ブッダが語る「真実の愛」に必要な4つの要素

時を超え、シンプルかつ大切なコトを私たちに教え続けてくれるブッダ。「Higher Perspective」に掲載された「真実の愛」に関する記事も、一見すると小難しい話題のように思えますが、内容はいたって分かりやすい。この機会に、いま一度そのメッセージを噛み締めてみて。

01.
見返りを期待せず、
与え続ける

見返りを期待することなく他者に何かを与えることは、真実の愛の意味を理解するための良い訓練になるでしょう。ここでは「無私無欲」が絶対条件。完全に理解するにはある程度の時間が必要ですが、一歩ずつ確実に近づいていけるはずです。

02.
まず、あなたが
笑顔であること

喜びとはこの世でもっとも伝染性の高い感情のひとつ。あなたが喜んでいれば、同じくらい他者を喜ばせることができるのです。日々の習慣として、楽しく過ごすことを心がけてください。これは、真実の愛の意味を理解するためのスタートとなります。

否定的な考えに負けることなく、相手も笑顔になれるよう常に笑顔で過ごしてください。ただそれだけで、周りの人がどれくらい幸せになるか……、きっと驚くはずです。

03.
夢中になるものを見つけ、
誇りを持つ

あなたが大好きなコトを大切にし、誇りを示しましょう。これも真実の愛を理解するための一歩になります。

もちろん、すべての人が何か熱烈できるものを持っているとは限りません。むしろ、自分が何を好きなのかがはっきりしていない場合がほとんどでしょう。

だからこそ、ゆっくりとスタートし、あなたが幸せだと感じられる瞬間を考えてみてください。きっと、情熱を注げられる対象を見つけられるはず。

04.
他者はもちろん、
あなた自身にも優しく

最後に、決して忘れてはならないのが、親切な行いです。真実の愛の意味を理解するためには、他者にだけではなく「あなた自身」に対しても親切にならなければなりません。周囲に対して親切になる方法を学べば、人生におけるすさまじい変化を感じることでしょう。

愛と優しさを広めることは、誰もができる最高の努力。世界では、これまで以上にその行動が求められているのです。

Licensed material used with permission by Higher Perspective
ブッダは悟りを開く前に、数年にわたり生死の境を行き来するような苦行を続け、その後、苦行のみでは悟りを得ることができないということを理解したそう。苦行の一つ...
宮下真/Makoto Miyashita文筆家・編集者。仏教関係や東洋思想(日本・中国の古典)を主な分野として執筆。著書に『ブッダがせんせい』『おしえてブ...
どこで生まれたかとんと見当はつかないが、我輩は「猫ブッダ」。人間を見ていると、いつも人生について思い悩み、幸せって一体何?ってことを真剣に考えています。こ...
ぼくは「猫ブッダ」。ある日、飼い主さんが読んでいた仏教の始祖ブッダの本を読んでみました。すると、その言葉は実にシンプルで、猫にでも理解できたのです。ここで...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。