着せ替え感覚でスマホをカスタム。Googleが開発した「Ara」が、まあステキ!

Googleが開発を進めるモジュール式スマホ「Project Ara」の最新映像が公開されました。ユーザーが使いたい機能をモジュール形式で本体に付け替えて、自分流にカスタムできるスマホ。たらたらと説明するより、まずは動画でチェックを!

機能を組み替えて
個性を発揮するスマホ「Ara」

言わずもがなですが、従来のスマホはアプリをダウンロードすることでスマホに機能を拡充させていくもの。それに対して「Ara」は、フレームに直接自分が使いたい機能をはめ込んだり、組み替えたりすることで、自分ごのみにカスタマイズしていくというもの。つまり、ソフトではなくハード側からも機能へのアプローチが可能なスマホなんです。

気分に合わせて
自分だけのスタイルを持ち歩く

227afbc2be53e01849619f783adaf6779b9c839a

気分はグレー。いや、やっぱりホワイトかな……。なんて感覚で、たとえば洋服のコーディネートに合わせてパネルのカラーを選んだり。

Ed171a12cb70981cf66befebf96dd3a5ffd482f9228bbe1ccdb74f76591bb7eb73b684954dbbcfdb

スマホ撮影が好きな人は、被写体や用途に合わせてカメラのレンズを交換する感覚でモジュールを変えたり。

0fdce9e808aef14bd70ce783c13a1f3967efd7cd0e5379aeb3306165c45529b622eee2953a464936

もしくは、カメラや他の機能を一切廃して音楽特化型のスピーカー3連付けといった使い方まで。とにかく、スタイルや目的に合わせてモジュールを組み替えるだけで、自分ごのみにカスタマイズできるのがAraの魅力。

バリエーション豊富な
着せ替えモジュールもGOOD!

0544393f33ebc8c9e64c439291c9f2e66aa81c4e91228f729607883a2815aaedcd0e43c96b6f8c44Fc14c59f2a7c88ec27b9230f8a2d5b7fd6919327

ディスプレイ、カメラレンズ、ストロボ、スピーカー、マイクなど、いわゆるスマホが兼ね備えている機能はすべてモジュール化されています。さらには、拡張バッテリーやカメラスタンド、他にもピルケースらしきものまでが動画には登場し、今後さらにバリエーションが増えてくることは想像に難くありませんね。

フレームにカチっとはめるだけ
ディスプレイが割れても、
交換できちゃう

7b07e9f820f5c62e455e2b539c4b02ef3149c708

スマホのベースとなるのは、最大6個のモジュールが搭載可能な「Ara Frame」。ここにカチッとはめ込むだけで、スマホの着せ替えが完了。いちいちスマホを買い換えることもなく、自分だけの仕様ができ上がるという訳です。

反対側の液晶ディスプレイに、もしも落としてヒビが入ってしまったら?これまでは、修理に出していたかもしれません。けれどAraならそれさえも、カチっとはめ込むだけで即解決できるんだとか。

2017年秋ごろ発売開始予定

409ed80aa4962cb0310c5d1f6110d347dc31c363Fbe957dd236e637995b88248477813490ac2db1b

落下したりすぐに外れてしまうという欠点を、2015年より段階的に修正&バージョンアップを繰り返してきたAra。ちなみにデータの伝送速度は毎秒11.9GB。

Venture Beat」はじめ海外の報道では、来年秋ごろの発売開始を予測しているようです。待ちきれない人は、こちらで詳細をチェックしてみて。

提供元:Google

Reference:VentureBeat
Licensed material used with permission by Google
デザイナーKlemens Schillingerさんが制作したのは、スマホ中毒リハビリ用アイテム。これを使えば、スマホをいじっているときの動作ができるそうです。
プログラミングを、PC画面とにらめっこせずに学べるツールが開発されています。「Project Bloks」では、子どもたちが遊びながらにして、自然と基礎を...
「Googleに入社して働きたい!」そんな夢を持ったイギリスに住む7歳の女の子、クロエ・ブリッジウォーターちゃん。彼女はその思いを伝えるために、Googl...
あのGoogle EarthがついにVRに対応。その親和性の高さは、言わずもがな。世界の絶景を、よりリアルに楽しめるようになりました。こちらが、同サービス...
マンハッタンのロウワー・イースト・サイドに登場したポップアップレストラン。お客のほとんどがスマホを片手に料理を楽しんでいます。インスタ投稿用にパシャパシャ...
〈ROOT CO.〉のカーマウント。エアコンの吹き出し口に差し込み、スマホケースに付属のメタルプレートを入れれば準備完了。ドライブ時にベストポジションで、...
Googleとインド政府が協力して開発したアプリが、現在、実用化に向けてデリーで試験導入中。なんでもこのアプリを使いこなせば、急にもよおしたとしても、慌て...
日本時間2015年9月2日、Googleが過去最大のロゴアップデートを発表。それに伴い、当日の「Google Japan Blog」には、創業からこれまで...
スマホを強制的に手放すよう設計されたのが、このベッドサイドランプです。デザイン性云々よりも、アイデアの勝利です。
Levi'sがGoogleと共同開発を進めてきた次世代型ウェアラブルジャケットが、いよいよ2017年春リリースとなるようです。創業140余年、デニム業界の...
2017年もあと幾日。みなさんにとって今年はどのような1年だったでしょう。Googleが「2017年最も検索された言葉」を動画で振り返っています。自然災害...
「アイデアに価値はない。それを実行できてはじめて価値になる」。そう言い切るのは、Google CEOのラリー・ペイジ。起業家のジェームス・アルトゥーカー氏...
料理には欠かせない計量カップ。実はほぼ確実に誤差が出るのを知っていますか?今までみんな見て見ぬフリをしてきたんですが、そこにものを申したのがJoshua ...
自己PRや志望動機、職務経験を書かなければいけない履歴書を作るのって、時間がかかるし、労力が必要。一枚の紙に自分の人生がかかっていると言っても過言ではない...
スマホ用製品の技術向上によって、物理的に見えなかった、壁の向こう側も見えるようになったようです。なんのために使うの?と思えても、アメリカでは数々のメディア...
小型軽量化が進むドローン技術ですが、それでも尚サイズや重量、さらには価格がボトルネックにありました。これら全てを一度に解決してしまう、画期的なドローンが誕...
テクノロジーの急速な革新によって、新たな可能性を切り拓いているAR(拡張現実)。「MAD Gaze」もまた、同じ技術を利用して生まれたスマートグラスです。
さあこれから、2分半のショートトリップに出かけましょう。旅するのは、ローマやパリ、ロンドン、リオデジャネイロ、ニューヨークなど世界の人気都市の数々。そう聞...
静岡県で農家を営む小池誠さんは、Googleがオープンソースとして公開した機械学習ライブラリ「TensorFlow」 をつかって、きゅうりの仕分け機を開発...
Googleマップをベースとして、モダンアートに変身させる「Modern Map Art Prints」。そのクオリティは、美術館にあるレベルなのだとか。...