目が離せない!永遠に「できたて」の料理写真

料理の写真、できるだけおいしそうに撮りたいですよね。写真から匂い立ってくるような臨場感や、温度や調理中の音なんかも。いわゆる“シズル”ってやつです。

で、この写真を見てビックリ。本当に湯気が出てる!

シネマトグラフで感じる
料理の「味」

5233305377046528

どうです?目の前でグリルしたてのお肉をカットしているようなこの感覚。

完全な動画ではなく写真の一部だけが動くシネマトグラフ。ロシア在住アーティストDaria Khoroshavinaさんの作品です。gif画像のように始まりと終わりがなく、無限ループされる湯気に、ついお腹がなってしまいそう。

実物よりも「おいしそう」

482886843944140846900840874639364915197651189760

私たちは無意識のうちに、味やにおい、温度などを想像しながら料理の写真を見ているんじゃないでしょうか。その「おいしそう!」と感じるポイントが、動きによって強調される。シネマトグラフって、魔力ありますよね。

597922335319654458618824307507205451459114041344484116154181222447626566867353604913680453992448

野菜のみずみずしさ、とろーりと滴るシロップ、揚げ油に立つアワ、透き通ったゼリーの「ぷるん」という質感。こうやって書き連ねるよりもシネマトグラフの方が説得力がありすぎて(笑)。

そうそう、Kitchen Ghostsのシリーズには、こんな見せ方もあるんです。レシピがなくても動きで作りかたが分かっちゃう。試してみては?

Licensed material used with permission by Daria Khoroshavina | Kitchen Ghosts, (tumblr), (Instagram)
えっ、写真なのに一部だけが不自然に動いてる。誰もが「美味しい!」と思える料理写真の表現方法が、新しい時代に突入していることをその目で体感してみませんか?画...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
伊豆大島、奄美大島など、日本には50以上もの “大島” があるそうですが、ここで紹介したいのは、愛媛県にある癒しの楽園「八幡浜大島(やわたはまおおしま)」...
このチョコレートは「食前酒」→「スープ」→「魚料理」→「シャーベット」→「肉料理」→「カフェ」の順番でお召し上がりください。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
チューインガムの原材料を見直したら、必要なのは6つだけだった。
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
「やば、お鍋焦げ付かせちゃった!」なんてことにならないために、これからの料理には3本目の腕が手放せなくなりそうです。
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...