目が離せない!永遠に「できたて」の料理写真

料理の写真、できるだけおいしそうに撮りたいですよね。写真から匂い立ってくるような臨場感や、温度や調理中の音なんかも。いわゆる“シズル”ってやつです。

で、この写真を見てビックリ。本当に湯気が出てる!

シネマトグラフで感じる
料理の「味」

どうです?目の前でグリルしたてのお肉をカットしているようなこの感覚。

完全な動画ではなく写真の一部だけが動くシネマトグラフ。ロシア在住アーティストDaria Khoroshavinaさんの作品です。gif画像のように始まりと終わりがなく、無限ループされる湯気に、ついお腹がなってしまいそう。

実物よりも「おいしそう」

私たちは無意識のうちに、味やにおい、温度などを想像しながら料理の写真を見ているんじゃないでしょうか。その「おいしそう!」と感じるポイントが、動きによって強調される。シネマトグラフって、魔力ありますよね。

野菜のみずみずしさ、とろーりと滴るシロップ、揚げ油に立つアワ、透き通ったゼリーの「ぷるん」という質感。こうやって書き連ねるよりもシネマトグラフの方が説得力がありすぎて(笑)。

そうそう、Kitchen Ghostsのシリーズには、こんな見せ方もあるんです。レシピがなくても動きで作りかたが分かっちゃう。試してみては?

Licensed material used with permission by Daria Khoroshavina | Kitchen Ghosts, (tumblr), (Instagram)
えっ、写真なのに一部だけが不自然に動いてる。誰もが「美味しい!」と思える料理写真の表現方法が、新しい時代に突入していることをその目で体感してみませんか?画...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
「寝ても覚めても料理がしたい」料理が好きすぎて、まだ食べられる食材が捨てられていくこと見ていられないという動機で「フードロス」に立ち向かう”もったいない料...
「Fxxking Rabitts(#FR2)」の新たなプロジェクト「メニュー女子」は、女の子と料理をからめた写真集。8月7日〜8月19日に実施される「WI...
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
アフリカ料理を並べたInstagramのアカウント「@kitchensofafrica」。彩りが豊かで、スクロールをしつづけていても飽きない!楽しみながら...
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
4ヵ月限定で渋谷区神泉に登場した「ツカノマノフードコート」の“ネオ料理人”を特集。彼らが生み出す型破りで自由そしてなにより美味しい料理を見逃すべからず!
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
リトアニアに暮らすErikas Mališauskasさんとそのパートナーは、イケアの写真立てに飾られている写真がつまらないと感じて、自分たちのツーショッ...