「悲しい過去」をもつ猫たちの生きる世界

動物保護施設で暮らしていたり、“野良”として生きていたり。Sabrina Boemが撮影した猫のほとんどは、はじめから飼い主を持たずに生まれてきた猫や人間に捨てられた悲しい過去をもつものばかりです。

自分の家のない“彼らの日常”を追い続けたSabrinaは、あることに気づきました。

飼い猫とは全く違う、「強烈な眼差し」を野良猫たちはしている

野良猫たちの「目」に写る世界は…。

孤独に過ごすもの、人に懐くもの。野良と言っても様々いるけれど、道で出会った猫たちの強い瞳が頭から離れないSabrina。「この体験は、写真家としても一人の人間としても貴重なものとなった」と言っています。

彼女の写真を見ているうちに、野良猫たちの瞳にはどのように世界が写っているのか。気になってしまいました。彼らの姿をじっくり見てみましょう。

Licensed material used with permission by Sabrina Boem(Instagram), (Facebook)

関連する記事

猫の世界は偏見にまみれている!猫を飼い、かつては猫の本を命がけで編集してきた筆者が、2月22日の猫の日に際して伝えたい「猫とその飼い主に関する真実」。甘え...
レインボーカラーがオシャレな猫のジグソーパズル。実はこれ、パズルピースまで猫型でできているとか……!
SNSで15万いいねの反響を得た、クリエイター docco(@doccoina )氏の人気アート「猫吸い 」を描いたTシャツが5月15日より販売スタート。...
猫の日だけど、「トレーニング」も、「猫」も諦めきれない人へ。猫も登場して、癒されながら運動ができる最高の動画をご紹介します。「ひなちゃんねる」「HIIT ...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
見つけるとラッキーな気持ちになる「猫のひげ」。コレクションしている人も多いこの猫のひげを「雑貨」にしてしまったのが、「フェリシモ猫部」の発売した「猫のひげ...
研究報告によると、猫は人間の「ゆっくりとしたまばたき」を肯定的に捉えている可能性があるようだ。飼い主以外の人間が猫にまばたきした際に「避ける、動かない、近...
今年もこの日がやって来た。ニャンニャンニャンの語呂合わせから、日本では2月22日を「猫の日」と呼んでいる。いつ誰が制定した?世界猫の日との違いは?などの意...
「Apollo Peak」のCat Wine(キャットワイン)は、アルコールフリーの猫用ワイン!一人でお酒を嗜むのもいいけれど、愛猫と一緒ならもっと充実し...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
自分で焼いてつくる、BBQ専用おせんべい「Baker」
猫エイズウイルスキャリアの愛称「りんご猫」が、普通の猫と同じように暮らせることを知ってもらうきっかけにと、町イベント「ねこまつりat中野」が初開催。5店舗...
インコが好きな人のための即席麺「インコラーメン」で知られる愛知の「キリマルラーメン」が、来たる2月22日の「猫の日」に、猫好き用ラーメン「トムニャムラーメ...
自宅で飼っているワンちゃんを気にかけ、猫好きであるのにも関わらず一緒に暮らすことができない男性。ただ、ど〜しても諦められなかった彼は、人様の家の猫とのツー...
猫マニアの間でチェック必須なのが、沖 昌之さんのInstagramアカウント(okirakuoki)。下町に暮らす猫を独自の視点で撮影し、ほぼ毎日アップし...
みにゃさまに愛されるような商品名を、などたくさんのこだわりを詰め込んだ「にゃりんとう カリカリ気分のかりんとう」は、「インコラーメン」でおなじみの愛知「小...
Twitterで話題の「ねこ浴場」は、日光浴、森林浴と同じように、猫を浴びて健康になる、そんなコンセプトの保護猫カフェ。そのねこ浴場内に、今度は猫に眺めら...
ニューヨークの夫婦の要望に応え、デザイナーがリノベーションした物件。シャイで好奇心旺盛な愛猫のために、専用通路や仕掛け扉を設けたうえ、たくさんの本を収納で...
大切な家族の一員である犬や猫を、食と住でサポート!
世の中は猫派と犬派に分かれます。もうびっくりするほどきれいに分かれます。日本でのペット飼育数、初めて猫が犬を上回ったというニュースが流れたのは昨年末。今や...
最近、キャットラバーの間で話題となっているInstagram(okirakuoki )があります。それは、猫写真家の沖昌之が、野良猫の貴重な瞬間をとらえた...
「ネコリパブリック」が、かつて発売と同時に完売した話題のマスクの新デザインバージョンを再販。売り上げは保護猫カフェの運営に役立てられる。
「大根おろしニャン」は、本体に中敷きをセットし、大根おろしを詰めて押し具で汁を切り、取り出すだけで「全長約6cmの猫」がちょこんとお座りしている姿が作れて...
「222(ニャンニャンニャン)」の猫の日である2月22日から、世界初となる往診専門のサブスクリプション型どうぶつ病院「トレッタねこ病院」のサービスが開始される。
「ミャウエバー」は、まるで猫みたいなクッション型疑似ペット。
猫がイイ気分になるだけじゃなかった!「マタタビ」の意外な有効性を岩手大学などのチームが発見し、アメリカの科学雑誌「Science Advances」にて公...
現在、米国では多くの裁判がリモートでおこなわれているという。そんななか、「テキサス州第394地方裁判所」がアプリ「Zoom」を用いて開いた裁判で珍事件が発...
猫は見た目だけでなく、その性格も魅力的♡ ここで紹介するのは、米オンラインショップ「Lingvistov」が、ギフトカード用に作成した猫を飼うべき理由が書...
ヴェイパーウェイヴがわかりにくいのはなんでだろう? 音楽ジャンルの名前として見るか、一連のムーブメントの名前として見るかで、捉え方が大きく変わるということ...
知名度が低い、規格外のサイズである、体に傷がついているなどの理由で利用されることなく廃棄されてしまっている「未利用魚」。「NEKOKAN」は、これらを“価...