2016年を迎える前に、サヨナラすべき16の「人・モノ・習慣」

ライターRania Naim氏が「Thought Catalog」にまとめている内容は、年末のこの時期にピッタリ。というのも、新年を迎えるにあたってサヨナラを告げるべき“悪しき習慣”が挙げられているのです。

自分ではわかっていても、悪いクセってなかなか直らないもの。まずは自分に該当する項目をチェックし、意識することから始めてみては?

01.
“どうせ◯◯だろう…”
という思考

756076

「これは無理…」「こんな人間にはなれない…」といった思考には別れを告げましょう。そうした囁きに意味はありません。今すぐそれに気づくべきです。

02.
行動を振り返り、
反省するクセ

私たちは自分の行動をすぐに振り返りがち。でも、すべてを反省する必要はありません。反省もいいですが、自分の可能性や達成したことに、もっと自信を持ちましょう。

03.
過去のネガティブな記憶

同様に、過去のネガティブな記憶にサヨナラを。それらを忘れて、自分は常に“生きる方法”を学んでいることを覚えておいてください。

04.
実現しそうにない約束

33412964

守れない約束はしないようにしましょう。何事にもタイミングがあります。良いことをするには、時間がかかることを理解する必要があります。

05.
まず“否定”から入ること

何事も否定的に考えてしまうーー。これもなんとか別れを告げたいクセ。やめることができれば、幸せな生活を始めるきっかけになるでしょう。

06.
悲しくて涙した過去

傷つき、泣いた時間を清算しましょう。直面するかもしれない困難に対応するために、自分の過去を受け入れるのです。

07.
一緒にいるべきでない
“有害な”人間

ja022117717_Large

一緒に居たくない人とは、もういないようにしてください。彼らは何らかの理由で、あなたの人生にとって意味のない存在になっています。本当に自分の大切な人とだけ付き合うように。

08.
いい思い出も…

たとえいい思い出であっても、何度も思い返すのはやめましょう。「そういえば◯◯はどうなったんだろう…」などど考えることがありますが、それはあなたがそこで立ち止まっている証。今こそ、新たなことに目を向けるべきタイミングです。

09.
便利なテクノロジー

スマートフォンやPC、SNSなど中毒のように取りつかれているものを手放してみてください。自然の中で多くの時間を過ごすように。何事も、やりすぎては自分を息苦しくさせるものだと自覚しましょう。

10.
過ぎ去ったことへの後悔

Pensive/dreaming woman on the beach

「あの時、ああしておけば…」と過ぎ去った過去への後悔はご法度。そう悔やんだところで何も変わらないでしょう?

11.
誰かに言われた悪口

他人に言われた悪口を忘れれば、あなたは自分をもっと愛することができます。自分を良く見せるために、他人を軽視する人はたくさんいるものですから。

12.
常識がなかった
“未熟”な自分

未熟な自分にも別れを告げるべきです。ただ単に、あなたにまだ常識がなかったのだと心に刻み、前へと進みましょう。恥ずかしかった経験として覚えておき、前進の糧にするのです。

13.
過去に愛した人

Couple holding hands at sunset

もうあなたの元へは戻ってこない人を思い出し、寂しさを感じるのは無駄。そのうちあなたは、その人のことを思い出さなくなるでしょう。そして、その人よりもあなたのことを考えてくれる人の存在に気づくはずです。

14.
逃してしまった
魅力的なチャンス

行けなかった旅行や場所、参加できなかった結婚式など、自分が逃してしまった機会もサヨナラの対象。すべてが計画通りに進むことなどあり得ません。参加できなかったことに罪悪感を感じる必要はないのです。

15.
気に入らない
自分の見た目

鏡に写る自分の“見た目の欠点”を考えても仕方ありません。大切なのは、自分自身の見方を変え、自分を好きになることです。

16.
“来年も何も変わらない”
という考え方

Pensive woman in bed

「どうせ来年も今年と変わらない…」 そんな風に考えるのはやめましょう。その思考を変えれば、きっと素晴らしいチャンスや夢に出会えるはずです。

Licensed material used with permission by Rania Naim (Facebook / Twitter)
Originally published by Thought Catalog at www.thoughtcatalog.com
Rania Naim is an Egyptian aspiring writer; currently writing for Thought Catalog & MOGUL.
Or an aspiring writer; currently writing for Thought Catalog & MOGUL. Made in Egypt!

