2020年、サブスク解禁「してほしい」有名アーティスト!

ひとつ前の記事で、2019年にサブスク解禁した有名アーティストを紹介しました。

解禁ラッシュだった昨年を経てもなお、まだまだ “未解禁” アーティストはたくさん。今回は、2020年にサブスク解禁「してほしい」有名アーティストをまとめてみました!個人的なコメント付きです。

2020年
サブスク解禁「してほしい」
有名アーティスト

aiko

この記事を書くにあたって、aikoのすごいところをひとつ見つけました。9.9割が恋愛ソングにもかかわらず「会いたい」っていう歌詞がない(「逢いたい逢いたい逢いたいと強く願っていれば届く気がしてならない」と歌っている曲は1つあるんですが!)。会いたいなんて次元をとうに超えて、もはや恋する相手への“説得”のようなaikoのラブソングたち、はやくサブスク解禁してこの世のラバーズの長い夜を救ってくれ!

Hi-STANDARD

個人レーベルPIZZA OF DEATH自体は「全曲順次サブスク解禁宣言」をしています(所属しているWANIMAは解禁済み!)。メンバーでありレーベルの社長でもある横山 健いわく、複雑な思いを抱えながらもバンドの可能性を広げるために判断したのだそう。複雑に思うファンもいるのではないか?との言葉も残しています。さまざまな葛藤の上にあるサービスであっても、やはりサブスクは音楽との出会いの場所。そして出会い直せる場所。多くの人に改めてハイスタの曲が届く2020年になるといいな!

米津玄師

サブスクで聴かずとも一昨年、昨年はもはや彼の曲が耳に入らない日はなかったような気がします。「打ち上げ花火」(DAOKO×米津玄師)、「パプリカ」(Foorin)、「まちがいさがし」(菅田将暉)など提供した楽曲は解禁済みですが、本人の曲が配信されるとなったらこれまたすごいニュースになりそう。とはいえ最後の砦的な感じで2020年も解禁されなかったりして......。

山下達郎

断言させてください。山下達郎がサブスク解禁されれば、ガソリンスタンドが儲かる。夜のハイウェイ、夏の海沿いのドライブがはかどっちゃってしょうがないでしょう。車に乗らない若者たちだって思わずハンドル握って恋人を迎えに行っちゃうでしょう。するとたちまち窓の外を流れる景色もスローモーションになっちゃうでしょう。......ちなみにすでに数曲だけ配信されているんです。なにそのじれったさ!

中島みゆき

毎日いろんなニュースがある。かなしいことも、よろこばしいことも、せつないことも、この時代を生きることについてふと真剣に考えちゃうニュースが次々に飛び込んでくる。今、わたしたちには中島みゆきの曲が必要! 彼女の曲の数々が持つ、慰めと励まし。みんなが飛び込めるあたたかな毛布のような場所として、サブスクでも聴けるようになりますように。

ZARD

どうか2020年の夏までに解禁をお願いします。だって、汗ばむ昼下がりに洗いざらしの白Tシャツに着替えたら、ポカリ片手に「揺れる想い」聴きたいじゃない? 年々猛暑になるけれど、わたしたちが持っていたいのはちっちゃい扇風機じゃなくてZARDの曲たちでしょ?うだるような季節も、ときめき抱きしめさせて〜!

THE BLUE HEARTS

ちなみにハイロウズもクロマニヨンズも未解禁です。基本的にはアーティストにはどんどんサブスク解禁してほしいと思っている勢なのですが、なんとなくブルーハーツに関してはこのまま解禁されず......みたいなのを期待している自分もいたり。スマホでパパッと流す、というよりは偶然どこかから流れてくることに期待したい、というのでしょうか(とはいえ解禁されたらすぐにダウンロードしちゃうと思うけど!)。

RADWIMPS

オリジナルアルバムは一部解禁しているものの、昨年ほんとにいろんなところで流れていた「愛にできることはまだあるかい」や代表曲オブ代表曲である「前前前世」など、ほとんどの曲が未解禁。配信されれば、もれなく『君の名は。』と『天気の子』のサントラも聴けるようになるのが待ち遠しい......。とはいえそれがいつになるのか待ちきれず、最近iTunesで「スパークル」だけ買っちゃいました。

B'z

みんな待っている!彼らの解禁を!代表的な曲といえばあの曲、この曲、と思い浮かぶし大体歌うこともできるんです。けれど今こそB’zの「隠れた名曲」に出会いたい。とにかく根強いファンが多い彼らだから、今あらためてB’zのおすすめ曲を聞いてまわりたい、そしてダウンロードしてB’zを一から知り直す楽しみを噛みしめたい。

SMAP

個人的にサブスク解禁してほしいアーティストナンバー1。最近は5人がそれぞれ活躍しているところをたくさん見られるようになってきたけれど、やっぱりSMAPの曲を今聴きたい。配信されれば「元気になる人」が増えること間違いなし。体温上昇、間違いなし。こればっかりは理屈抜きで希望します。ああどうか、素敵な夢をかなえておくれ!

