あの有名女優も実践!?自分らしく輝くための「5つの方法」

テレビに映るトップ女優は、どうしてあんなに輝いて見えるんだろう。才能?容姿?もちろんそれもあるでしょう。でも、女優のように輝くことは誰にだってできるのです。

今回は、自著『あなたのままで女優のように魅力的になる方法』から、トップ女優が実践している、自分らしく輝くための5つの方法をご紹介します。

01.
ほめられた時は
「謙遜」ではなく「感謝」する

shutterstock_298358837

日本人には美徳とされている「謙遜」ですが、やりすぎると逆効果です。多くのトップ女優は、ほめられたら「ありがとう」と受け入れます。一方で、普通の人はなかなか、ほめられても素直に受け入れることはできません。

ほめられたらちょっと恥ずかしくても勇気をもって、自分の魅力を受け入れてみましょう。謙虚になった挙句、「あれはひょっとして皮肉?お世辞?」などと考え出してしまうと、自分にも、ほめてくれた相手にもいいことがありません。

はじめは恥ずかしいかもしれませんが、「ほめられること」に慣れていくと、新しい、自分ならではの魅力に気づくことができます。

02.
言われて嬉しかったことを
ノートにつける

ほめられることに慣れてきたら、今度はその言葉をストックしていきましょう。言われて嬉しかったことを、頭の中やノートなどに貯めていくのがオススメです。 普段自分が意識していないだけで、実は案外、人は日々ほめられているもの。でも多くの場合、ネガティブなことを言われた記憶の方が強く残り、ほめられたことを忘れてしまっているのです。
ネガティブなことを気にしていると、暗く沈んだ気持ちになり、それが外側にも現れてきてしまいます。そんなときには、すぐに「あんなことをほめられたなあ」と思い出しましょう。ネガティブな気持ちに対抗でき、自分らしさを取り戻せます。

03.
「誰にも嫌われないように」ではなく
「誰かに一番好かれるように」生きる

shutterstock_279487793

多くのトップ女優は「誰にも嫌われないように」ではなく、少人数でもいいから、「強く好かれよう」としています。
「これをやったら嫌われるかも、ファンが離れてしまうかも…」そんなことを考えて萎縮してしまうと、結局何でもそれなりにできる平均的な人となってしまい、その人ならではの輝きが伝わらないからです。だから女優は、自分を一番好きになってくれる人をもっと惹きつけることに、エネルギーを使っています。

これは、女優ではない普通の人でも言えること。もちろん立っているステージの規模は違いますが、自分らしく活き活きと輝くためには、「誰にも嫌われない」ではなく「一番好かれる」意識がとても大切です。

04.
鏡の中の自分を褒める

shutterstock_98053532 (1)

自分らしく輝くためには自分を好きになることが大切です。そのために、私が女優の卵たちに必ずやっているトレーニングがあります。それは「鏡の中の自分をほめること」。
そんなこと恥ずかしくできない、と思うかもしれません。でも騙されたと思って、鏡を用意して、毎日、鏡の中の自分をほめてあげましょう。

いちばんおすすめなのは最初は鏡に向かって「今日もかわいいね」と言うことです。しかし、それはハードルが高いという人は、「今日もがんばってるね」など、自分の言いやすいことから始めてみましょう。鏡の中の自分をしっかり見つめながら言うのがポイントです。
そうすることで、女優の卵たちはどんどん美しくなってあか抜けていきます。これは絶大な効果を持つトレーニングなのです。

05.
自分を偽って
無理に相手の好みに
合わせようとしない

スターになれる女優は、どんな役が来たとしても、無理に役に合わせようとはしません。それよりも、とにかく自分の魅力をアピールします。
このことは、普段の生活においてもいえること。自分を偽って無理に相手に合わせても、息苦しい上、あなたの魅力を活かすことができません。
大切なのは、「誰かの求めている魅力」に合わせるのではなく、自分自身の本当にいいところを魅せて、それをいいと思ってくれている人たちと付き合うこと。それが、いきいきと輝く秘訣です。

こんな風にトップ女優が実践している考え方を日常に生かすことで、「自分らしい魅力」を多くの人に知ってもらいながら、いきいきと輝くことができます。
今日できることから、ぜひ試してみてはいかが?

