疲れがとれない原因は「スクリーンの見すぎ」かもしれない

「Netflix」を見たり、ゼルダシリーズの最新作を何時間もプレイしたり、夢中になっているとつい忘れがちですが、一日どれくらい画面を見て過ごしているのか。

あまりにも長時間画面を眺める生活は身体に良くない、という話はよく聞きますが、具体的にどのような悪影響があるのでしょうか。「AsapSCIENCE」の動画を見てみましょう…もちろん、目が疲れない程度に。

動画のタイトルにもなっている「Binge Watching(ビンジ・ウォッチング)」は、ハマりすぎ、とか、止まらない、といったニュアンス。気がついたら何時間も経っていたり、週末が終わっていたり。

10万時間のテレビ生活が
体に害を及ぼす?

ちょっとだけ振り返って、話は1967年。

テレビが一般家庭に普及した頃から、画面を長時間見ることに関して注意が促されていました。当時問題だったのは、テレビから発せられるエックス線。レントゲンでも発せられるこの電磁波は、10万時間以上スクリーンを眺めると身体に害をなす量に達する、と言われていました。

現在のテレビにはエックス線の心配はありませんが、一方で目を酷使することによる危険性が問題になっています。

通常、人は1分間に18回「まばたき」をすると言われています。しかし画面を見ることでその頻度は減り、眼精疲労につながります。

また、子どもがテレビゲームなどで長時間家の中で過ごすことにより、近視になる可能性も高まります。

外に出て太陽の光を浴びることが目の健康に効果的という研究結果もあるようですが、家の中にばかりいると、そういった機会も減ってしまいます。

恋人との夜の関係にも
悪影響!?

長時間テレビを見たりゲームをすることは、あなたのライフスタイルにも影響を及ぼします。

寝る前にテレビを見ていると、ゆっくり脳を休めることができず、睡眠の質が下がるそう。

恋人との夜の関係にも良くない影響を与えてしまう可能性があり、週に20時間以上テレビを見る人は44%精子が減少する、なんていう研究結果も…。

動画の中では「寿命にまで影響する」という話も紹介されています。

あくまでも「リスクの可能性」にまで話は飛躍していますが、テレビやスクリーンを見る時間は控えめにしておいたほうが良さそうですね。どうしても離れられないなら、テレビを見ながら運動をする、なんてのも良い方法かもしれません。

何にせよ、テレビとの上手い付き合い方を模索する必要がありそうです。

Licensed material used with permission by AsapSCIENCE
なんだかいつも疲れてる?それなりにちゃんと寝てるはずなんだけど…なんてぼやきながら1日中「疲れ」と戦っている人、自分も含めて多い気がする。なんでだろう?今...
寝ても寝ても疲れがとれない……。という人は、「Little Things」でAngel Chang氏によって紹介されているリストをチェックしてみてはいかが...
「The Neck Hammock」は、ドアノブなどに引っ掛けて、頭を専用の枕のようなものに固定して、首の疲れを軽減してくれる健康器具。使うときに必要な動...
レトロなテレビが、ある意味「大画面」でありのままを伝えています。
「土屋鞄製造所」から、初となるインテリアシリーズが登場。ナチュラルな風合いのヌメ革で仕上がった暮らしに彩りを添えるアイテムを紹介。
「MirraViz」は、角度によって、異なる映像を映し出せる技術を搭載しているスクリーン。映し出された映像を、全方向に反射させるのではなく、特定の場所にし...
本記事では、睡眠不足が招く健康リスクを専門家にインタビューをし、わかりやすくまとめています。放っておく危険性のほか、睡眠不足の原因や効果的な改善方法につい...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
本記事では眠りの専門家が選ぶオススメの睡眠アプリを紹介しています。現在、さまざまな睡眠に関するアプリがリリースされており、いざダウンロードしようにも種類が...
パソコン、スマホ、テレビなど、仕事でもプライベートでもスクリーンを見る時間はどんどん増えていますよね。そんな暮らしの中で「目の疲れがなかなかとれない」とい...
寒いときに恋しくなるのは、身体を芯から温めてくれる「ホットドリンク」!今回紹介するホットドリンクは、身体に良くて、自宅で手軽にできるものばかりです。冷えは...
疲労を回復し、カラダのメンテナンスをしてくれる“睡眠”。その効果は、自分に合った最適な睡眠時間にこだわることで、さらに高めることができるそう。これは多忙な...
この自粛期間中、オンラインでミーティングをする機会が増え疲れを感じている人もいるのでは?その疲れは単なる不慣れからくるものではなく、人間のある特徴が原因で...
「慢性疲労症候群」は、極度の疲弊感と微熱、筋力・思考力低下、睡眠障害などの症状が半年以上も続く病。未だ治療法は確立されていない。知名度の低さから理解されに...
「Philips」の「SmartSleep」は、1日の睡眠が7時間以下の人のためのデバイス。睡眠の質を高めてくれる機能があるようです。
夜更かしや時差ボケの最たる原因は、体内時計の狂い。でもこれを自分で元に戻すのは難しいものです。自力だと大変ならば、プロの技術に頼ってしまいましょう。「NA...
墓石に使われることの多い「みかげ石」の蓄熱効果を活かした保温力抜群のお皿が登場。1分レンジでチンすれば15分間も温かさを持続!
コンパクトな財布ならではの問題を解決してくれる「進化系三つ折り財布」。
本記事では推奨されている最適な睡眠時間を専門家インタビューを通して紹介しています。最適な睡眠時間を確保できない場合のリスクや自分にとってのベストな時間を探...
そろそろ夏も終わりですが、季節の変わり目には「偏頭痛」に悩まされる人が多いといいます。デスクワークも多く、スマホやタブレットと対峙する時間も長く、なにかと...
目覚めるタイミングはレム睡眠中が良いとされていますが、それはなぜなのでしょうか?本記事ではそんな疑問を解決できるよう、レム睡眠とノンレム睡眠の仕組みについ...
「今のスマホって大きくなりすぎて、ごちゃごちゃしてない?」。そんなふうに考えたのは、フランスのデザイナーPierrick Romeufさん。
YouTubeで受けられる「無料オンラインヨガ」3つを紹介。NIKE、のがちゃんねる、ブスの美ボディメイクのYouTubeアカウントから配信されている無料...
座っている時間が長く、運動不足であればあるほど、姿勢も悪くなってしまいがち。すると、背中や腰が痛くなるだけでなく、消化がうまくいかなくなったり、頭痛の原因...