本当になりたい自分って?LA女性の「とらわれない」ライフスタイル

平野 宏枝
1981年生まれ、ビューティプロデューサー。これまでのキャリアで美容アドバイスをしてきた女性は14万人を超える。顧客の悩みに合わせた「オーダーメイドビューティーレッスン」、「美プロフィール撮影会」をライフワークとし、日本をはじめ海外在住の女性たちからも予約が殺到している。また、美容のプロを集めたエージェンシーBICHELIN代表。プロデュース商品『美爪の休日』は、シリーズ累計40万本を突破、今春にはスキンケアブランド『CERAPLE』もスタート。
公式サイト:http://hiroemake.com/

ビューティプロデューサーとして、これまで14万人もの女性にアドバイスを実践してきた平野宏枝さん。そんな彼女が、LAと日本を行き来するなかで見つけた「自分も人も大切にできる生き方」とは?今回は、なりたい自分に近づくための「とらわれないライフスタイル」を紹介したいと思います。

01.
「自分らしいオシャレ」を
楽しもう

068848001_Large

日本のファッション雑誌は情報が多くて細かいので、LAの女性たちに見せるととても驚かれます。教科書のような詳しい解説はとても便利ですが、知らず知らずのうちに「こうあるべき」というリミッターになっている可能性も…。

LAのファッション誌には、着回しコーディネートやメイク術などはありません。セレブのスナップ写真で構成されていることが多く、そこから何を参考にするのか、自分自身で選んでいきます。

「みんなと同じ」を卒業して、自分の良さを強調できるファッションを楽しみたいですね。

02.
「いつかやりたかったこと」は
今日からやる

21766469

LAに行く前から、私には「理想の生活」のイメージがありました。例えば、

・朝早く起きてコーヒー豆を挽く
・いつでもお花を切らさない
・夜はゆっくりシャワーを浴びてリラックス
・ヨガをしてから寝る

といったことです。「いつかそんな生活を送りたいな」と思っていたのに、東京にいる時はなんだかいつもバタバタで実践できず…。でも、LAに来てゆったりした時間のなかに身を置いてみたら、理想の生活を実現できました。

その時に感じたのは、「なんだ、やってみればいいだけのことなんだ」ということ。この習慣は、東京に戻っている時も続いています。

03.
好きなものに囲まれて
生活する

244160749 (1)

LA女性の家にお邪魔すると、ひとつひとつの持ち物に愛着を持って接していることがわかります。

例えば、お花を飾るための花器を大切にしていたり、先祖から引き継がれた大皿をパーティの主役にしていたり。

自分の持ち物が多ければ多いほど、身動きがとれなくなります。逆に、自分が生活するスペースに「余白」を残しておけば、身も心も軽くなり、自分らしさを確立できるはずです。

04.
人が決めた「ブランド」に
縛られない

「世間的に認められているから」という理由でブランド品を持つのではなく、LAの女性は誰もが、自分にとって心地よい「マイブランド」を大切にしています。

もちろん、ブランドものを否定する気はありません。それがとても好きで自分が気持ちいいのなら、それは立派な「マイブランド」です。

「人が評価するブランド」に頼るのではなく、自分が心地よいと思うものを大切にしましょう。

05.
スケジュール帳を
埋めない

00011101920_Large

たとえバリバリ働いていたとしても、自分の時間を大切にするのがLAの女性の特徴。「残業ばかりで家に帰れない」なんて人はどこにもいません。

私がLAを行き来するようになって一番変わったのも、この「時間の使い方」かもしれません。以前は、30分おきにアポがギッシリ…。そんな自分がかっこいいと思ってましたが、逆に一人ひとりとの時間を大切にできていない証拠だと気づきました。

そして不思議なことに、スケジュールに余白を残すと、思ってもいない出会いやご縁をいただけるようになり、仕事もプライベートも上昇気流に乗りました。ぜひみなさんもスケジュール張を見直してみませんか?

