迷える人間たちへ。「猫×ブッダ」の考え方で、幸せにならニャい?

どこで生まれたかとんと見当はつかないが、我輩は「猫ブッダ」。人間を見ていると、いつも人生について思い悩み、幸せって一体何?ってことを真剣に考えています。

ここで、仏教の始祖ブッダの教えをベースに、ボクなりにみなさんが幸せになる秘訣を考えていくニャ。

01.
小さいけど確かな幸せを
大切にして暮らす

111484946

お隣の台湾で流行語になった「小確幸(しょうかっこう)」ということばを知っていますか?作家の村上春樹が、『うずまき猫のみつけかた』(新潮社)というエッセィ集で使ったことばです。日常の小さな喜びを表現したもので、たとえば、「我慢して激しく運動した後に、きりきりに冷えたビールを飲む」ようなとき、人は「小確幸」を実感し、それが人生のうるおいになるというのです。

ぼくだったら、お天気のいい午前中に、飼い主さんにベランダでブラッシングしてもらうことかな。あれ気持ちいいもんニャー。

02.
生きとし生けるものが
幸せになるよう願う

智慧ある人たちが批判するようなことは、どんな小さなこともしないように。すべての生きとし生けるものが幸せでありますように、安楽でありますように。ーブッダ

ブッダはまさに、見たこともないものも、これから生まれるものも、なんの分け隔てもなく幸福に包まれることを望んでいました。

世界全体が幸福になったら…すばらしいニャ。たしかにこの世界のどこかに苦痛と不幸があふれているうちは、個人がどれだけ安楽に暮らせても、それは本当の幸福とは言えないニャイ。周囲がみな不幸で、あなた一人が幸せになっても何も嬉しくありませんよね。個々の幸せがなければ世界の幸福はなく、世界全体の幸福がなければ、個々の真の幸福もない…。あなたも祈ってくださいね、すべてのいのちに幸せを!

03.
4つのいいことが増える!?
挨拶と敬意を忘れない

常に挨拶を守り、年長者を敬う人には、四つのことが増大する、寿命と美しさ、楽しみと力である。ーブッダ

挨拶をして、年長者を敬うだけで、いいことが増えるというブッダのことばです。それは、寿命が伸びる、容貌が美しくなる、楽しみが増える、力がみなぎる…といいことずくめ。つまり、礼儀を守り年長者に敬意を払うという”善の生き方”をすれば、人はどんどん幸せになれるとブッダは言ってるんだと思います。

よりよい人間関係は生きる喜びを与えてくれ、人生が楽しくなれば心身は活性化し、寿命が伸びるかもしれません。表情もいきいき輝き、あなたをより美しくみせるかも。日々の楽しさが増えれば、生きる力もあふれてきます。

そして気がつけば毎日が充実しているーーー。それこそ幸福というものなのです。

04.
苦しみに耐える覚悟がないなら
愛する人をつくらない

愛する人に会うのは喜びのはず。それなのに「会うな」とブッダは言っています。なにを理不尽なことを言ってるのかと思いますが、愛する人との別れは耐えがたい苦しみだ、だから愛する人を作るな、とブッダの教えはびっくり直球です。

仏教では執着こそ苦の原因であり、「愛すること」は「執着すること」とほぼ同じ意味らしいのです。執着して「思うようにならない」から苦が生じるので、愛の対象を手放せば、ずっと心おだやかに楽に生きられるとブッダは教えているんですね。

人を愛するなら、そうした苦しみも引き受ける覚悟を持つべきだということ。幸福というのは、「楽」ばかりでできているわけではニャイのです。

05.
よき友人がいる喜びを噛みしめる

何か問題が生じたとき、力になってくれる友人がいることは幸せですね。家族を持たないまま年を取る人が増えてるんですから、何かあればすぐ駆けつけてくれる親友と呼べる存在は、ますます大切になってくるでしょう。

友のありがたさは、問題が起きたときにだけ感じるわけではありません。嬉しいことやおめでたいことがあったとき、わがことのように一緒に喜び、祝ってくれる親友がいれば嬉しさも倍増します。まずは、ご無沙汰気味の友がいたら、食事にでも誘ってみませんか?

