2020年、サブスク解禁「してほしい」有名アーティスト!

ひとつ前の記事で、2019年にサブスク解禁した有名アーティストを紹介しました。

解禁ラッシュだった昨年を経てもなお、まだまだ “未解禁” アーティストはたくさん。今回は、2020年にサブスク解禁「してほしい」有名アーティストをまとめてみました!個人的なコメント付きです。

2020年
サブスク解禁「してほしい」
有名アーティスト

aiko

この記事を書くにあたって、aikoのすごいところをひとつ見つけました。9.9割が恋愛ソングにもかかわらず「会いたい」っていう歌詞がない(「逢いたい逢いたい逢いたいと強く願っていれば届く気がしてならない」と歌っている曲は1つあるんですが!)。会いたいなんて次元をとうに超えて、もはや恋する相手への“説得”のようなaikoのラブソングたち、はやくサブスク解禁してこの世のラバーズの長い夜を救ってくれ!

Hi-STANDARD

個人レーベルPIZZA OF DEATH自体は「全曲順次サブスク解禁宣言」をしています(所属しているWANIMAは解禁済み!)。メンバーでありレーベルの社長でもある横山 健いわく、複雑な思いを抱えながらもバンドの可能性を広げるために判断したのだそう。複雑に思うファンもいるのではないか?との言葉も残しています。さまざまな葛藤の上にあるサービスであっても、やはりサブスクは音楽との出会いの場所。そして出会い直せる場所。多くの人に改めてハイスタの曲が届く2020年になるといいな!

米津玄師

サブスクで聴かずとも一昨年、昨年はもはや彼の曲が耳に入らない日はなかったような気がします。「打ち上げ花火」(DAOKO×米津玄師)、「パプリカ」(Foorin)、「まちがいさがし」(菅田将暉)など提供した楽曲は解禁済みですが、本人の曲が配信されるとなったらこれまたすごいニュースになりそう。とはいえ最後の砦的な感じで2020年も解禁されなかったりして......。

山下達郎

断言させてください。山下達郎がサブスク解禁されれば、ガソリンスタンドが儲かる。夜のハイウェイ、夏の海沿いのドライブがはかどっちゃってしょうがないでしょう。車に乗らない若者たちだって思わずハンドル握って恋人を迎えに行っちゃうでしょう。するとたちまち窓の外を流れる景色もスローモーションになっちゃうでしょう。......ちなみにすでに数曲だけ配信されているんです。なにそのじれったさ!

中島みゆき

毎日いろんなニュースがある。かなしいことも、よろこばしいことも、せつないことも、この時代を生きることについてふと真剣に考えちゃうニュースが次々に飛び込んでくる。今、わたしたちには中島みゆきの曲が必要! 彼女の曲の数々が持つ、慰めと励まし。みんなが飛び込めるあたたかな毛布のような場所として、サブスクでも聴けるようになりますように。

ZARD

どうか2020年の夏までに解禁をお願いします。だって、汗ばむ昼下がりに洗いざらしの白Tシャツに着替えたら、ポカリ片手に「揺れる想い」聴きたいじゃない? 年々猛暑になるけれど、わたしたちが持っていたいのはちっちゃい扇風機じゃなくてZARDの曲たちでしょ?うだるような季節も、ときめき抱きしめさせて〜!

THE BLUE HEARTS

ちなみにハイロウズもクロマニヨンズも未解禁です。基本的にはアーティストにはどんどんサブスク解禁してほしいと思っている勢なのですが、なんとなくブルーハーツに関してはこのまま解禁されず......みたいなのを期待している自分もいたり。スマホでパパッと流す、というよりは偶然どこかから流れてくることに期待したい、というのでしょうか(とはいえ解禁されたらすぐにダウンロードしちゃうと思うけど!)。

RADWIMPS

オリジナルアルバムは一部解禁しているものの、昨年ほんとにいろんなところで流れていた「愛にできることはまだあるかい」や代表曲オブ代表曲である「前前前世」など、ほとんどの曲が未解禁。配信されれば、もれなく『君の名は。』と『天気の子』のサントラも聴けるようになるのが待ち遠しい......。とはいえそれがいつになるのか待ちきれず、最近iTunesで「スパークル」だけ買っちゃいました。

B'z

みんな待っている!彼らの解禁を!代表的な曲といえばあの曲、この曲、と思い浮かぶし大体歌うこともできるんです。けれど今こそB’zの「隠れた名曲」に出会いたい。とにかく根強いファンが多い彼らだから、今あらためてB’zのおすすめ曲を聞いてまわりたい、そしてダウンロードしてB’zを一から知り直す楽しみを噛みしめたい。

SMAP

個人的にサブスク解禁してほしいアーティストナンバー1。最近は5人がそれぞれ活躍しているところをたくさん見られるようになってきたけれど、やっぱりSMAPの曲を今聴きたい。配信されれば「元気になる人」が増えること間違いなし。体温上昇、間違いなし。こればっかりは理屈抜きで希望します。ああどうか、素敵な夢をかなえておくれ!

