今年も目が離せない!ボジョレーヌーボー2015の解禁日はいつ!?

毎年11月になると話題となる「ボジョレー・ヌーボー」の解禁日。毎年、解禁日がどう決められているか知っていますか?また、ボジョレー・ヌーボーは他のワインとはどう違うのでしょうか。2015年の解禁が待ち遠しいボジョレー・ヌーボーの基礎知識から今年のトレンドまでをご紹介します。

知っておきたい!
「ボジョレー・ヌーボー」の基礎知識

white and red wine

ボジョレー・ヌーボーとは、フランスのブルゴーニュ地方ボジョレー地区でつくられるワインの中でも、新酒=ヌーボーのことです。もともとは、ワインの生産者や販売業者がその年のぶどうの出来栄えを評価するためのもので、収穫したばかりのぶどうが使われています。毎年第3木曜日が解禁日とされ、2015年は11月19日0時です。日付変更線の関係で、日本では世界に先駆けていち早く解禁日を迎えます。

ボジョレー・ヌーボーといえば、赤ワインが浮かぶ人が多いかもしれませんが、生産量は限られるものの白ワインもつくられています。赤ワインにはガメイ種、白ワインにはシャルドネ種のぶどうが使われます。

ボジョレー・ヌーボーは製法も独特です。一般的なワインは粉砕してから発酵させます。これに対して、ボジョレー・ヌーボーはぶどうをそのままステンレス製のタンクに入れて密閉、ぶどうの重みで自然発酵させて、炭酸ガスを発生させる「マセラシオン・カルボニック」という製法でつくられています。炭酸ガスには酸化防止効果があり、短期間でつくられることから、軽い口当たりのフレッシュな味わいのワインができるのです。

昔は11月11日!?
解禁日を巡るヒストリー

42944486_Large

ボジョレー・ヌーボーの解禁日が、フランス政府によって第3木曜日とされたのは1984年のことです。当初は、11月11日が解禁日と定められていました。ボジョレー地区で最も早いワインは11月11日頃にできあがること、11月11日がサン・マルタンの日という聖人の日であることによります。

しかし、11月11日は無名戦士の日に変更されたことにより、次に11月15日のサン・タルベールの日が解禁日となりました。ところが、日付を固定してしまうと、日曜日にワインショップやレストランが休みとなるフランスでは、土曜日や日曜日が解禁日になってしまうと売上が落ちてしまうという問題が生じます。また、解禁日よりも早く出荷してしまおうとメーカー間の争いも起こりました。そこで、現在の11月第3週の木曜日が解禁日とワイン法で制定されたのです。

「ボジョレー・ヌーボー」の
美味しい飲み方とは

shutterstock14s0728459

赤ワインは冷やすとタンニンの渋みが出やすいことから、一般的には常温で飲むのが美味しい飲み方とされています。しかし、ボジョレー・ヌーボーは飲む直前に少し冷やすことで、すっきりとしたフレッシュな魅力が引き出されます。ボジョレー・ヌーボーの適温は10~12℃ですので、飲む1時間前に冷蔵庫に入れて冷やしておくのが目安です。飲み口の狭いグラスでいただくと、香りが強くないボジョレー・ヌーボーも、グラスに閉じ込められた香りとともに楽しむことができます。

「ボジョレー・ヌーボー」
2015年のトレンド

Bottle of wine and a bunch of red grapes

ボジョレー・ヌーボーは、2015年はフルーティで平均的な出来栄えと予測されています。今やコルクではなく、スクリューキャップが増えて、ペットボトル入りのリーズナブルな商品が販売されることもありましたが、2015年のトレンドはちょっとリッチなオーガニックワインです。BIOといわれる有機栽培でつくられたぶどうだけを使用した自然派のワインが人気を集めていることから、ボジョレー・ヌーボーでも注目されています。

一般的なワインとは異なり、ボジョレー・ヌーボーは熟成をさせずに、新酒として楽しむワインですので、長期の保存には不向きです。11月の季節のイベントとしていただくのがベストですが、遅くても年内には飲み切るようにしましょう。

ワインのように熟成させることは珍しい鮮度命の日本酒生酒。酒造が設定している解禁日にでも見学しない限り、なかなか「しぼりたて」を当日中に飲むことはできない。...
2017年11月22日。ついに解禁した。この時期に「解禁」と聞くと、どうしてもボージョレ・ヌーボーを連想してしまうけど、旬のものはそれだけではない。フラン...
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
ブルーチーズと発酵バターのソフトクリームが楽しめるフランス生まれのチーズ&バター専門店beillevaire〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目11...
メイクアップ用として、よく使われるグリッター。どうやら海外では、食べ物にコレをトッピングするレストランやバー、カフェが増えてきているようです。
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
2019年から、同年にカリフォルニアのディズニーランドでオープンが予定されている『スター・ウォーズ』をテーマにした新エリア「Star Wars: Gala...
イタリアにはたくさんのピザ専門店「ピッツェリア」があります。この記事で紹介する地図「Best Pizzas in Italy」には、イタリア版ミシュラン「...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
ペットを可愛がっている実家のおじいちゃん、おばあちゃんへのお土産に……なんていうのも、ちょっと素敵なプレゼントになる。そんな、お値段以上に「幸せ」を運んで...
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
結論から言えば、こちらで紹介するフードは、すべてペーパーアート。しかしながら、それを分かったとしても、精密なクラフトワークには目を見張るばかり。一連のアー...
2015年からニューヨーク州で年に一度行われているイベント「LUMA」。目玉となっているのはプロジェクションマッピング。街の市役所や裁判所の建物に投影され...
道後温泉といえば、『日本書紀』にも登場する日本最古の温泉。 夏目漱石の小説『坊っちゃん』にも描かれるなど、愛媛県を代表する観光地として知られている。そんな...
「毎日通えたらいいのに」と、思わずにはいられないカフェ&喫茶店を見つけました。場所は、岡山県倉敷市の、倉敷美観地区(くらしきびかんちく)。「cafè EL...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
「ハリー・ポッター3」の撮影監督も務めたマイケル・セレシンが設立したワイナリーの「セレシン・エステイト シャルドネ 2015」は手づくりにこだわる