今年も目が離せない!ボジョレーヌーボー2015の解禁日はいつ!?

毎年11月になると話題となる「ボジョレー・ヌーボー」の解禁日。毎年、解禁日がどう決められているか知っていますか?また、ボジョレー・ヌーボーは他のワインとはどう違うのでしょうか。2015年の解禁が待ち遠しいボジョレー・ヌーボーの基礎知識から今年のトレンドまでをご紹介します。

知っておきたい!
「ボジョレー・ヌーボー」の基礎知識

white and red wine

ボジョレー・ヌーボーとは、フランスのブルゴーニュ地方ボジョレー地区でつくられるワインの中でも、新酒=ヌーボーのことです。もともとは、ワインの生産者や販売業者がその年のぶどうの出来栄えを評価するためのもので、収穫したばかりのぶどうが使われています。毎年第3木曜日が解禁日とされ、2015年は11月19日0時です。日付変更線の関係で、日本では世界に先駆けていち早く解禁日を迎えます。

ボジョレー・ヌーボーといえば、赤ワインが浮かぶ人が多いかもしれませんが、生産量は限られるものの白ワインもつくられています。赤ワインにはガメイ種、白ワインにはシャルドネ種のぶどうが使われます。

ボジョレー・ヌーボーは製法も独特です。一般的なワインは粉砕してから発酵させます。これに対して、ボジョレー・ヌーボーはぶどうをそのままステンレス製のタンクに入れて密閉、ぶどうの重みで自然発酵させて、炭酸ガスを発生させる「マセラシオン・カルボニック」という製法でつくられています。炭酸ガスには酸化防止効果があり、短期間でつくられることから、軽い口当たりのフレッシュな味わいのワインができるのです。

昔は11月11日!?
解禁日を巡るヒストリー

42944486_Large

ボジョレー・ヌーボーの解禁日が、フランス政府によって第3木曜日とされたのは1984年のことです。当初は、11月11日が解禁日と定められていました。ボジョレー地区で最も早いワインは11月11日頃にできあがること、11月11日がサン・マルタンの日という聖人の日であることによります。

しかし、11月11日は無名戦士の日に変更されたことにより、次に11月15日のサン・タルベールの日が解禁日となりました。ところが、日付を固定してしまうと、日曜日にワインショップやレストランが休みとなるフランスでは、土曜日や日曜日が解禁日になってしまうと売上が落ちてしまうという問題が生じます。また、解禁日よりも早く出荷してしまおうとメーカー間の争いも起こりました。そこで、現在の11月第3週の木曜日が解禁日とワイン法で制定されたのです。

「ボジョレー・ヌーボー」の
美味しい飲み方とは

shutterstock14s0728459

赤ワインは冷やすとタンニンの渋みが出やすいことから、一般的には常温で飲むのが美味しい飲み方とされています。しかし、ボジョレー・ヌーボーは飲む直前に少し冷やすことで、すっきりとしたフレッシュな魅力が引き出されます。ボジョレー・ヌーボーの適温は10~12℃ですので、飲む1時間前に冷蔵庫に入れて冷やしておくのが目安です。飲み口の狭いグラスでいただくと、香りが強くないボジョレー・ヌーボーも、グラスに閉じ込められた香りとともに楽しむことができます。

「ボジョレー・ヌーボー」
2015年のトレンド

Bottle of wine and a bunch of red grapes

ボジョレー・ヌーボーは、2015年はフルーティで平均的な出来栄えと予測されています。今やコルクではなく、スクリューキャップが増えて、ペットボトル入りのリーズナブルな商品が販売されることもありましたが、2015年のトレンドはちょっとリッチなオーガニックワインです。BIOといわれる有機栽培でつくられたぶどうだけを使用した自然派のワインが人気を集めていることから、ボジョレー・ヌーボーでも注目されています。

一般的なワインとは異なり、ボジョレー・ヌーボーは熟成をさせずに、新酒として楽しむワインですので、長期の保存には不向きです。11月の季節のイベントとしていただくのがベストですが、遅くても年内には飲み切るようにしましょう。

ワインのように熟成させることは珍しい鮮度命の日本酒生酒。酒造が設定している解禁日にでも見学しない限り、なかなか「しぼりたて」を当日中に飲むことはできない。...
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
2017年11月22日。ついに解禁した。この時期に「解禁」と聞くと、どうしてもボージョレ・ヌーボーを連想してしまうけど、旬のものはそれだけではない。フラン...
大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
イタリアにはたくさんのピザ専門店「ピッツェリア」があります。この記事で紹介する地図「Best Pizzas in Italy」には、イタリア版ミシュラン「...
結論から言えば、こちらで紹介するフードは、すべてペーパーアート。しかしながら、それを分かったとしても、精密なクラフトワークには目を見張るばかり。一連のアー...
道後温泉といえば、『日本書紀』にも登場する日本最古の温泉。 夏目漱石の小説『坊っちゃん』にも描かれるなど、愛媛県を代表する観光地として知られている。そんな...
知っている人にとっては常識。ですが、知らない人にとっては、まさに「今さら聞けない…」のが、ここで話題にするシャンパン、スパークリングワインの違い。あらため...
暑さを言い訳にして、ついつい何杯も飲んじゃいそうなオレンジ色したレモネード。いちごとバジルの香りがスッキリしていて、うだるような暑さも気持ちよく感じられるかも!
11月末に代々木公園で開催される「大江戸和宴 〜そばと日本酒の博覧会〜」。2年目となる今年も、昨年に続いて全国のそば処、酒処から選りすぐりの逸品が集合する...
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
2015年12月21日未明、北海道の一部の地域でオーロラが観測されました。日本でオーロラ?いまいち、しっくりこないかもしれません。ところが、道内では今年に...
非常に真面目に醸された、“遊び心のある日本酒”が話題になっています。そのボトルには、お酒には似つかわしくない「メガネ専用」の文字。これって一体、どういうこ...
「再生利用可能エネルギー」という言葉自体はよく見かけるようになりました。が、まだまだ有効活用しているよ、という人は少ないですよね。でも、世界的には着実にそ...
前脚をていねいに揃えて、ちょこんとお座りをしながら、上目遣いにあなたの愛犬や愛猫は、もしかしたらこんなことを思っているかもしれません。「ま〜た、一人で飲む...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
酔っ払いたいけど、体重が気になるあなたへ。飲むお酒をワインひと筋にしてみてはいかがでしょうか?ビールほどむくまないし、酔っ払っても上品さがキープできるワイ...
2016年6月、スペインで新発売された1本のボトルにワイン業界全体がざわついた。なにせその色が赤でも白でもロゼのような中間色でもなく、雑じりっ気のないイン...
今日1日がんばったご褒美に。とろとろあまくて、ぽかぽかあたたまる。美味しいホットチョコレートワインはいかがでしょうか。ホットチョコレートとホットワインの美...
ライターAshley Fern氏が、この記事で一番伝えたいことは「ワインこそが女性の最高の友である」ということ。女性がワインにどっぷりハマってしまう理由を...
さすがは「アメリカでもっともヘルシーなスーパー」という看板を担うだけあって、トップ5にもヘルシーやエコの観点を欠くことはありません。
エレガントな装いに、なんだかイケてる髪型。一見飾っていそうでありながらも、どこかナチュラルさを感じさせるフランス人女性は、多くの日本人にとって憧れの存在の...