人間をやめたくなったら…。

「もう、何もかも疲れちゃった」。誰にだって現実逃避をしたくなることがある。道でのんびり日向ぼっこするネコを見て、お前はいいよな〜って思ったり、風に揺られる草木を見て、何も感じず自然と一体化したい、と思っちゃったり。とにかくイヤなことから逃げたくなることも。

人によって逃避したいモノは様々。だけど、そんな時こそバカバカしいことに真剣になって、もしも自分が人間をやめたら…なんて思いを巡らせたら、この先歩む道が見えるのかもしれない。 Ben Zankの写真から思いもよらぬ可能性や発見を見出したような気がした。

その気になれば、
ナニにだってなれる!

ボールの代わりにゴールへ。意外なことに、そこから見えた青空はキレイだった。

支えることの大変さを知った。

ああ、自然の温もりに癒される。

無意味なことかと思われるかもしれない。でも、誰かの目に止まるかもしれない。

どんなに厳しい状態でも、必死になれば滑り落ちない。

引きこもるにも、根気が必要。

奥へ奥へと逃げるうちに、逃げ続けることの限界が見えた。

自分の歩んだ道のりが、誰かの道しるべになることも

いつでも自然は、私たちを優しく迎えてくれる。

Licensed material used with permission by Ben Zank, (Instagram)
まるで人間のように豊かな表情をする野生動物が見れると、毎年注目が集まる「Comedy Wildlife Photography Awards」。2019年...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
「どうすれば周りに頼らずに生きていける?」という質問に、神経科学者のNicole Gravagnaさんは「周りに頼らなければいい」と返答。彼の「周りとうま...
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
「株式会社行雲」が運営する美観堂から「美観堂謹製 岡山パクチーしょうゆ」が新発売。
アメリカの人気webサイト「Spirit Science and Metaphysics」の創設者であるSteven Bancarz氏は、人生には避けるべ...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。
なぜ人間は泳ぐのか?ーー。そんな疑問から導かれた映像作品が発表されました。コンセプトは「WATER BABY」。国際的なスイムウエアメーカーでもあるSPE...
シリーズ人気作の“実写版リメイク”を“8年間”かけて制作したファンが現れて大きな話題となっている。『Toy Story 3 IRL(現実世界のトイストーリ...
アーティストのLois Greenfieldは、人のもつ美しさを追求するために実験的なダンス写真を撮影しています。彼女は、踊ることにより人間は魅力を発揮で...
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
アンデルセンやグリム童話のワンシーンを思い出すような写真。見ていると、何かが始まりそうなドキドキした気持ちになります。ただ単純にキレイとか美しいだけじゃな...
1986年4月26日に起きたチェルノブイリ原発事故。放射線の影響は薄まってきているとはいえ、今でも周辺地区への立ち入りは禁止されています。
11月19日から東京・六本木の「森美術館」で近未来の人間像を考察するための展覧会「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命——人は明日どう生きるか」が開催。
2月15日から「Makuake」で先行販売中のモバイルバッテリー「BRICKSPOWER」の新シリーズは、無線給電、LEDライト、スピーカーなどに変化する...
古くなった同社の靴を回収して、高い技術力で修復されたのち、コレクションとして店頭で売られるという。またデザイナーによって新たにデザインされた特別な一足も発...
ガイドブックをどれだけ読んでも見つけられないのは、有名な観光地などで実際に生活をしている人々。10年間、旅を続けたフォトグラファーが魅せられたのは、ありが...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
疑問と困惑が入り混じる作品の中には、アーティストRune Guneriussenさんの芸術に込められている、心の“灯火”がある。人間の文化と地球の資源は共...
Flóra Borsiさんは、アイデンティティ、人間関係、感情や夢にテーマを絞った作品を手がけるハンガリーのフォトグラファー。姿形が全く違う動物と人間なの...
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。