2015年のうちに、手放しておくべき「8つのコト」

新年は心を入れ替える大チャンス。この機会に、自分のダメな習慣を見つめ直してみませんか?

今回、そのヒントをくれるのはライターBianca Sparacino氏。今年のうちに手放しておくべきことを、8項目挙げてくれました。ぜひとも、新たな自分で2016年を迎えましょう。

01.
安定した“快適な”生活

entrepreneur enjoys staying on the beach

人生における真の美、豊かさや経験といったことは、自分の慣れ親しんでいない場所で見つけられるもの。恐怖に直面し、日々の快適な生活を手放したときに、ようやく自分が憧れている生活を手に入れられるようになるのです。

あなたが変化や成長を求めているのなら、何か新しいことに挑戦し、未知なるものを受け入れるべき時なのかもしれません。

02.
周囲からの意見の
受け入れ

この世に、正しい生き方などありません。誰もが異なる目標や幸福の尺度を持っていて、考え方も人それぞれ。

ある人はあなたを見て、判断し、考え方を変えようとするでしょう。ただし、それを受け入れることは、あなたが他の誰かの人生を生きることを意味します。しっかりとあなた自身の人生を歩むのです。

03.
周囲への意見の
押し付け

Business people analyzing charts

完璧な人生などあり得ません。FacebookやInstagramの投稿を見てください。一見幸せそうで、欠点のない人生を歩んでいるように感じる人もいるかもしれません。

しかし、あなたは彼らが実際にどのような生活を送っているかを把握していないはず。日常を完璧な絵画のように加工し、それらを羨み、比較することは誰にだってできることです。そうした人たちに正しい意見を述べることができるでしょうか。

04.
変化に対する
“受け身”の姿勢

自身が望むことが起きるまで、何もせずに待っていることは簡単。しかし、何かに期待し、なりたい自分になるのを待つことはやめましょう。

今こそ、自分から行動すべき時。私たちには可能性があります。目標に向かって懸命に努力すれば、どんな夢だって実現できるはずです。

05.
対人関係における
不必要な“クールさ”

Business life

人と関わり合う中では、私たちは感情的になることを避け、変わった人だと思われないように努めます。でも、ただ沈黙しているだけでは、孤独を感じてしまいませんか?

助けを求めたり、自分が夢中になっていることを誰かに伝えるときには、感情的になっても大丈夫。この要素は、人間関係を築くうえで非常に重要です。

06.
過去への執着と
内向性

愛は人間を形成すると同時に、壊すこともできる唯一のもの。だからこそ、次のステップに進むのが困難になることもあるでしょう。

過去を思い出すと、楽しい思い出や素敵な瞬間など輝かしいことばかりが頭に浮かぶ…そのまま過去に憧れ、動けなくなってしまうことも。しかし、美しく思える過去にも、嫌なことや傷ついた経験があるはずです。

あなたにやる気やインスピレーションを与えてくれる人々は世界中にいます。あなたは彼らと関わることで、さらに魅力的な人になれるでしょう。彼らに心を開くのです。

07.
理不尽なものへの我慢

000071008907_Large

とてもシンプルなことですが、人生は耐えるものではなく、楽しむものです。

あなたには、変化を起こす力があります。自身にネガティブな影響を与える人からは離れましょう。満たされていない関係を続けたり、我慢する必要などどこにもないのです。

08.
遅すぎるという考え方

人生を変えることに遅すぎることはありません。なりたい自分になることに手遅れという言葉などないのです。

私たちは過去にとらわれがち。でも、過去と同じ自分でいる必要はありません。以前とは違うものを求め、異なる視点でものごとを捉えてください。

変化への第一歩を踏み出すためには、「年を取りすぎている」「疲れすぎている」といった考えは排除すべき。私たちは新鮮な気持ちで毎日を始めることができるのですから。

Licensed material used with permission by Bianca SparacinoTwitter / Instagram
The book she wrote came out a few days ago. The title of the book is "Seeds Planted in Concrete". Readers can preorder it at www.seedsplantedinconcrete.com

「Higher Perspective」で、2015年を予想した星座占いが予想以上に的確だと話題を呼んでいます。記事の中では、各星座ごとに年内にしておくべ...
モノや情報に溢れる現代社会。何かを手に入れることよりも、手放すことの方が難しかったりします。あなたの家は、ついつい買ってしまったモノで溢れていませんか?じ...
人生は車の運転に似ている、と私はよく思う。どこに向かうか、という意思がなければ車の運転は始まらない。また、何のためにそこに向かうのか、によっても運転は変わ...
「地元・浜松の人にも知ってもらいたい」。オーナーの山﨑浩さんがそう語るのは、浜松の春野町を中心に獲れる鹿や猪のお肉を使った「ジビエ料理」のこと。わざわざ足...
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
あなたにとって2015年はどんな年でしたか? 仕事、恋愛、家族、社会的な活動や立場において、大なり小なり変化があったと思います。来年をさらに実りのある年に...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
いらないものにすがるのは、幸せへの遠回り。ときには手放すことが大事だと語るのは、「I Heart Intelligence」のRobyn Reischさん...
海外で生活マーケティングを学んだという沖幸子さんは、自身の著書『部屋も心も軽くなる「小さく暮らす」知恵』(青春出版社)のなかで、お金との向き合い方を変える...
名言は、人類の歴史の中で活躍した偉人たちの考えを今に伝えてくれます。時を超えて、成功者たちの思想を学ぶことができるのです。そんな古今東西の名言に遠越段さん...
医学博士は言います、太る原因がビールにあるわけではないと。さらには、病気知らずの体づくりにビールが役立つとまで。
ラブラブな夫婦生活をおくるライターAnjali Sareen Nowakowskiからのアドバイス。読めばやっぱり、単なる“おのろけ”。ところが、まんざら...
4月からの新生活にも慣れ、あんまり忙しいので、家のワンちゃんを眺めて「お前はいいな、毎日気楽で。」なんてつぶやきたくなる毎日。いっそその犬の生活、真似して...
あなたは、「学生」から「社会人」へとスタートを切った日のことを覚えていますか?そのあとの1年が充実していた人も、多忙で当時の記憶がほとんどない人も、それは...
「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...
わたしたちが暮らす現代社会は、今大転換期を迎えています。新しい価値観を持った、ライフスタイルとはどのようなものか。日米のベンチャー企業への投資事業を行い、...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア1年の6ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月をヨーロッパ、残りをアジアなどへ...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
10代や30代とはもちろん違う20代。けれど20代前半は、後半ともまたどこか違うと思うんです。だからこそ、25歳になるまでにやっておきたいことが書かれた記...
「Thought Catalog」のライターJames S. Fell氏は結婚26年目。その大ベテランの彼曰く、離婚率が高くなった現代社会において、25年...
ただがむしゃらに働いた社会人1、2年目を経て、“いろいろなコト”が見えてくる3年目は、多くの人がこの先の生き方を見直そうとする時期でもあります。転職するの...
25歳までに蓄えた経験という名の財産は、この先の人生を大きく左右することでしょう。もちろん、いくつになっても人は成長し続けるし、変化していける。早いうちに...
実家を離れて、一人暮らしも順調。家賃もなんとか払えているし、部屋もそこそこ綺麗。でも、その生活スタイルを深く掘ってみると、案外まだ「子ども」な部分が見え隠...
スペインの首都、マドリッドに暮らして約5年。日々の暮らしの中で、スペイン人から学ぶことは本当にたくさんあります。それは、彼らが「人生を謳歌するエキスパート...