イライラした時に、3秒でキモチを落ち着かせる「3つの方法」

落ち込んだ時にカリカリしがちになったり、イヤなモヤモヤを抱え込んだりしたことは誰にでもありますよね。そんな時は、「Spirit Science and Metaphysics」で紹介されている3つの方法を試してみましょう。

カンタンすぎて当たり前にも思えるかもしれませんが、すぐに気持ちを一転させられるかもしれません。

01.
「呼吸」に意識を集中

_000081472261_Large

深く息を吸い込み、体全体にいきわたらせてから吐き出します。このとき、呼吸に意識を集中させることが大切。 考えることが多すぎる生活の中で、一つのことに集中することで気持ちをリラックスさせることができます。

あらゆる決断を一旦ストップして、ただ呼吸を繰り返します。毎回、心の平穏や幸福、落ち着きを生み出していくイメージを持ちましょう。仲直り前の気まずい時期や、悪いサイクルに陥っているときには、冷静さを取り戻すために役立ちます。

02.
考えすぎずに「面白がる」

_225460687

人生は幻のように儚いもの。笑って過ごしましょう。真剣にとらえるより、その状況から面白さを見つけ出すんです。過去に経験した楽しい出来事でも良し。目的は逃げることではなく、前向きになることにあります。

何度も同じ思考パターンを繰り返すと、意識の中で怒りが成長していくことがあります。だから、面白い要素を見つけて、その負の考えを吹き飛ばすのです。悪循環から抜け出すことができれば、いつもとは違った視点から物事を見ることができるはず。

03.
自分を「客観視」しよう

Young beautiful businesswoman working at home

考えていることを批判したり、解釈したりするのはやめましょう。その声によって、かえって惨めになってしまうことがあるから。それよりも、そこにいる自分をまるであなたが操作しているゲームのキャラクターかのように考えてみましょう。

自分の名前を呼び、「〇〇はこう思っている」と表現してみることもひとつの方法として知られています。感覚的なことではありますが、まさに視点を変えることで気分をも変えることができるかも。一度試してみては?

Licensed material used with permission by Spirit Science and Metaphysics

人生をより豊かに生きていくうえでの知恵を提供してくれる「The School of Life」。同動画メディアが今回解説するのは、誰かに対してイライラした...
相手から何か気に障ることを言われてイラッとした時、つい態度に出てしまっている人は要注意。出したところで、結局雰囲気は良くなるわけじゃない。であれば、落ち着...
今日もイライラ、していませんか?ときには怒りがピークに達して、相手を怒鳴りつけてしまうこともあるかもしれません。一方で、いつも冷静で穏やかな性格の人もいま...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
ポイントは、「イライラしたとき」の対処法。
なぜか最近彼女にイライラしてしまう。一緒にいても楽しめない…という時期はどのカップルにもあることだと思いますが、原因が一体何なのか探ることでよりよい関係が...
もともとせっかちな性格で、なんだか自分は損をしていると感じることはありませんか。もし、自分でも変わりたいと思っているのであれば、できることから順番に試して...
「感情」は誰もが持っているもの。でもその感情に振り回されてしまうと、人生を台無しにしてしまうことだってあります。特に何かを判断したり、意思決定をしたりする...
ストレスで毎日イライラ。心穏やかにする、手軽な方法があればいいのに…。なんて思ったことありませんか?「I Heart Intelligence」のライター...
メルセデス・ベンツがモーターショーに向けて用意したこのトラック。痛車のようなデコトラのようなアーティスティックなトラックが、アメリカ人アーティストAlek...
愛し合う恋人同士でも、長い間一緒にいると一緒にいて退屈に感じる時と居心地が良く感じる時とあります。似ているようで全く違う二つの感情の違いと5項目でリストし...
ストレスを感じたとき、ちょっと落ち着きたいとき、考えをまとめたいときに触ってリラックスするためのタマゴ型アイテム。
人は総じてより楽しい感情を持ちたいと考えているけれど、実際の感情が「希望していた感情」であるほど、人生の満足度が高い。それが怒りであるか、喜びであるかは関...
嫌なことがあると、イライラして人に当たってしまう。情緒不安定になることは、誰にでもあります。でも工夫次第で、それは克服できると、ライフコーチのAmelia...
誰もがストレスを抱え、制約に縛られている日本で、ゆるく生きようと思っても難しいものです。周囲のピリピリとした空気が伝染して、自分が望んでいない方向へと流さ...
つい、イライラして周りの人を巻き込んでしまったり、自分だけが嫌な目にあわされていると思い込んだり…。ダメだと思いながらも、自分の感情に振り回されてしまう人...
立派な門構えから一歩足を踏み入れると、緑あふれる自然に歓迎された。その向こうには大きな日本家屋の屋根が見える。千葉の房総、長南町(ちょうなんまち)で現代に...
「感情なんて、あっても邪魔なだけ。必要ないよ!」と思う人もいるかもしれませんが、ネガティブな感情も、全ての「感情」は生きるために大事な役割を果たしています...
J.T. O’Donnell氏がまとめているのは、女性社員がイライラしてしまう男性の特徴。とはいえコレ、きっと男性社員から見ても同意見なはずです。記事の最...
交際して3年も経てば、パートナーと本音で会話ができる反面、衝突や飽きがくるリスクも。そのため、カップルにとっては関係が続くためのひとつの「壁」と言われてい...
いまのあなたの生活のなかに「漢方」を取り入れることで、もっと健康的な暮らしができるかもしれません。そもそも日本の漢方の考え方は、中国の「中医学」が日本独特...
海外で生活マーケティングを学んだという沖幸子さんは、自身の著書『部屋も心も軽くなる「小さく暮らす」知恵』(青春出版社)のなかで、お金との向き合い方を変える...
3Bとは、彼氏にすると女性が幸せになれないよ、という職業のこと。実際にこの3Bの男性と付き合った人は、ことごとく幸せになっていません。でもどこか憎めない、...