今回はここまで。みなさんはどのアーティストに「サブスク解禁」してほしいですか? 随時アップデートしていくのでチェックしてください!

Top image: © 2020 NEW STANDARD

関連する記事

「2019年にサブスク解禁した有名アーティスト」を整理してみました。
ライブ映像が定額で見放題の新サービス「サブスクLIVE」が登場。「LINE LIVE プレミアムチャンネル」上で、提携ライブハウスのライブ映像やリモートの...
ランチ、フィットネス、焼きたてパン、ブランド家具に航空券のサブスクリプションまで!毎日の生活が、ちょっと「幸せ」に、かなり「おトク」になるサブスクサービス...
音楽ストリーミングサービス「Spotify」が世界各国で話題となっている新人アーティストを紹介するプログラム「RADAR」をローンチ。今月は36人の新人ア...
NASA、ジェット推進研究所、南カリフォルニア大学、ハイデラバード大学らの共同研究チームが、ISSで採取されたサンプルから4種の菌株を分離した結果、そのう...
米「コロンビアビジネススクール」の研究者らは「人は自分の性格と似たアーティストの音楽を好む」ことを発見した。
サンフランシスコ市長London Breed氏は、経済復興政策の一環としてアーティストに対する「ベーシックインカム」プログラムの開始を発表した。
これからも進化していくバーチャルダンスパーティー「We Come In Peace」。ニューヨークを拠点にするアーティストTin NguyenさんとEdw...
12月1日、オーディオストリーミングサービス「Spotify」が、2020年の音楽シーンをデータで振り返るべく、世界と日本のランキングを発表した。いつでも...
音楽配信サービス「Spotify」において2017年から2020年までに「もっともストリーミングされたアーティストTop10」がYouTubeで公開された。
ロサンゼルス・ノースハリウッドにカラフルなプレハブが立ち並ぶエリアが誕生。施設には合計で39戸の建物が用意され、1部屋で2人が生活できるようになっているという。
「YouTube」が2020 年の「国内トップトレンド動画ランキング」(音楽を除く)を発表。
今年、創業50周年を迎えた「ドムドムハンバーガー」。2020年、さらなる飛躍を狙うドムドムの次なる一手とは?
アメリカを代表する美術館である「ロサンゼルス現代美術館(MOCA)」が、親交のあるアーティスト9人がデザインしたアートマスクを発売する。ヴァージル・アブロ...
「Spotify」が発表した「Global Hits From Japan 2020 -国境を超える日本の音楽-」では、アニメ主題歌のランクインが目立った...
大の音楽好きとして知られるアメリカ合衆国の前大統領バラク・オバマが、全51曲からなる2020年の夏のプレイリストを公開。プレイリストには、ビリー・アイリッ...
米国の老舗成人向けメディア「PLAYBOY」が最新のデジタルカバーにプエルトリコ出身の男性アーティスト、バッド・バニーを起用。マリリン・モンローやナオミ・...
いつでもどこでもスマホがあれば、AR技術でアーティストのライブが見れるアプリの紹介。広告なしでダウンロードしたあとすぐに聞ける。新しいアーティストとファン...
ドイツの連邦金融裁判所は、テクノミュージックを正式な音楽ジャンルのひとつとして認め、チケットの税率を引き下げることを決定した。
ジャマイカ発祥の「レゲエ音楽」が登録されました。ユネスコは、ボブ・マーリーやジミー・クリフに代表されるピースフルな音楽が、多くのアーティストにインスピレー...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
英国発のフレッシュハンドメイドコスメを展開するLUSHが、短編ドキュメンタリー映画『We the Bathers』を企画制作。
アメリカの自動車ブランド「シボレー」が「ディズニー」とコラボ!新型の「Bolt EUV」のプロモーション動画を発表した。
ここ数年の間にニューヨークのサイクルシーンはめまぐるしく変わった。メッセンジャーたちによってストリートから生まれたピストのムーブメントがひと段落し、いまの...
あの子も、この子も、そして、わたしも。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
1985年にスタートした、つげ義春のシリーズ連作漫画『無能の人』。主人公の助川助三は、多摩川の河川敷で拾った石を掘建て小屋に並べ、その石を売る。妻に愛想を...