人間をやめたくなったら…。

「もう、何もかも疲れちゃった」。誰にだって現実逃避をしたくなることがある。道でのんびり日向ぼっこするネコを見て、お前はいいよな〜って思ったり、風に揺られる草木を見て、何も感じず自然と一体化したい、と思っちゃったり。とにかくイヤなことから逃げたくなることも。

人によって逃避したいモノは様々。だけど、そんな時こそバカバカしいことに真剣になって、もしも自分が人間をやめたら…なんて思いを巡らせたら、この先歩む道が見えるのかもしれない。 Ben Zankの写真から思いもよらぬ可能性や発見を見出したような気がした。

その気になれば、
ナニにだってなれる!

Fe209bb4d1dc7abce69f7331c02a52d09c490029

ボールの代わりにゴールへ。意外なことに、そこから見えた青空はキレイだった。

5247036b379c54d7f84b60c8cc8672c8224d9083

支えることの大変さを知った。

2f551a833609992e4a3ddfb669a8d88c33af8b1a

ああ、自然の温もりに癒される。

5638f4895bbe84bcb0b7f7250de12f22dc82f45a

無意味なことかと思われるかもしれない。でも、誰かの目に止まるかもしれない。

B8d3981e43ddd9f090de265d5da61288e2a2a44c

どんなに厳しい状態でも、必死になれば滑り落ちない。

C9acb1699590291d9ab40eca93a5a3e8d7837109

引きこもるにも、根気が必要。

4c80f3dde3d52a8520ae271fb0e807996d44ec72

奥へ奥へと逃げるうちに、逃げ続けることの限界が見えた。

714b84ac041d32954f5ac4d1bb14dca0a22ba8f9

自分の歩んだ道のりが、誰かの道しるべになることも

1a6c5b52e27afafbb4e1f31a96c4e0a14b97ca4b

いつでも自然は、私たちを優しく迎えてくれる。

Licensed material used with permission by Ben Zank, (Instagram)
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
アメリカの人気webサイト「Spirit Science and Metaphysics」の創設者であるSteven Bancarz氏は、人生には避けるべ...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
焼きたてハンバーグをカットして上から押すと、断面から肉汁がジュワ〜。あれ、自宅でも再現可能です。
疲れや悩みを取り払って、リラックスしたい日もありますよね。そういう時は、温泉にザブーンと入ってみるのも良い方法のひとつだと思うんです。ここでは疲れも悩みも...
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
アンデルセンやグリム童話のワンシーンを思い出すような写真。見ていると、何かが始まりそうなドキドキした気持ちになります。ただ単純にキレイとか美しいだけじゃな...
ガイドブックをどれだけ読んでも見つけられないのは、有名な観光地などで実際に生活をしている人々。10年間、旅を続けたフォトグラファーが魅せられたのは、ありが...
「どうすれば周りに頼らずに生きていける?」という質問に、神経科学者のNicole Gravagnaさんは「周りに頼らなければいい」と返答。彼の「周りとうま...
プーケットにある「Baba Nest」。ラグジュアリーホテルの最上階にあるこのカフェからは、パノラマの絶景を堪能できます。しかも、視界を遮る障害物はなく3...
アーティストのLois Greenfieldは、人のもつ美しさを追求するために実験的なダンス写真を撮影しています。彼女は、踊ることにより人間は魅力を発揮で...
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。
Flóra Borsiさんは、アイデンティティ、人間関係、感情や夢にテーマを絞った作品を手がけるハンガリーのフォトグラファー。姿形が全く違う動物と人間なの...
疑問と困惑が入り混じる作品の中には、アーティストRune Guneriussenさんの芸術に込められている、心の“灯火”がある。人間の文化と地球の資源は共...
見た瞬間にヤラれてしまった。驚いている表情、眠たそうな表情、おどけている表情、すねてる表情、穏やかな表情、嬉しそうな表情、すましている表情、おねだりしてる...
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
オランダはそれだけじゃないだろう! って思うけど、やっぱり飲みたくなる
Nancy Borowickさんの両親は同時にガンを患った。すでに離れた臓器にも転移が進行しているステージ4の状態。写真家であった彼女は二人が亡くなるまで...
動物愛護や環境保護を考えるのは大切だし、みんなが真剣にそれを考える世の中になればステキ。それは間違いないことなんだけど、人間からすると助けているつもりでも...
いつも不安やストレスを抱えている人は、自分勝手になることが1つの対処法になるかもしれません。なぜ?という理由を解明してくれるのが、「The School ...
人間関係は、日常生活を送る上でも欠かすことができないものですが、何かのきっかけで人を信じることができない、人間不信に陥ることがあります。人間不信のまま楽し...
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
Luca Tomboliniさんは大判カメラを使用して、世界各国、人類誕生の原風景を撮影するミラノ出身のフォトグラファーです。生命の息吹も人々の活動も消え...