チャンネル争いが解決する「魔法のスクリーン」。

いくらNetflixなどのストリーミング配信サイトが流行っているとはいえ、未だにたくさんの人がテレビを見ています。となると、家族やパートナーとの間で、きっと「チャンネル争い」が起きていることでしょう。

ここで紹介する「MirraViz」は、すでに開発されていてもおかしくない製品だけど、どうやら世界初のスクリーンなんだとか。そして、どの番組を見るかという無駄なケンカもなくなるかもしれません。

1つの画面で
3つの映画が楽しめる

「MirraViz」は、角度によって、異なる映像を映し出せる技術を搭載しています。ポイントはプロジェクターではなくて、レイヤー構造になっているスクリーン。映し出された映像を、全方向に反射させるのではなく、特定の場所にしか反射しないような加工を施しているようです。

だから、1つの画面でも、3つの映画やゲームなどを同時に楽しめるそう。つまり、チャンネル争いもなくなる!!ということ。

現時点では、主にビジネス向けで販売をしているといいます。消費者向けは、約22万円(1,999ドル)。価格を考えると一般家庭には高すぎる印象ですが、未来のテレビは薄くなるだけでなく、同時に大人数を楽しませることができるのかもしれません。

テレビ画面を2分割せずに、1つのゲームを使って、対戦できるのも推しポイントですね。

Licensed material used with permission by MirraViz
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
レトロなテレビが、ある意味「大画面」でありのままを伝えています。
2020年5月6日に販売開始予定の「Forme Life」は、AIが搭載されたスマートスクリーンだ。映し出されるのは、ボクシングやヨガのトレーナー、インタ...
まるで三面鏡のような形をした追加スクリーン「Slidenjoy」は、パソコンに取り付けるだけで、簡単にスクリーンを増やすことができるというもの。複数人で映...
食品ベンチャー企業「ウェルナス」が、世界で初めて「ナス」の睡眠改善効果を臨床試験で確認した。これは関与成分である「ナス由来コリンエステル」が、自律神経調に...
タッチ機能のないスクリーンを、文字や絵の書き込みが可能なタッチ式に簡単に変身させてしまう次世代アイテム「Go Touch」。経済的にも負担が少なく、場所を...
10月26日(土)、川崎競馬場で開催予定の「Monster Screen Theater」。コース内馬場の広大な芝生広場にごろんと寝っ転がりながら、巨大ス...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
ブルックリンのゴワナス地区にある「Gowanus Printing Lab」。ここは、“素人さんも歓迎”のシルクスクリーンプリント・スタジオだ。アンディ・...
人は1日13時間以上画面を眺めているとか。それは1年で4,866時間、62年の成人人生では衝撃の301,733時間=34年間。つまり人生の半分以上の時間を...
タッチパッドとトラックパッドが一体化された次世代のキーボード「Prestigio Click&Touch」が応援購入サービス「Makuake」で1/30(...
TVを見ながら、注文したピザを待っているとき、ここは絶対見逃せないってシーンに限ってピザのご到着。いま手が離せないんだよ!ってね。この経験に少しでも心当た...
Samsung(サムスン)が「The Frame」という名の新しい薄型テレビを発表。その名の通り、まるで額縁の中に飾られているような、アーティスティックな...
11月19日から東京・六本木の「森美術館」で近未来の人間像を考察するための展覧会「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命——人は明日どう生きるか」が開催。
透明ディスプレイを採用していて、どんな部屋にも馴染むミニマルなテレビの紹介。
「Apple」が新たに申請した特許技術は、なんと「スクリーンの自然治癒機能」。Appleは長年にわって「折りたたみ式iPhone」の開発を続けているとされ...
「ナイキ」が、ランナーが怪我をせず速くなることをサポートするランニングシューズの新作を今月、来月と続けてリリース。
1月7日、株式会社D'Yquemから「KARAAGE2.0」のβ版がリリースされた。
厚さ約1cmのスマホ「Movi Phone」には、プロジェクターが搭載されていて、最長で6時間も投影できるそうです。加えて、12〜100インチのスクリーン...
さあこれから、2分半のショートトリップに出かけましょう。旅するのは、ローマやパリ、ロンドン、リオデジャネイロ、ニューヨークなど世界の人気都市の数々。そう聞...
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
日々すくすくと成長していく子どもの姿は、動画や写真でどんどんスマホに溜まっていきます。でも、忙しかったり、実家が離れていると、子どもの近況を伝えるのも一苦...
「東海テレビ」開局60周年記念番組『さよならテレビ』が映画化され、年明けの1月2日から東京「ポレポレ東中野」「名古屋シネマテーク」ほかで順次公開。テレビの...