くづくと、布モノが気になります。具体的にはハンカチやタオルですね。

この〈Acteon(アクティオン)〉は、吸水速乾、抗菌という特徴を持つ高機能タオル。なかでも、使っていて驚いたのは“速乾”のスピードです。手を洗って拭く、その濡れた部分が観ているうちにどんどん乾いていくのが視認できるぐらいです。

吸水速乾をうたうタオルは多いですが、個人的には速乾部門の第一位です。これから夏にかけて、モバイルしておけばきっと“持っててよかった”と思えるはず。

ミニサイズのジムタオルとビッグサイズのビーチタオルの2サイズ展開ですが、どちらもクルクルと巻いてコンパクトに持ち運べるようになっています。僕は普段のバッグにはハンカチの代わりにジムタオルを、週末のレジャーにはストールやブランケットの代わりにビーチタオルを入れています。

残念ながら僕はやってませんが、柄のパターンがビビッドで、全体的にスポーティーな印象なので、ヨガマットにもよさそうですね。

7acd9069383cb4fc22ed5f434a81461ff7b3db1a67264fd521d87a9f904516f4fa75679a4e716a99F42172f9f6308a964eb578ff12a24aecdac67d9dF13dd3629e3754f2003a982e5f7637db6630da77Fd5d1d4fca679bdfbd03a8a90dfa4dd93c1941bb65ba089ec44c5d66d99f02e7c5da392bb6ca618a

松崎良太/きびだんご株式会社 代表
プロジェクト成功率約80%というクラウドファンディングサイト「Kibidango」の代表。国内外の最新アイテムを誰よりも先に試してみるのが楽しみ。

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

「Sandusa(サンドゥサ)」は、サーファーでもあるエンジニアのバズ・ブラウン氏が2010年に設立した、オーストラリア発のブランド。そのビーチタオルが備...
梅雨が明けると、いよいよ夏が到来。早く海に行ってワイワイはしゃぎたい!なんて思ってるアナタは水着の用意はバッチリですよね。でも今年は、それだけじゃなく「ビ...
初めてこのビジュアルを見た瞬間、思わず声が出てしまいました。「何コレ?」と。肩掛けタオル?でもなぜか絶妙に、胸がカバーされているし…。と思って調べたら、何...
隠れたベストセラー〈L.L.Bean〉のタオル。肉厚でしっかりとした生地感は、ふわふわとかふっくらとはちょっと違う魅力があります。例えるなら、高級ホテルや...
ラオスの綿のタオル。外出用のタオル、テーブルランナーにしたり、ストールにして首に巻いたりとアイデア次第で日常の様々なシーンに馴染んでくれます。
水も砂も寄せ付けない!と昨年話題になった、「Sandusa」の最強ビーチタオル。オーストラリア発のこのブランド、今年は水も砂も寄せ付けない「最強クッション...
「Otta(オッタ)」は通常のハンカチタオルをハーフサイズに。さらにセンターに折り目をつけることで、よりコンパクトに折りたためるタオル。スラックスのポケッ...
その素材はまるで、タオルになるために生まれてきたかのよう。そう言っても過言ではないほど、“両者”の特徴は、人の体を拭くのに適しているのです。このブランド「...
使用後のバスタオルは雑菌だらけ。3日も放置すれば、便座よりも雑巾よりも汚くなる。なんて事実は周知のことだけど、そう毎日交換できるものでもない。それで、抗菌...
置き物としての見た目だけでも癒され度MAX!ふわふわのアヒルをタオルで作ってみませんか?2羽向かい合わせて置いても可愛いんです。ちなみに、ハンドタオルを使...
〈THE WET TOWEL〉は、ティッシュじゃなくてタオル。それだけ厚みがあります。三層構造でやぶれにくい。一度使って、水洗いして絞ってもう1〜2回布巾...
夏休みの予定が決まった人も、まだノープランな人も、今年は一風変わったアイテムで周りのみんなを驚かせてみませんか?ただでさえ開放的な夏が、もっと楽しくなるか...
ポートランド発〈POLeR(ポーラー)〉の「BACKSIDE BOARDSHORTS」は、海やプールで存在感バッチリ。グラフィカルなデザインは、大人の遊び...
〈klokers〉の「KLOK02(クロック・ゼロツー)」です。使い方はシンプル。上部が時刻表示で、下部にある窓が世界24都市のタイムゾーンを表示していま...
暑い夏。喉が渇いて我慢できない時はカフェに駆け込むのだけれど、鞄の中がいっぱいだと、お財布を探すまでに手こずる。そこで活躍してくれるのが、かざすだけで決済...
〈亀の子束子〉の「サトオさん」は、同メーカーのなかでもっとも繊維の柔らかなボディ用。さすったり、軽くたたくイメージで、バスタイムのマッサージに!
小麦色の肌が良い!けれどシミや皺ができてしまうのは嫌。そんなワガママを叶えてくれるアイテムがオーストラリアから登場。アイデアが生まれたキッカケは、現地のビ...
高機能なバッグブランドとして大ブレイクした〈BACH(バッハ)。その実力がいかんなく発揮されているのが「Roc Shorts(ロックショーツ)」です。特徴...
キャンベルスープのカートンボックスをそのままバッグに落とし込んだ〈ROOTOTE(ルートート)〉のボックスバッグ。ストレージボックスとしてインテリアにも最...
アメリカでは、クラウドファンディングでアパレル史上最高額となる23億円の支援を集めたという〈BAUBAX(バウバックス)〉のトラベルジャケットが、満を持し...