おいしい料理を前にして「この世の終わりだ!」は、最上のほめ言葉

ブオ〜ノ!

ほっぺたに人差し指をさしてネジネジ。よく、イタリア料理を食べながらこんなジェスチャーでおいしさを表現する人がいます。

イタリア語で「すばらしい」や「おいしい」を意味するBuono。シチュエーションも使い方も、なにも間違ってはいないだろうからみんなこう言うんでしょうけど、イタリアを長く旅して友人もできたりすると、彼らの「おいしい」の表現方法はじつに多様であることに気付かされます。

Buonissimo!
(ブオニッシモ!=めちゃウマい!)

たとえば「Buonissimo」は、ブオノのさらに強調バージョン。すっごいおいしい、最高!なんてときに、ブオニッシモ!のほうがより感激も伝わりやすいかも。

同じような意味合いで、

Ottimo!
(オッティモ!=最っ高!)

なんて言い方もあったり、

あるいは少し変化球で、こんな表現も。

Squisito!
(スクイズィート!=しあわせ〜!ほっぺた落ちそ〜)

こんな具合に、人によってあるいは感激の度合いによって、「おいしい」を伝える表現もそれぞれ。

ほめ上手なイタリア人なんてよく言われますが、こういう伝え方の妙というかワードを僕らもいくつか持っておけたらなって思うわけです。だって旅行中でも、レストランでも、あるいは友人を招いてのパーティーの場でも、ちょっと気の利いたフレーズでおいしさを表現できるって、いいじゃないですか。

で、僕がいちばんイケてるなぁと、真っ先に覚えちゃったのがこの言い回し。

Fine Del Mondo!
(フィーネ デル モンド!=もう、死んでもいい!)

フィーネ デル モンド、直訳すれば「この世の終わり」といったところ。つまりは「もう死んだっていい」、転じて「後悔なんてひとつもない」みたいな。

たかが料理で大げさ、と言ってしまうのはカンタン。でもどうです?ここまで、おいしさを感嘆するフレーズが、果たして日本にあるかなって。

でもってトスカーナ生まれの友人がこのフレーズ使うときは、決まって両の手のひらを上向きに軽くすぼめて振るんですよ(人差し指ネジネジではなく)。まるでサッカーの試合でファウルをもらった選手が、レフェリーに「なんでだ!」と詰め寄るときのような、あの仕草でね。

Top photo: © iStock.com/Rawpixel Ltd
andmore
他の記事を見る
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
初めて食べると驚くビリうま。山椒のように舌がしびれるジャンブーの花のピクルス(醤油漬け)です。不思議な感覚でおいしい!――ブラジルのお酒と料理 特集
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
いま、東京でもっとも勢いのあるレストランを牽引する"破廉恥"シェフ(これ、ほめ言葉です) -鳥羽 周作- 小学校教諭を辞め32歳で料理の世界に飛び込み、わ...
レストランで楽しめる外国の料理を、食べるだけでなく実際に作ってみたい!そんな人にオススメなのが、ここで紹介する「Tadaku」。日本で生活する外国人が講師...
写真の一部だけが永遠に動く「シネマトグラフ」。これを料理写真に用いると……快感でしかない。
ビルミルクのミナスフレッシュチーズです。ブラジル出身のビルマルさんが、新鮮な牛乳と塩を使う母国の製造技術で作っています。自分や家族、友人のために、懐かしの...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
女性をデートに誘う時は、オシャレな飲食店を選びたいですよね。ラフ過ぎることもなく堅苦し過ぎることもない場所といえば、イタリアンにたどり着くことが多いのでは...
アフリカ料理を並べたInstagramのアカウント「@kitchensofafrica」。彩りが豊かで、スクロールをしつづけていても飽きない!楽しみながら...
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
「地元・浜松の人にも知ってもらいたい」。オーナーの山﨑浩さんがそう語るのは、浜松の春野町を中心に獲れる鹿や猪のお肉を使った「ジビエ料理」のこと。わざわざ足...
宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術...
JR埼京線・武蔵野線「武蔵浦和駅」から1分ほど歩くと「イタリア」が見えてきます。イタリア風の建物がある、といった子供だましではありません。ヨーロッパ野菜を...
なんでジャンキーな食べ物っておいしそうに感じてしまうのだろう。けれど、涙が出るほどおいしい「ヘルシーな料理」だってあるのです。たとえば、キヌアとケールを使...