関連する記事

いつも物事を一歩前に進めてくれるポジティブな人って、一体どんな共通点があるんでしょうか?その考え方を参考にすれば、前向きな行動ができるかも!1.座右の銘は...
新年は心を入れ替える大チャンス。この機会に、自分のダメな習慣を見つめ直してみませんか?今回、そのヒントをくれるのはライターBianca Sparacino...
2015年も残りあとわずか。そろそろ意識が新年に向き始めている人も多いのではないでしょうか。そこで「Higher Perspective」に掲載されている...
「私はポジティブな習慣の力を強く信じています」。そう語るのは、「Inc.com」の人気ライター、Nicolas Coleさん。大切なのは、夢の実現に向かっ...
3月24日、ニュージーランド議会は、流産や死産で子どもを失った人に3日間の忌引有給休暇を取得できるようにする法案を提示し、全会一致で可決となった。この法案...
「今の生活に満足できない」「いつも気持ちがもやもやしている」という方、モノにあふれた生活を送っていませんか?ミニマリズム(モノを極力持たない暮らし方)を紹...
ここで紹介するのは「Inc.com」に掲載されている「2016年を素晴らしい一年にするための、たった1つの言葉」という記事。どうやら、あるキーワードに焦点...
ぼくの部屋はモノで溢れていた。床を埋め尽くす本、フィルムを通したこともないカメラのコレクション、クローゼットに収まらない服。でも、ある時ぼくはモノが少ない...
人生100年時代にぜひ覚えておいて欲しい考え方「ウェルネス」についてご紹介。この記事では、ウェルネスの正しい意味やその指標を説明していく。
オルビス株式会社が「ORBISアプリ」内で新たにスタートしたサービス「AI未来肌シミュレーション」は、現在の肌状態と生活習慣の状況、顔画像解析結果をもとに...
この記事では、『恐ろしいほど人の本音がわかる!大人の心理テスト』から友達や恋人と盛り上がれる面白い心理テストを3つ厳選してご紹介します。簡単にできる心理テ...
「自分の人生を愛している人」が大切にする10の考え方をご紹介。ほんの些細なことで人生が変わるかもしれません。
最低限のものしか持たない「ミニマリスト」という生き方が話題になっています。これまでは物欲まみれで、モノに囲まれて生活してきたけれど、近頃どうも満足しない…...
新年になったからといって、いきなり真新しい自分になれるわけではありません。でも、何か目標を持つことで、自然と能動的な気持ちなれるはず。そして、毎日の少しづ...
ビューティプロデューサーとして、これまで14万人もの女性にアドバイスを実践してきた平野宏枝さん。そんな彼女が、LAと日本を行き来するなかで見つけた「自分も...
、多くが新社会人になる2022年卒大学生たちの考える「選択的夫婦別姓」についての調査結果が今月上旬に株式会社「マイナビ」から発表された。
幸せな一年を過ごしたいのなら、まず脳をポジティブに切り替えていくことが大切。そこで「Elite Daily」のAlani Vargasさんがかき集めたのは...
いま、欧米人が注目する「Ikigai(生きがい)」。彼らはそこに何を見出そうとしているのか?
スペインの首都、マドリッドに暮らして約5年。日々の暮らしの中で、スペイン人から学ぶことは本当にたくさんあります。それは、彼らが「人生を謳歌するエキスパート...

おすすめ記事

米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
先日の「母の日」から一週間が経過しました。もしかして、感謝の気持ちはすでに薄まっていませんか?ここでは、母親が子どものために我慢し続けてきてくれたことのい...
北イタリア、ベネト州に暮らすブルーノ・フェリーニさん。彼は発明家であり、自ら「エコパーク」と名付けた、森の中の遊び場をたったひとりで創りあげた人物です。森...
「Elite Daily」ライター、Eitan Levine氏による働く母親を持つ娘は、成功しやすいという記事が公開され話題になっています。記事内で取り上...
これは、アメリカのパンクロックスター、イギー・ポップが彼のファンである21歳のローレンスへ送ったファンレターの返事。イギーは普段から義理に厚く、人情深いキ...