あなたのままで女優のように魅力的になる方法
コンテンツ提供元:サンマーク出版

滝沢充子

魅力開発トレーナー・Jメソード考案者 200人以上の女優の「魅力開発」を行い、国民的女優を多く輩出している「魅力開発トレーナー」。独自に開発した魅力開発技術はJメソードとよばれ、一般人を含む受講者は2000人を超え、結婚相談所のカップリング率を4倍にするなどの実績をもつ。

「ほめ日記」を知っていますか?読んで字のごとく、日記を書くときに自分を「褒める」というものです。これをすることで、現代人が抱えやすいストレスが解消され、今...
もしあなたがネガティブだとしても諦めないでください。悲観的な考えをしてしまうからと言って、前向きになれないわけではないのです。ここに今すぐ試せる6つのこと...
ビューティプロデューサーとして、これまで14万人もの女性にアドバイスを実践してきた平野宏枝さん。そんな彼女が、LAと日本を行き来するなかで見つけた「自分も...
いつも物事を一歩前に進めてくれるポジティブな人って、一体どんな共通点があるんでしょうか?その考え方を参考にすれば、前向きな行動ができるかも!1.座右の銘は...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
「どうせならば、悩みがなくて、ノーストレスで生きていきたい」と、誰もが思うはず。でも人生は山あり谷あり。不条理なことで悩まされることもあります。高田晋一さ...
マイナス思考は、人生をつまらなくします。ネガティブなことに振り回されずに生きていけたら、人生は今より楽しくなるに違いありません。でも、どうすれば自信が持て...
美人で仕事もできる。 そんな人に出会った時、両方を実現するなんて「私とは違う特別な人」と、勝手に線引きしていませんか?でも、彼女たちが輝いて見えるのは、自...
どんなに辛いことがあっても「やはり前向きに生きることが大切」なのだと実感させてくれる記事を紹介。ここにある17のことを、ひとつづつ取り入れていくと、人生へ...
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」で音とお酒と踊りを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
オスカー女優であり、プロデューサーであり、母親でもあるリース・ウィザースプーン。夢や野心、情熱を持って頑張る女性を応援するエッセイが9月4日、「Glamo...
いろんな人の意見に左右されてしまい、自分の意見を持てない人。なかなか自立ができていないといった、どちらかというとネガティブなイメージが先立ちそうですが、実...
いつもより、時間にゆとりのある日曜日の朝。じつは普段気づき難いことを考えるのに、とてもいいタイミングなんだとか。のんびりと過ごして疲れを癒すのもいいですが...
リトアニア出身の男性Jacob Laukaitisさんは、タイを旅行中に飲酒運転の車に跳ねられる大きな事故に巻き込まれてしまいました。生還した彼は、痛々し...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
仕事でもプライベートでも、あらゆる場面で魅力的な人になるために。
ビューティプロデューサーとして、これまで14万人もの女性にアドバイスを実践してきた平野宏枝さん。そんな彼女が、LAと日本を行き来するなかで見つけた「自分も...
毎日のように暗いニュースに触れる日々。ポジティブでいようとしても、「またこんなニュースか」「将来どうなるんだろう」とマイナス思考になってしまうのも無理はあ...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
今回は手塚千砂子さんの著書『「ほめ日記」効果・自分を味方にする法則』から、具体的にどんなものなのか、どういった効果が期待できるのかをまとめてみました。「ほ...
たとえ職場を変えても、新たな街に移り住んだとしても、ネガティブな人というのは必ずいて、あなたに付いてまわります。周りを変えることはできないからこそ、ポジテ...
一度きりの人生。夢を叶えられるかどうかは、あなた次第です。そして、その夢に向かって努力する過程で必要なのが、何よりポジティブな心構えだと教えてくれるのは、...
物を減らしてゆとりを持つことを数年間実践しているライターが書いた記事。ミニマリズムを実践することで、実際どのような効果があるか、本人の経験から具体的に掘り...