スマホの動画や写真が、離れた実家のテレビに自動で届く「まごチャンネル」

日々すくすくと成長していく子どもの姿は、動画や写真でどんどんスマホに溜まっていきます。でも、忙しかったり、実家が離れていると、子どもの近況を伝えるのも一苦労ですよね。

そんなジレンマを解消するためのサービスが、今回紹介する「まごチャンネル」です。

これは、スマホの専用カメラアプリを使って撮影するだけで、そのデータが離れて暮らす実家のテレビに送られるというもの。いつものようにスマホで子どもを撮るだけなので、どれだけ忙しい人であっても大丈夫。余計な手間は一切かかりません。

detail_1165_1440661566_Rdetail_1165_1440661340_Rdetail_1165_1440661982_R

スマホの小さな画面ではなくテレビの大画面に映し出すことで、孫が家に遊びに来ている感覚を味わうことができます。

detail_1165_1440661923_Rユーザーにとっては、 セットアップが簡単なことも嬉しいポイントの一つ。必要なのは、「まごチャン受信ボックス」をテレビにケーブルで繋ぐことのみ。通信回線が内蔵されており、自動的にインターネットに接続してくれるので、無線LANがなくても問題ありません。

detail_1165_1440661686_Rdetail_1165_1440661746_Rしかも、普段のテレビリモコンでそのまま操作が可能。新しいことに慣れ親しむことが苦手なシニア世代でも、まるで「孫専用チャンネル」が追加されたかのように、簡単に使い始められます。

detail_1165_1440663880_R

株式会社チカクが開発した「まごチャンネル」は、現在、クラウドファンディングサイト「Makuake」にて資金調達中。とはいえ、すでに目標金額の3倍以上の資金が集まっている模様です。

ちなみに、利用には端末代とサービス料が掛かりますが、今回は「Makuake」での発表を記念し、三ヶ月間サービス料が無料とのこと。この機会にぜひ、遠く離れた両親へ“親孝行”をしてみては?

Licensed material used with permission by Makuake

人生経験豊富な「おばあちゃんの料理チャンネル」が、YouTubeオフィシャルブログに掲載され話題になっています。先生はインドのアーンドラ・プラデーシュ州に...
デスメタルの曲をノンストップで配信するYouTubeチャンネル。これ、DADABOTSというアーティストによるもの……とされていますが、その正体はAI(人...
コーヒーメーカーで作った料理を紹介するYouTubeチャンネル。タコスやピザ、スイーツまで。見るとだんだん中毒になっていく……!
TABI LABOのYouTubeチャンネルで楽しめるコンテンツを紹介。登録しなきゃもったいない!
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
テクノロジー系の裏技を紹介する人気YouTubeチャンネル「Mrwhosetheboss」から、簡単ながらも、驚きのテクニックを紹介しましょう。まずは、以...
自身が経験した自由気ままな暮らしっぷりを描く,イラストレーターのYaoyao Ma Van As。快適でのびのびとした「自分の城」でくつろぐ女性たちのイラ...
「MirraViz」は、角度によって、異なる映像を映し出せる技術を搭載しているスクリーン。映し出された映像を、全方向に反射させるのではなく、特定の場所にし...
撮影機材はスマホ、加工も必要最小限。なのに、構図のセンスや工夫がキラリと光る作品ばかり。これ、本当に全部スマホで撮ったの?アルジェリア出身19歳のMoun...
Googleが開発を進めるモジュール式スマホ「Project Ara」の最新映像が公開されました。ユーザーが使いたい機能をモジュール形式で本体に付け替えて...
ワンランク上のスマホ撮影を可能にする、簡単テクニックをウェブマガジン「COOPH」よりご紹介。身の回りの道具を撮影に取り入れるだけで、ガラリと印象が変わる...
スマホを強制的に手放すよう設計されたのが、このベッドサイドランプです。デザイン性云々よりも、アイデアの勝利です。
ファーウェイの折りたたみスマホが話題になっていますが、個人的にはコッチの方を早く製品化してほしい!イギリスを拠点に置くデザイナーが考案しているブレスレット...
3月14日、オーストラリアのニンビンという村で、2人の男性が口論をした末に片方が矢を放ちました。そして、被害者にあたる男性の命を救ったのはスマホ。
厚さ約1cmのスマホ「Movi Phone」には、プロジェクターが搭載されていて、最長で6時間も投影できるそうです。加えて、12〜100インチのスクリーン...
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...
Energizer社の「P18K Pop」は、電話を90時間できて、音楽を100時間聴けて、動画を2日間見れます。
食事中のスマホはマナー違反。それを、あるユニークな方法で息子たちに伝える父。テクノロジーの進化と家族のあり方を描いた短い動画です。制作したのは20歳の現役...
ことば、火、農業、舟、数学、紙、カメラ、人工衛星、インターネット、ロケット…。人類が、自らの手で本格的な道具を作りはじめたのは、260万年前の旧石器時代に...