チャンネル争いが解決する「魔法のスクリーン」。

いくらNetflixなどのストリーミング配信サイトが流行っているとはいえ、未だにたくさんの人がテレビを見ています。となると、家族やパートナーとの間で、きっと「チャンネル争い」が起きていることでしょう。

ここで紹介する「MirraViz」は、すでに開発されていてもおかしくない製品だけど、どうやら世界初のスクリーンなんだとか。そして、どの番組を見るかという無駄なケンカもなくなるかもしれません。

1つの画面で
3つの映画が楽しめる

5941411400646656

「MirraViz」は、角度によって、異なる映像を映し出せる技術を搭載しています。ポイントはプロジェクターではなくて、レイヤー構造になっているスクリーン。映し出された映像を、全方向に反射させるのではなく、特定の場所にしか反射しないような加工を施しているようです。

だから、1つの画面でも、3つの映画やゲームなどを同時に楽しめるそう。つまり、チャンネル争いもなくなる!!ということ。

582773999088435258971437095976966026520204148736

現時点では、主にビジネス向けで販売をしているといいます。消費者向けは、約22万円(1,999ドル)。価格を考えると一般家庭には高すぎる印象ですが、未来のテレビは薄くなるだけでなく、同時に大人数を楽しませることができるのかもしれません。

テレビ画面を2分割せずに、1つのゲームを使って、対戦できるのも推しポイントですね。

Licensed material used with permission by MirraViz
まるで三面鏡のような形をした追加スクリーン「Slidenjoy」は、パソコンに取り付けるだけで、簡単にスクリーンを増やすことができるというもの。複数人で映...
タッチ機能のないスクリーンを、文字や絵の書き込みが可能なタッチ式に簡単に変身させてしまう次世代アイテム「Go Touch」。経済的にも負担が少なく、場所を...
レトロなテレビが、ある意味「大画面」でありのままを伝えています。
ブルックリンのゴワナス地区にある「Gowanus Printing Lab」。ここは、“素人さんも歓迎”のシルクスクリーンプリント・スタジオだ。アンディ・...
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」のイベント「GIRLS FESTIVAL」でセルフィー&スナップを実施! プライベートに迫るアンケートも公開!
いま、東京でもっとも勢いのあるレストランを牽引する"破廉恥"シェフ(これ、ほめ言葉です)-鳥羽 周作-小学校教諭を辞め32歳で料理の世界に飛び込み、わずか...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
Samsung(サムスン)が「The Frame」という名の新しい薄型テレビを発表。その名の通り、まるで額縁の中に飾られているような、アーティスティックな...
さあこれから、2分半のショートトリップに出かけましょう。旅するのは、ローマやパリ、ロンドン、リオデジャネイロ、ニューヨークなど世界の人気都市の数々。そう聞...
TVを見ながら、注文したピザを待っているとき、ここは絶対見逃せないってシーンに限ってピザのご到着。いま手が離せないんだよ!ってね。この経験に少しでも心当た...
10月11日に東京地下鉄株式会社(東京メトロ)が丸ノ内線の新型車両「2000系」をお披露目しました。
日々すくすくと成長していく子どもの姿は、動画や写真でどんどんスマホに溜まっていきます。でも、忙しかったり、実家が離れていると、子どもの近況を伝えるのも一苦...
透明ディスプレイを採用していて、どんな部屋にも馴染むミニマルなテレビの紹介。
厚さ約1cmのスマホ「Movi Phone」には、プロジェクターが搭載されていて、最長で6時間も投影できるそうです。加えて、12〜100インチのスクリーン...
約5,000円から支援可能です。
「undetroze(アンデトローゼ)」は、日本製のTシャツにシルクスクリーンプリントを施した一点物ブランド。この印刷方法を使って多色刷りをする場合、1色...
いつでも好きなアニメや番組をたっぷり楽しめる時代。“テレビっ子”が増えていっても仕方ないし、そうなるのも当たり前なような気がしてしまう。でも、Donna ...
「Netflix」を見たり、ゼルダシリーズの最新作を何時間もプレイしたり、夢中になっているとつい忘れがちですが、一日どれくらい画面を見て過ごしているのか。...
TABI LABOでは、月に一回「ReTHINK=考え直す、再考する」をテーマにしたイベントを開催しています。今回は「ReTHINK TV」と題しまして、...
中国企業「Vivo」は、画面の中に指紋認証センサーを搭載した「Clear ID」という、最先端テクノロジーを採用したスマホが大量生産できるステージにいると...
去る1月7日、イーロン・マスクはテスラのスーパーチャージャーについてのツイートをしました。それは、古き良きアメリカを蘇らせる、ドライブインシアターを復活さ...
アーティストであり、建築家でもあるPhilip Beesleyさんのアートは、たくさんのテクノロジー要素が盛り込まれたもの。それだけでなく、建築の未来も変...
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。