悟りを開く前、ブッダが口にしたリカバリーフード

仏教の祖であるブッダにはさまざまな言い伝えがありますが、なかでも珍しい「食べもの」に関する、こんなエピソードを紹介します。

ブッダは悟りを開く前、数年にわたり生死の境を行き来するような苦行を続け、その後、「苦行のみでは悟りを得ることができない」という境地に達したんだそう。で、その苦行のひとつである断食を終えたブッダが最初に口にしたのが「乳粥」だと言われています。

今にもインドに生きる「乳粥」の味

©gg-foto/Shutterstock.com

ブッダが口にした、その乳粥とはどんなものだったのか。これ、現在のインド料理「キール」の原形とも言われています。

牛乳に米やドライフルーツ、アーモンドなどの豆類を入れて、じっくり煮込んだもの。米がドロドロに溶けたところで、香りづけにカルダモンを投入。客人のもてなしに供される、甘〜いお粥なんだそうです。

この乳粥をを食べ終え、長期間の断食で弱った内臓をやさしくうるおした(であろう)ブッダは、その後、悟りを開くことになります。

Top image: © iStock.com/LordRunar
Text used with permission byFOOD CREATIVE FACTORY
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
どこで生まれたかとんと見当はつかないが、我輩は「猫ブッダ」。人間を見ていると、いつも人生について思い悩み、幸せって一体何?ってことを真剣に考えています。こ...
現代社会は混迷し、閉塞感が漂い、この先の明るい出口さえ見通せない状況にあります。そうした世相を反映してか、書店の本棚には、仏教に関する本が目立つように感じ...
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
人生は、なかなか自分の思い通りにはいかないもの。生きることは、楽じゃないのが当たり前で、うまくいかずに苦難ばかり多いことが普通なのです。でも、「楽じゃない...
ぼくは「猫ブッダ」。ある日、飼い主さんが読んでいた仏教の始祖ブッダの本を読んでみました。すると、その言葉は実にシンプルで、猫にでも理解できたのです。ここで...
宮下真/Makoto Miyashita文筆家・編集者。仏教関係や東洋思想(日本・中国の古典)を主な分野として執筆。著書に『ブッダがせんせい』『おしえてブ...
「自分の道は自分で切り開く」シンプルでありながら合理的な概念。ブッダの言葉が、現代人にも広く受け入れられる理由は、まさにそこ。「Higher Perspe...
仏教の開祖として知られている、ブッダ。彼の残した言葉は、時代を超えて多くの人の共感を呼んでいます。ブッダの残した言葉は、どれだけ時を経てもなお、多くの人の...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
ラオスのビエンチャンにある『ブッダ・パーク』。「Vietnamitas EN MADRID」によると、1958年に修道士Luang Pu Bunleua ...
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
ことば、愛、友情、そして幸せ。いずれも人生における大切なキーワードですが、忙しい毎日のなかでは、つい見失いがちです。そんなときブッダの教えは、本当に大切な...
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
人生経験豊富な「おばあちゃんの料理チャンネル」が、YouTubeオフィシャルブログに掲載され話題になっています。先生はインドのアーンドラ・プラデーシュ州に...
ルフトハンザドイツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
SNSの「いいね」合戦や、職場の微妙な人間関係、最近なんだか疲れていませんか?そんなときは、長い歴史の中で数え切れないほどの人々の心を救ってきたブッダの教...
アフリカ料理を並べたInstagramのアカウント「@kitchensofafrica」。彩りが豊かで、スクロールをしつづけていても飽きない!楽しみながら...