気持ちイイ朝を迎えるために、前夜にできること5つ

朝からシャキッと過ごせていますか?目が覚めても頭は冴えずにダラダラ、もしくは支度でバタバタしてしまい、気づいたら出る時間。疲れもたまってなかなかエンジンがかからない……そんな人も多いはず。

Elite Daily」に掲載されたLisa Callahan氏の記事によれば、より良い日を迎えるヒントは夜の過ごし方にあるんだとか。寝る前のスマホタイムを短縮し、代わりにこの5つのポイントをおさえてみましょう。

01.
服装は夜のうちに決めておく
できれば一週間分!

Eff73de23bbffa7f22e09125ebc4589643367d6c

心理学者の多くが、用事を朝に詰め込むとロクなことがない、と指摘しています。朝はただでさえ気が立つし、仕事の質も落ちがち。そんな中先延ばしにしておいた作業のせいで不必要に煩わされたら、心の余裕もなくなってしまいます。できることは前日の夜に済ませるか、下準備をしておきましょう。

例えば服について。誰にとっても忙しい朝には、その日の用事やお天気、気分を考えてファッションショーなんてしている暇はありません。週末の夜にでも、一週間何を着るかだいたい考えて、必要ならアイロンもしてハンガーにかけておく。これで「この服失敗だった…」とか、「着ようと思ったシャツがシワシワ!」なんてこともなくなります。

02.
軽いストレッチで体をほぐす

朝から晩までデスクでパソコンとにらめっこし、指先ばかりせわしなくタイピング。足だって窮屈すぎる革靴に終始押し込められていて、仕事終わりにはもう全身が痛い!なんてこと、あなたにとっても珍しくないのでは?

明日も1日頑張るためにも、軽いストレッチをして筋肉をほぐし、柔らかくしておきましょう。夜の運動は心身両方に効き、ストレス解消にも繋がります。

03.
本を読む(※紙媒体で!)

004a02d38081e40146d4031077fd8bae0e686750

ベッドに入る時、スマホでネットサーフィンする代わりに、ちょっと本を開いてみましょう。トロント大学の研究によると、本、特にフィクションを読む人は読書の習慣がない人よりもクリエイティブで、偏見がなく誰とでも打ち解けられる傾向にあるのだそう。

いい本というものは、迫り来る締め切りや溜まりに溜まったメールボックスの存在から私たちをしばし解放してくれます。でも電子媒体で本を読むと、睡眠の質が下がって逆効果なので要注意。紙の本を読むことがポイントです。

04.
些細なコトでイイので
日記をつける

重荷に思わなくて大丈夫。大事なのは、「1日を振り返って自分なりに整理する」時間を設けること。これ、意外と大きな効果を発揮するんです。仕事のストレスを家に帰ってもずっと引きずってしまう人なんかにも効き目があります。

実は、寝る前に日記をつける人はつけない人よりもよく眠れるという研究結果があるのです。さらに日記をつけることで、ストレスも軽減され、感情のコントロールも上手くなるんだとか。つけるときのコツはその日のいいことに着目すること。特別変わったことじゃなくても、「ランチのお店が大当たりだった」とか、「電車がいつもより空いてた」とか、「上司が頑張りを認めてくれた」といった小さなことでOKですよ。

05.
「毎日」決まった時間にベッドへ

1d640541c207dd252ff2316a0c3a124dc8bd1fe2

単に「平日は規則正しい生活を」ということではありません。休日もです。平日と同じ時間に起きましょう。そして夜はさっさと目を閉じる。「冗談じゃない!」と思うかもしれないけれど、アメリカの国立睡眠財団も推奨しているれっきとした正統派テクニックです。

日曜日の朝まで目覚ましのスヌーズが鳴り響くのを聞いて、最初のうちは拷問のように感じるかもしれません。でも体のほうは後で感謝することになります。睡眠のサイクルが安定している人は、1日のうちの疲労感が少なくなるんですから。

Licensed material used with permission by Elite Daily
ちょっと大胆な発言になってしまうのだけれど、「朝のセックス」ってどうしてあんなに気持ちいいんだろう?大好きな人が目を覚ました時に、隣にいるって本当に幸せ。...
疲労を回復し、カラダのメンテナンスをしてくれる“睡眠”。その効果は、自分に合った最適な睡眠時間にこだわることで、さらに高めることができるそう。これは多忙な...
これで朝の習慣が変わるなら…。
ライターのBenjamin P. Hardyは、こんな問いかけをしています。 朝、目が覚めたときどんな気分?スーパーマンみたいになんでもできそう?それとも...
科学的に裏付けられた、より良い朝を迎えるための6つの簡単な方法を紹介。
一日のコンディションを整えるためには、睡眠の質を上げる必要があります。こうは言ってみたところで、何をどうすればその質は向上する?医師の平島徹朗さんは、著書...
「Power of Positivity」で紹介されているのは、人生の転換期を迎えているサイン。記事によると、どうやらほとんどの人は、人生の舵を切るタイミ...
早起きをすれば、時間をもっと有効活用できることくらい。寝坊しがちな、私だってわかってるんです。それでもベッドから抜け出せない…。毎晩、明日こそは早起きをと...
コーヒーとビールで健康管理できたり、メンタルの向上に役立つなんて言われても、にわかには信じがたい話ですよね。そこでこの本のご紹介。メディアカルクリニックで...
プロデュースしたのは、年間約4万人を心地よい眠りへと誘っているヘッドスパ専門店「悟空のきもち」。頭皮を刺激することで快楽ホルモンの分泌を促し、絶頂へ高まっ...
気持ちのいい一日は「朝をどう過ごすか」にかかっています。「Inc.」に寄稿する女性起業家のElle Kaplanさんが提案する、ちょっとした朝の習慣を生活...
なんだかいつも疲れてる?それなりにちゃんと寝てるはずなんだけど…なんてぼやきながら1日中「疲れ」と戦っている人、自分も含めて多い気がする。なんでだろう?今...
朝起きるのがつらいと悩んでいませんか。朝が苦手な人にとって早起きはつらいものですが、生活習慣を変えていくだけで、スムーズに起きやすくなります。すぐに生活に...
余裕を持って朝を過ごし、仕事にもプライベートにも取り組みたい。「Elite Daily」のCaroline Burkeさんのアイデアは、カンタンにできちゃ...
「慢性疲労症候群」は、極度の疲弊感と微熱、筋力・思考力低下、睡眠障害などの症状が半年以上も続く病。未だ治療法は確立されていない。知名度の低さから理解されに...
日本が「ストレス社会」と呼ばれるようになって久しいですが、若者がストレスを抱えて生活しているのは、インドも同様。現状を打破するべく立ち上がったのが飲料ブラ...
寝ても寝ても、改善されない理由がここにあるかも。
健康的で爽やかな朝を迎えたいけど、朝からジョギングに行ったりヨガを始めたりするのはちょっと面倒…。毎日そんなに特別なことをしなくても、日々の習慣をちょっと...
明日のためにと早くベッドに入っても、なかなか寝つけないという人いますよね?私もそのうちのひとり。そんな人のために、就寝前に試せる5つの呼吸法を紹介します。
睡眠不足は、様々な健康上の問題を引き起こす可能性もあるといわれている。それだけに、睡眠、ひいては、睡眠の質の重要性については、古今東西、様々な研究がなされ...