99.9%の抗菌率に半信半疑な人のための「臭わないタオル」

使用後のバスタオルは雑菌だらけ。3日も放置すれば、便座よりも雑巾よりも汚くなる。

なんて事実は周知のことだけど、そう毎日交換できるものでもない。それで、抗菌繊維やナノテク加工したタオルが登場する訳で。でも、このセルフクリーニングしてしまうタオル、なかなか革命的だ。

「銀イオン」と「竹繊維」の
ダブル抗菌タオル

53c543aeb7a5a4c0aec306f521ae88d494eec61fDde84560fb65ca00be06c91bb2970ed67fa1dea7

俗に言うところの「99.9%」の抗菌率がどこまで日常生活のレベルで発揮されるかは、はっきり言ってしまえば定かではない。無菌室や寒天培地と暮らしの現場とでは、あまりに差がありすぎる。

それでも、宇宙下着のように消臭素材やを繊維に使用することで、細菌の繁殖を抑えて高い消臭機能を発揮するウェアやタオルが、次々に登場する昨今。

また、医療現場で衣類に付着する悪玉菌をシャットアウトする技術として、ナノテック加工が施された製品もある。だけど、これらの製品を手に入れるとなると、それなり金額は覚悟しなければいけない。

細菌の繁殖をシャットアウト
消臭力もある銀イオン

08624e122cf4ececa863f4251fcc798e2ba35750

そんななか、比較的安価な抗菌技術として広く用いられているのが、銀の持つ「銀イオン」に注目した素材。タオル製品にも多くこの銀が用いられているが、意外と知られていない落とし穴がここにある。

モノによっては、銀イオンを抗菌剤として添加することで「抗菌タオル」とうたう製品もある。場合によってはスプレーで抗菌材を吹き付けることも。これも加工法の一つではあるものの、これでは洗濯を繰り返すうちに効き目が消え去ってしまうのも無理はない。

綿の約4倍の吸収性
柔らかさも魅力の竹繊維

69b2062a42a410fd1411de3c1a3c6068e546a0a4Caffc08a1553bb1e330770c666ba4516a9ffd5d1

さて、同じように抗菌・消臭効果で近年注目されているのが、竹からつくり出される「竹繊維」。じつはこれ、人間が初めて手にした天然の抗菌繊維なんだとか。竹墨の特性をイメージすれば、すんなりと効用にも合点がいく。

通常の抗菌繊維とは異なり、抗菌剤を添加していないというのもヘルシーだし、ちょっと洗ったくらいで抗菌効果がすぐに薄れてしまうような心配も無用。

この銀と竹、二つの効果のいいとこ取りで最強の抗菌タオル「SilverBamboo」を開発したエンジニアカップルがいる。クラウドファウンディングで出資を募る彼らのタオルは、銀の持つ抗菌・消臭効果に、竹繊維の特長である吸湿・吸水性、なめらかな肌触りが最大のウリ。 

殺菌の繁殖を抑えて死滅させ、臭わず、そのうえ綿の4倍の吸収性があって、ふんわり感がキープする。このループを彼らは「セルフクリーニング」と形容している。

3e664f65adde31ebe37a395500d5fe2606693a90

クラウドファウンディングで出資を募りながらの先行予約販売では、ハンドタオル2枚で58ドル(約5,900円)、バスタオル2枚で136ドル(約14,000円)。数が増えればその分ディスカウントされるスタイル。日本までの送料無料ということならば、考えられなくもない。

どのみちタオルは消耗品。日本で販売しているものと比較してみるのも手かも。

Licensed material used with permission by JP Canada
〈Acteon(アクティオン)〉は、吸水速乾、抗菌という特徴を持つ高機能タオル。とくに速乾のスピードには驚きです。濡れた部分を観ているうちにどんどん乾いて...
その素材はまるで、タオルになるために生まれてきたかのよう。そう言っても過言ではないほど、“両者”の特徴は、人の体を拭くのに適しているのです。このブランド「...
香水でもルームスプレーでも、その時々の気分で変えてしまう。だけど、今現在、ことタオルに関しては、“このスプレーの香りがいい!”と思って毎日のように使ってい...
ラオスの綿のタオル。外出用のタオル、テーブルランナーにしたり、ストールにして首に巻いたりとアイデア次第で日常の様々なシーンに馴染んでくれます。
隠れたベストセラー〈L.L.Bean〉のタオル。肉厚でしっかりとした生地感は、ふわふわとかふっくらとはちょっと違う魅力があります。例えるなら、高級ホテルや...
枕カバーって、どれくらいの頻度で交換していますか?お風呂に入ってサッパリきれいになった顔が触れている枕には、死んだ皮膚や細菌、バクテリアが……、なんて考え...
ノロに代表されるウイルス性胃腸炎は、ここ数年でインフルエンザに匹敵する流行をみせていますが、感染症胃腸炎のなかでもとくに夏の暑い時期に気をつけなければいけ...
初めてこのビジュアルを見た瞬間、思わず声が出てしまいました。「何コレ?」と。肩掛けタオル?でもなぜか絶妙に、胸がカバーされているし…。と思って調べたら、何...
〈THE WET TOWEL〉は、ティッシュじゃなくてタオル。それだけ厚みがあります。三層構造でやぶれにくい。一度使って、水洗いして絞ってもう1〜2回布巾...
ANAをはじめとする航空会社や鉄道で採用されてる「A2Care」の除菌消臭スプレー。キッチン、リビングからバスルーム、トイレまで、どこでも使える汎用性と高...
この「L.L.Beanのタオル」、隠れファンが多いみたいです。昨年、一度記事で紹介したところ、“オレも好き”、“私も使ってる”という声が多数。
「Sandusa(サンドゥサ)」は、サーファーでもあるエンジニアのバズ・ブラウン氏が2010年に設立した、オーストラリア発のブランド。そのビーチタオルが備...
3Dプリンタを使用しての義歯製作は、今やさほど珍しい話ではない。だが、その義歯が“虫歯にならない歯”となると話は別だ。人類にとって夢のような歯の実現、その...
環境意識改革をコンセプトに掲げる〈GREEN MOTION〉の天然のコルクを使用したバスマット。乾きが早く、天然の抗菌成分のため、濡れた後は立てかけておく...
「Otta(オッタ)」は通常のハンカチタオルをハーフサイズに。さらにセンターに折り目をつけることで、よりコンパクトに折りたためるタオル。スラックスのポケッ...
置き物としての見た目だけでも癒され度MAX!ふわふわのアヒルをタオルで作ってみませんか?2羽向かい合わせて置いても可愛いんです。ちなみに、ハンドタオルを使...
梅雨が明けると、いよいよ夏が到来。早く海に行ってワイワイはしゃぎたい!なんて思ってるアナタは水着の用意はバッチリですよね。でも今年は、それだけじゃなく「ビ...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
カタチとしてはとくに珍しくなくって、同じようなモノは結構ある。ただ、なぜか派手な柄が多いのだ、このフーデッドタオルってやつは。
以前から、“フワッフワッで気持ちいい”と噂は聞いてた〈SHINTO TOWEL〉の「INNER PLE TOWEL」。どこのお店でも売り切れでなかなか購入...