今回はここまで。みなさんはどのアーティストに「サブスク解禁」してほしいですか? 随時アップデートしていくのでチェックしてください!

Top image: © 2020 NEW STANDARD
「2019年にサブスク解禁した有名アーティスト」を整理してみました。
ランチ、フィットネス、焼きたてパン、ブランド家具に航空券のサブスクリプションまで!毎日の生活が、ちょっと「幸せ」に、かなり「おトク」になるサブスクサービス...
音楽配信サービス「Spotify」において2017年から2020年までに「もっともストリーミングされたアーティストTop10」がYouTubeで公開された。
これからも進化していくバーチャルダンスパーティー「We Come In Peace」。ニューヨークを拠点にするアーティストTin NguyenさんとEdw...
本記事では、キスの仕方を「フレンチ」「ディープ」「ユニーク」の3種類に分けてまとめています。また、キスの仕方によっては、相手の気分が下がるキス、逆に気分が...
今年、創業50周年を迎えた「ドムドムハンバーガー」。2020年、さらなる飛躍を狙うドムドムの次なる一手とは?
ドイツ・ベルリンで、毎月最終土曜日に開催されるテクノイベント「STAUB」。事前予約サービスを廃止していて、みんなが同じ料金を払うのがお決まりです。
いつでもどこでもスマホがあれば、AR技術でアーティストのライブが見れるアプリの紹介。広告なしでダウンロードしたあとすぐに聞ける。新しいアーティストとファン...
音楽ストリーミングサービス「Spotify」が世界各国で話題となっている新人アーティストを紹介するプログラム「RADAR」をローンチ。今月は36人の新人ア...
「アーティストが住みついたビル」というコンセプトの新しいスポットが、2017年9月16日にオープンした。場所は、日本橋。一棟ビル丸ごと使ってアート・音楽・...
「スペースX」は宇宙船での“国際宇宙ステーションへのドッキング”をWebブラウザで体験することができるシミュレーターを公開。実際のインタフェースを元にして...
ジャマイカ発祥の「レゲエ音楽」が登録されました。ユネスコは、ボブ・マーリーやジミー・クリフに代表されるピースフルな音楽が、多くのアーティストにインスピレー...
「subsclife」はブランド家具のサブスク。月額500円から利用できます。
「タクシーの相乗り」について国土交通省が3/31に制度の概要を発表。早ければ2020年の夏にも解禁される考えだという。
台湾ポップスを聞いたことがない人へ。台湾語のエキゾチックな雰囲気と都会的なサウンドは新鮮です!
メイクアップアーティストのMay Sumさんは、商売道具のコスメをメイク道具として使うだけではなく、口紅そのものを彫り鑑賞物に生まれ変わらせてしまったのです。
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「リモートワークが捗るアイテム」を3つ紹介。スマホ用刑務所...
岐阜県大垣市の伝統工芸品である枡を作り続けて70年の「大橋量器」が販売を始めたのが、ヒノキの香りでストレスを緩和させる新感覚マスク「hinoki MASU...
「旅行者」と「ローカルアーティスト」をつなぎ、ディープでユニークなアクティビティを企画・提供する旅行会社が人気を集めている。そのアクティビティの内容とは....
子供の優しい気遣いのようなユーモラスなこの作品は、ドイツ人アーティストJan Vormannさんによるプロジェクト。ヨーロッパ、アジア、アメリカなど世界4...
2020年、シドニーに再オープン予定の「W Hotel」に造られるインフィニティプールからは、ダーリン・ハーバーを一望できる景色が見られるということ。“映...
オーストラリア人アーティスト、ロビン・エリーは、ハイパーリアリズムと呼ばれる作風の油絵画家だ。ゴッホによる名作『星月夜』をプラスチックフィルムで包んだこの...
2021年に活動休止を控えた「嵐」のドキュメンタリー番組が「Netflix」で独占配信される。活動休止を控えた嵐の向かう先、そして彼らの思いとは......。
世の中には、様々なアーティストが存在するが、ペーパーカッティング・アーティストのPippa Dyrlagaもその1人。彼女が使うツールは、紙とペンカッター...