06.
「愛」や「ラブ」でごまかさない

愛欲というのは厄介です。性的欲望だけでなく、愛するものに心がとらわれて離れない「愛執」も含んでいるので、“濃ゆーい”欲望と執着のダブル構造の煩悩なのです。

ところが愛欲は「愛」とか「ラブ」とか聞こえのいいことばで上面をごまかしやすいので、人はそれを清浄なものと錯覚しやすい。これが問題を起こすんですね。心の飢えや渇きを点検し、不浄な欲は洗い流してしまうこと。それが自分も他人も苦しめないコツです。

猫ブッダは悩まニャイ
コンテンツ提供元:ワニブックス

宮下真/Makoto Miyashita

文筆家・編集者。仏教関係や東洋思想(日本・中国の古典)を主な分野として執筆。著書に『ブッダがせんせい』『おしえてブッダせんせい こころのふしぎ』『空海 黄金の言葉』『親鸞 救いの言葉』『老子 上善の言葉』(いずれも永岡書店)など。猫好きで、『猫語の教科書』(監修・野澤延行、池田書店)ほか猫の本の編集・執筆も多数。

宮下真/Makoto Miyashita文筆家・編集者。仏教関係や東洋思想(日本・中国の古典)を主な分野として執筆。著書に『ブッダがせんせい』『おしえてブ...
ぼくは「猫ブッダ」。ある日、飼い主さんが読んでいた仏教の始祖ブッダの本を読んでみました。すると、その言葉は実にシンプルで、猫にでも理解できたのです。ここで...
ブッダは悟りを開く前に、数年にわたり生死の境を行き来するような苦行を続け、その後、苦行のみでは悟りを得ることができないということを理解したそう。苦行の一つ...
ペットにもオーガニック!化学農薬、化学肥料、遺伝子組み換え、化学種子消毒なし、ヨーロッパで有機認証を取得した安心安全なタネから作るねこ草を紹介。
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「ワクワクするバスグッズ」を3つ紹介。バスボム手作りキット...
猫の世界は偏見にまみれている!猫を飼い、かつては猫の本を命がけで編集してきた筆者が、2月22日の猫の日に際して伝えたい「猫とその飼い主に関する真実」。甘え...
今年もこの日がやって来た。ニャンニャンニャンの語呂合わせから、日本では2月22日を「猫の日」と呼んでいる。いつ誰が制定した?世界猫の日との違いは?などの意...
SNSの「いいね」合戦や、職場の微妙な人間関係、最近なんだか疲れていませんか?そんなときは、長い歴史の中で数え切れないほどの人々の心を救ってきたブッダの教...
ことば、愛、友情、そして幸せ。いずれも人生における大切なキーワードですが、忙しい毎日のなかでは、つい見失いがちです。そんなときブッダの教えは、本当に大切な...
みにゃさまに愛されるような商品名を、などたくさんのこだわりを詰め込んだ「にゃりんとう カリカリ気分のかりんとう」は、「インコラーメン」でおなじみの愛知「小...
アメリカのロックバンドのOK Goの新曲と、そのMVが公開された。エッセンシャルワーカーを讃えた『All Together Now』は、作詞からレコーディ...
猫エイズウイルスキャリアの愛称「りんご猫」が、普通の猫と同じように暮らせることを知ってもらうきっかけにと、町イベント「ねこまつりat中野」が初開催。5店舗...
SNSで15万いいねの反響を得た、クリエイター docco(@doccoina )氏の人気アート「猫吸い 」を描いたTシャツが5月15日より販売スタート。...
現代社会は混迷し、閉塞感が漂い、この先の明るい出口さえ見通せない状況にあります。そうした世相を反映してか、書店の本棚には、仏教に関する本が目立つように感じ...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
ニューヨークの夫婦の要望に応え、デザイナーがリノベーションした物件。シャイで好奇心旺盛な愛猫のために、専用通路や仕掛け扉を設けたうえ、たくさんの本を収納で...
「メルカリ」が、モノにまつわるストーリーを通じてモノの価値を伝えるべく「モノ×物語」をテーマにした短編小説を公式Twitterにて公開。
ピコ太郎がYouTubeで新曲を公開!今回届けるのは運動不足が解消できて、子供たちに人気が出そうな曲『Hoppin' Flappin'!』。
「Apollo Peak」のCat Wine(キャットワイン)は、アルコールフリーの猫用ワイン!一人でお酒を嗜むのもいいけれど、愛猫と一緒ならもっと充実し...
仏教の開祖として知られている、ブッダ。彼の残した言葉は、時代を超えて多くの人の共感を呼んでいます。ブッダの残した言葉は、どれだけ時を経てもなお、多くの人の...
Twitterで話題の「ねこ浴場」は、日光浴、森林浴と同じように、猫を浴びて健康になる、そんなコンセプトの保護猫カフェ。そのねこ浴場内に、今度は猫に眺めら...
「自分の道は自分で切り開く」シンプルでありながら合理的な概念。ブッダの言葉が、現代人にも広く受け入れられる理由は、まさにそこ。「Higher Perspe...
人生は、なかなか自分の思い通りにはいかないもの。生きることは、楽じゃないのが当たり前で、うまくいかずに苦難ばかり多いことが普通なのです。でも、「楽じゃない...
世の中は猫派と犬派に分かれます。もうびっくりするほどきれいに分かれます。日本でのペット飼育数、初めて猫が犬を上回ったというニュースが流れたのは昨年末。今や...