今年も目が離せない!ボジョレーヌーボー2015の解禁日はいつ!?

毎年11月になると話題となる「ボジョレー・ヌーボー」の解禁日。毎年、解禁日がどう決められているか知っていますか?また、ボジョレー・ヌーボーは他のワインとはどう違うのでしょうか。2015年の解禁が待ち遠しいボジョレー・ヌーボーの基礎知識から今年のトレンドまでをご紹介します。

知っておきたい!
「ボジョレー・ヌーボー」の基礎知識

white and red wine

ボジョレー・ヌーボーとは、フランスのブルゴーニュ地方ボジョレー地区でつくられるワインの中でも、新酒=ヌーボーのことです。もともとは、ワインの生産者や販売業者がその年のぶどうの出来栄えを評価するためのもので、収穫したばかりのぶどうが使われています。毎年第3木曜日が解禁日とされ、2015年は11月19日0時です。日付変更線の関係で、日本では世界に先駆けていち早く解禁日を迎えます。

ボジョレー・ヌーボーといえば、赤ワインが浮かぶ人が多いかもしれませんが、生産量は限られるものの白ワインもつくられています。赤ワインにはガメイ種、白ワインにはシャルドネ種のぶどうが使われます。

ボジョレー・ヌーボーは製法も独特です。一般的なワインは粉砕してから発酵させます。これに対して、ボジョレー・ヌーボーはぶどうをそのままステンレス製のタンクに入れて密閉、ぶどうの重みで自然発酵させて、炭酸ガスを発生させる「マセラシオン・カルボニック」という製法でつくられています。炭酸ガスには酸化防止効果があり、短期間でつくられることから、軽い口当たりのフレッシュな味わいのワインができるのです。

昔は11月11日!?
解禁日を巡るヒストリー

42944486_Large

ボジョレー・ヌーボーの解禁日が、フランス政府によって第3木曜日とされたのは1984年のことです。当初は、11月11日が解禁日と定められていました。ボジョレー地区で最も早いワインは11月11日頃にできあがること、11月11日がサン・マルタンの日という聖人の日であることによります。

しかし、11月11日は無名戦士の日に変更されたことにより、次に11月15日のサン・タルベールの日が解禁日となりました。ところが、日付を固定してしまうと、日曜日にワインショップやレストランが休みとなるフランスでは、土曜日や日曜日が解禁日になってしまうと売上が落ちてしまうという問題が生じます。また、解禁日よりも早く出荷してしまおうとメーカー間の争いも起こりました。そこで、現在の11月第3週の木曜日が解禁日とワイン法で制定されたのです。

「ボジョレー・ヌーボー」の
美味しい飲み方とは

shutterstock14s0728459

赤ワインは冷やすとタンニンの渋みが出やすいことから、一般的には常温で飲むのが美味しい飲み方とされています。しかし、ボジョレー・ヌーボーは飲む直前に少し冷やすことで、すっきりとしたフレッシュな魅力が引き出されます。ボジョレー・ヌーボーの適温は10~12℃ですので、飲む1時間前に冷蔵庫に入れて冷やしておくのが目安です。飲み口の狭いグラスでいただくと、香りが強くないボジョレー・ヌーボーも、グラスに閉じ込められた香りとともに楽しむことができます。

「ボジョレー・ヌーボー」
2015年のトレンド

Bottle of wine and a bunch of red grapes

ボジョレー・ヌーボーは、2015年はフルーティで平均的な出来栄えと予測されています。今やコルクではなく、スクリューキャップが増えて、ペットボトル入りのリーズナブルな商品が販売されることもありましたが、2015年のトレンドはちょっとリッチなオーガニックワインです。BIOといわれる有機栽培でつくられたぶどうだけを使用した自然派のワインが人気を集めていることから、ボジョレー・ヌーボーでも注目されています。

一般的なワインとは異なり、ボジョレー・ヌーボーは熟成をさせずに、新酒として楽しむワインですので、長期の保存には不向きです。11月の季節のイベントとしていただくのがベストですが、遅くても年内には飲み切るようにしましょう。

ボジョレー・ヌーヴォー解禁日がついに到来。オンラインミーティングツール「Zoom」にて、今年のヌーヴォーの魅力を発信し、最後はみんなで乾杯するイベントが開...
2020年にサブスク解禁「してほしい」有名アーティストをまとめてみました!
「2019年にサブスク解禁した有名アーティスト」を整理してみました。
ワインのように熟成させることは珍しい鮮度命の日本酒生酒。酒造が設定している解禁日にでも見学しない限り、なかなか「しぼりたて」を当日中に飲むことはできない。...
作家/ジャーナリストの佐々木俊尚が「昆虫食の聖地」として話題の東京・日本橋にオープンした昆虫食専門レストラン「ANTCICADA(アントシカダ)」で「最先...
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
「タクシーの相乗り」について国土交通省が3/31に制度の概要を発表。早ければ2020年の夏にも解禁される考えだという。
世界でも珍しい石灰質の土壌が日本にも数カ所存在していますが、そのうちのひとつが岡山県新見市。同市哲多町にあるワイナリー「domaine tetta(ドメー...
2017年11月22日。ついに解禁した。この時期に「解禁」と聞くと、どうしてもボージョレ・ヌーボーを連想してしまうけど、旬のものはそれだけではない。フラン...
2020年12月29日、中国のIT企業に勤めていた23歳の女性が急死しました。毎日のように続いていた長い残業のせいで。この不幸なニュースは一気に同国で話題...
ニュージーランド航空は、CA(客室乗務員)の「タトゥー(入れ墨)」を認める方針を発表。9月から新しい働き方のルールを実施します。
大阪・梅田に新たな食のエリア「EST FOODHALL(エスト フードホール)」がグランドオープン!全国初・大阪初出店9店舗を含む全16店舗が集結し、今ま...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
「STANLEY」が「WIND AND SEA」とコラボレーション。
およそ2000年前、ヴェスピオス火山の噴火で灰に埋もれてしまった南イタリア・ポンペイのとある遺跡。その遺跡は2019年に一部が掘り起こされ、約2年かけて全...
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
クラフトビール、シードル、スピリッツに続く、いま注目のお酒「ミード(Mead)」について。
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
10月1日「日本酒の日」に、オンラインで全国一斉に乾杯をするイベント「全国一斉 日本酒で乾杯!2020」」が実施される。