男性のテンションが急上昇する「女性からのほめ言葉」10選

女性に褒められただけで、自信がつきモチベーションがぐんとUP。「男って単純……」なんて言われても、別に反論なんかする気ありません!だから、本音を言えば上手に褒めてほしいんです。そこで、女性ブロガーCasey Mullinsによるこんな提案を、すべての女性たちへ。

男だって待っている
「最高のほめ言葉」

私たちが言われて嬉しいように、男性もやっぱり褒められることが好きなんです。でも、だからって単に口先だけで彼らに甘い言葉をかけたって意味がない。あえて大げさに褒めなくたって、そこにちゃんとロジックがあって、それがアナタの本音ならば、相手の男性にはそれが10倍にも100倍にも感じるみたい。

じゃあ、彼らはどんな恋人からの「ひと言」が胸に刺さったと思う?

01.
ヤバい、スゴイしあわせ!

デート中に彼女の前で、自分の作った歌をギター1本で弾き語りで歌ってあげたことがあるんだ。その時に言ってくれた言葉が忘れられない。これだけで十分だったんだ。── Osito(25歳) 

02.
〇〇の友だちって、
最っ高〜にアホだよね

もう僕の友だちってアホな奴ばっかなんだよね。で、そんな奴らにデート中出くわしても嫌な顔ひとつせず、会話に入ってきてくれて。別れ際に彼女、こう言ったんだ。本当クールねって。── Kevin(24歳)

03.
何でだろ、今日のデート
ちょっと感動したんだけど

デートのプランを考えるのって、結構タフだよね。でも、そうやって毎回練りに練ったプランで彼女を外に連れ出したときほど、一日の終わりに本気で喜んでくれるんだ。── Frank(30歳)

04.
ほんっと、〇〇上手だよね〜

「男って、だいたいいつも誰かと競い合っているものなんだ。だから何だっていいんだけど、料理が上手とか、キスが上手いとか、肩もみが上手とか、お酒を作らせたらイチバンとか。とにかく、他の男たちよりひとつ秀でたものを持つことさ。── Rob(25歳)」

05.
どうしたの?
いつもと雰囲気違くない?

「ハンサム」なんて呼ばれて嬉しがる男は、もうそんなにいないだろうけど、それでもたまにはきちっとした格好をして、ちゃんと彼女に合わせたいって思うんだ。── Khad(25歳)

06.
この「わくわく感」が好き!

もし、自分の行動力や率先力を女性が喜んでくれたら、やっぱりそれって嬉しいことだろ?── Andrew(28歳)

07.
一緒にいるだけで
キモチが安らぐんだよね

短くてもシンプルでも、しっかりと相手に届くメッセージを伝えるんだ。スーパーヒーローみたいにさ。── James(25歳)

08.
一人じゃどうしていいか
分かんなかった

男だろうが女だろうが、何でも一人でできる時代だってことはよくわかっている。それでも男って生きものは、どこかで女性たちに“頼ってほしい”願望があるんだよね。── Sam(27歳)

09.
〇〇と一緒にいる時間って
なんか、イイんだよね

彼女が、ずっと一緒にいて欲しいって思ってくれているなんて、これ以上最高なことがあるかい?── Patrick(32歳)

10.
お願いだから(笑)
これ以上笑わせないで〜

彼女の笑顔を見ることさえできれば、それがもう最高のほめ言葉だって。── Terence(26歳)

Licensed material used with permission by YourTango
今回は手塚千砂子さんの著書『「ほめ日記」効果・自分を味方にする法則』から、具体的にどんなものなのか、どういった効果が期待できるのかをまとめてみました。「ほ...
イタリア人の「おいしい」の表現方法は、じつに多様。さすがほめ上手な国民性ってところでしょうか。
初デートって、面接にもよく例えられますよね。でも、初対面で好印象を残す人もいれば、そうでない人も。何が違うんでしょう?「初デート研究ガイド」を書いたブルッ...
カレとの初デートを控えて心配が山盛り…。そんな不安の解消法を提案するのが「Elite Daily」のRachel Shattoさん。彼女が提案する初デート...
「コロナ災禍下も日本橋から日本を元気にしよう」と、日本橋を代表する老舗店舗が一堂に会したオンラインストア「江戸東京一」がオープン。
「ほめ日記」を知っていますか?読んで字のごとく、日記を書くときに自分を「褒める」というものです。これをすることで、現代人が抱えやすいストレスが解消され、今...
これまでも数々の恋愛記事を手がけてきたライターが、初デートで相手が「運命の人」かどうかを見極める3つのサインを紹介している。アプリなどを通じて短時間に多く...
恋人に好意を抱けば抱くほど感じてしまう、やきもちや嫉妬心。何となく、女性の方が嫉妬するイメージが強いですが、なにもやきもちをやくのは女性ばかりではありませ...
いま、東京でもっとも勢いのあるレストランを牽引する"破廉恥"シェフ(これ、ほめ言葉です) -鳥羽 周作- 小学校教諭を辞め32歳で料理の世界に飛び込み、わ...
なぜ、桜をバックにした女性はこんなに美しいのか?
先日提供が開始された「VUniverse」は多数のストリーミングサイトを統合したプラットフォームアプリ。このアプリ使えば、あなたが視聴可能なすべての選択肢...
今あなたが一緒にいるパートナーは「運命の人」ですか?もし確信がないなら、辛い恋愛の末に運命の人と出会えたというAnjali Sareen Nowakows...
どんな女性と結婚すればいいのだろう?と悩んでいる男性に朗報。運命の女性に共通する8つの特徴が「Elite Daily」に掲載され大きな話題になりました。こ...
本気で自分を愛した男性が、どうなるのかを知っている女性は、同時に、愛し方を知っている。愛するということは、愛し方を教えるのに等しい。
「県外で行われた友達の結婚式で意気投合」「SNSで知り合って」など、出会いかたもいろいろあるもの。なかには最初の恋愛が遠距離だったという人もいるでしょう。...
米アニメスタジオ「ピクサー」が、ゲイカップルを主役としたアニメーション短編作品『Out(アウト)』を公開。「ピクサー」史上初となる“LGBTQを主人公にし...
今もっともオモシロいストリップクラブは「Lucky Devil Lounge」だ。少し前はダンサーが料理を届ける「Lucky Devil Eats」で話題...
『バチェラー・ジャパン』シーズン2に出演し、「肉食バイヤー」と紹介されていた桃田奈々です。自己紹介、恋愛、仕事、美容、旅というテーマで5回にわたりコラムを...
男性と女性だと、恋愛の考え方がかなり違うのかもしれません。…と、頭では理解していても、あまりにデリカシーがないと、どんなに心が広い女性でもイラッとしてしま...
子どもの頃の環境が、大人になってからも、少なからず行動や考え方にあらわれてくるものです。それは、恋愛においても一緒。たとえば、末っ子で次男の男性。彼らの恋...
日本と海外の恋愛観の違い。今回は、デートを重ねて「やっぱり違うな…」と相手に感じた時の対応について。
僕が以前から気になっているのは「外専」という言葉です。知ってますか?これは「外国人専門」の略語です。はっきり言って、この言葉は嫌いです。
ひとりの相手と半世紀ほど共に過ごすことになる結婚生活。そんなに長い期間一緒にいるのならば、「運命の人」と人生を歩んでいきたいもの。でもそれが誰かって、どう...