81l2A9WbeaL

気持ちいい毎日を生きるLAスタイル
コンテンツ提供元:平野 宏枝

ビューティプロデューサーとして、これまで14万人もの女性にアドバイスを実践してきた平野宏枝さん。そんな彼女が、LAと日本を行き来するなかで見つけた「自分も...
アメリカ第二の都市・ロサンゼルス。LAの公共交通機関は、都市に暮らす人々の毎日を支えている。そんな「LAメトロ」のCEOが、電車とバスの運賃無償化を検討し...
ビューティプロデューサーとして、これまで14万人もの女性にアドバイスを実践してきた平野宏枝さん。そんな彼女が、LAと日本を行き来するなかで見つけた「自分も...
スペイン北部の都市オビエドの近郊にある教会「La Iglesia Skate」の紹介です。
「ぎふコーラ」というクラフトコーラが、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で話題になっている。
パリ11区にオープンしたホテル「Oh la la!(ウーララ)」。「HOTEL」と書かれたファサードの店内は、カウンター席とボックス席からなるBARが.....
薄い焼き菓子にチーズやクリームを挟んで食べるイタリアの伝統お菓子「チャルダ」専門店La Cialda〒152-0035 東京都目黒区 自由が丘1丁目25-...
多様なライフスタイルに対応する冷蔵庫「BESPOKE Refrigerator」と「Cube Refrigerator series」を「Samsung」...
「Sous La Vie」は、ホームレスになってしまった人にも美味しくご飯を食べて欲しいという思いから考案された製品です。
手元を明るく可愛くしてくれる、LA発テックアクセサリーブランド「CASETiFY」のiPhoneケース・カバーコレクション。イニシャルや名前も入れられる!
今月11日の「カミングアウトデー」にクッキーブランド「オレオ」が1本のショートフィルムを公開した。
デンマークで一般的なライフスタイルや考え方を表した言葉「ヒュッゲ」。この記事では、ヒュッゲについて解説し、ヒュッゲを生活に取り入れていくヒントをご紹介していく。
わたしたちが暮らす現代社会は、いま大転換期を迎えています。そんな新しい価値観の時代の、新しいライフスタイルとはどのようなものか。日米のベンチャー企業への投...
30種類のキノコの秘伝スープが決め手六本木にあるキノコだけのしゃぶしゃぶ専門店Shangri-La's secret〒106-0032 東京都港区 六本木...
数年前に話題となった“LAセレブに愛される朝食”を生んだ店「eggslut(エッグスラット)」が、9月13日、新宿サザンテラスにオープン。看板メニューをは...
台湾から初上陸、漢方を扱うライフスタイルブランド「DAYLILY」。「COREDO室町テラス」内の「誠品生活日本橋」にオープン。
せわしない現代社会では、不安やストレスを抱えながら生活している人も少なくないだろう。そんな不安やストレスを軽減するためには、かわいい動物の写真や動画を見る...
デザインスタジオ「hej」が「Corona Food Masks(コロナフードマスク)」を考案した。マスクの着用は感染対策に有効である一方で、見た目や装用...
生きるために、仕事をしてお金を稼ぐーー。たしかに、とても大切なことです。でも、好きなことをライフスタイルの中心に据えながら自由に生きることができれば、こん...
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
数年前、時代の多様化のなかで“働き方”が話題になった。そして今、その流れはもっと広い“ライフスタイル”という領域にまで及ぼうとしている。そのなかで話題にの...
メルローズアベニューのポールスミスの壁に「Go Fuck Ur Selfie」という落書きがされてしまいました。
「Truck Surf Hotel」という移動式ホテルの利用者は、ポルトガルもしくはモロッコの海を転々として、その場でサーフィンができる。
10月26日、LA発のセレクトショップ「I’M OK(アイムオーケー)」が代官山・八幡通沿いにオープン。世界中の200以上のブランドから集められたアイテム...