有名女性アーティストが語る「アラフォーの強み」

30代、40代なら『Give me a Shake』や『 Never gonna stop it』、20代なら『Tacata'』で知ったという人も多いかも。女性ダンス&ボーカルグループ、MAXのイメージは世代や人によって様々。なんせ今年でデビュー20周年。これだけの長期間、第一線で活躍できるグループは決して多くありません。

DSC06238

そのエネルギーの源を最新インタビューでの発言から探ってみましょう。アラフォーである彼女たちの言葉は、同世代の女性にとっても金言となるはずです。

「自分はこうじゃなきゃ」と
決めつけていない

mx_000013995897_Large

「MAXは、音楽はもちろん、ファッションやメイクも時代に合わせて変えていっているんです。今振り返ると個人的には『似合ってないな〜』という時期も( 笑)。でも、好みに関係なくいろんなスタイルにトライできたおかげで自分たちのキャラクターや年齢にあった魅力を今出せている部分はあると思う。女性にとって外見的な部分でのチャレンジって大事ですよね」(LINA)

「自分たちでこうじゃなきゃダメだって決めるのってマイナスだと思う。MAXも時代によって、その時々でいろんな曲をやってきて。その経験が強みになっていると思いますね」(MINA)

仕事仲間とは
適度な緊張感を保っている!

max-327369059

「私たちはデビュー時に結成されたグループではなく、レッスンを受けていた時代からずっと一緒なんですよ。なので、経験値が似ているぶん、今では家族のような感覚ですね。でも、仲良しなだけじゃなくて、レッスン当時からの音楽に対する想いを知っているから、ずっとライバルでもいられるんです」(MINA)

「ライバルだけど、家族でもあるから弱い部分も見せられる。で、それもちゃんとお互いに受け止められる。自分一人だけでやっていると、パンクしそうになることもあるから、仲間の存在はすごく大きいですね」(NANA)

「あと、アラフォーにもなると、メンバー全員の経験値を合わせると、世の中のたいていのことは経験しています。MINAやREINAは結婚や出産も経験してるし、そういうグループって珍しいと思う。あとは…離婚ぐらい(笑)?」(LINA)

精神的な不調は
肉体的に解消する!?

max-69416637_Large

「落ち込むことはよくあります。そんな時はランニング…とまではいかなくて、ただただ歩きますね。それもウォーキングとかじゃなくて、単なる散歩で十分。精神的に不調な時は、あえて肉体的に発散する。これが一番効くと思います!」(NANA)

「就寝前にホームベーカリーのタイマーをセットしておいて、その香りで起きる。で、朝食は焼きたてパンを頬張るっていうのが、私のリフレッシュ方法。食べるっていう行為も、精神的に影響しますよね」(LINA)

自分に自信があれば
流されてもOK!

mx-172828892

「10代や20代は周りからの影響を受けやすいし、精神的に弱いから、自分を守ろう守ろうとしちゃうけど、アラフォーはそれまでの経験のおかげで芯ができて、いろんなことを受け入れられる。それが一番の強みだと思う」 (LINA)

「例えば、私たちにとって『Tacata'』は一つの転機で。すごくユニークな曲で、今までの自分たちならやらないような…。それをちゃんとMAXのイメージに変えられたのは、とても大きかったし、成長できてるんだなって感じました」(MINA)

「20年経って、まだまだ新しい何かにチャレンジしたいって常に思ってます。その気持ちがある限り、いろんなことに笑顔でいられるし、これからも続けていけるって思いますね」(NANA)

《リリース情報》
2015.12.23 ON SALE
ALBUM『MAXIM PERFECT BEST』(avex trax)
3CD+DVD¥4,860+税
3CD+Blu-ray¥5,400+税
3CD¥3,780+税
詳細はこちら⇒http://avex.jp/max/max-special/
MAX(マックス)

沖縄出身のダンス&ボーカルグループ。現在は英語を独学で習得した努力家LINA、2児の母MINA、特技は書道という意外な一面を持つNANAの3人で活動中(REINAは育児のため活動休止中)。紅白出場5回、シングルとアルバム計51作で1161万枚売上げを記録。結成20周年を記念して作られたベストアルバム『MAXIM PERFECT BEST』(avex trax)が好評発売中。オフィシャルサイト⇒http://avex.jp/max/

コンテンツ提供元:M-ON! MUSIC

「2019年にサブスク解禁した有名アーティスト」を整理してみました。
2020年にサブスク解禁「してほしい」有名アーティストをまとめてみました!
これからも進化していくバーチャルダンスパーティー「We Come In Peace」。ニューヨークを拠点にするアーティストTin NguyenさんとEdw...
米国の老舗成人向けメディア「PLAYBOY」が最新のデジタルカバーにプエルトリコ出身の男性アーティスト、バッド・バニーを起用。マリリン・モンローやナオミ・...
10月より東京も対象となったことでさらなる注目を集めているGo To トラベルキャンペーン。この記事ではGo To トラベルキャンペーンを使っていける京都...
ドイツ・ベルリンで、毎月最終土曜日に開催されるテクノイベント「STAUB」。事前予約サービスを廃止していて、みんなが同じ料金を払うのがお決まりです。
メイクアップアーティストのMay Sumさんは、商売道具のコスメをメイク道具として使うだけではなく、口紅そのものを彫り鑑賞物に生まれ変わらせてしまったのです。
いつでもどこでもスマホがあれば、AR技術でアーティストのライブが見れるアプリの紹介。広告なしでダウンロードしたあとすぐに聞ける。新しいアーティストとファン...
「旅行者」と「ローカルアーティスト」をつなぎ、ディープでユニークなアクティビティを企画・提供する旅行会社が人気を集めている。そのアクティビティの内容とは....
子供の優しい気遣いのようなユーモラスなこの作品は、ドイツ人アーティストJan Vormannさんによるプロジェクト。ヨーロッパ、アジア、アメリカなど世界4...
今月21日から数量限定で発売される「ヘネシー V.S エンド・オブ・イヤー 2020 ゴールドボトル」は、来年への期待を込めたキラキラの黄金色がまぶしい!
「アーティストが住みついたビル」というコンセプトの新しいスポットが、2017年9月16日にオープンした。場所は、日本橋。一棟ビル丸ごと使ってアート・音楽・...
世の中には、様々なアーティストが存在するが、ペーパーカッティング・アーティストのPippa Dyrlagaもその1人。彼女が使うツールは、紙とペンカッター...
アメリカを代表する美術館である「ロサンゼルス現代美術館(MOCA)」が、親交のあるアーティスト9人がデザインしたアートマスクを発売する。ヴァージル・アブロ...
メルセデス・ベンツがモーターショーに向けて用意したこのトラック。痛車のようなデコトラのようなアーティスティックなトラックが、アメリカ人アーティストAlek...
音楽ストリーミングサービス「Spotify」が世界各国で話題となっている新人アーティストを紹介するプログラム「RADAR」をローンチ。今月は36人の新人ア...
死ぬ夢の意味とは?夢占いの専門家が人、夢のなかでの死因、状況別に死ぬ夢を紐解いていきます。
京都西陣織の正絹を使用した「和のますくす」に秋冬の新作が追加。伝統的で落ち着きのある柄は、和装はもちろん、フォーマルにもカジュアルにも似合う。
Spotifyで公開された一曲が話題に。そのアーティスト名には意味不明の文字が並び、曲名も「҉.·.·* ́ ̈.·*:・✧๑ඕั ҉」」と言語化すら不可...
スペイン人アーティストSiiGiiが製作した浮き輪スーツ「FLOATING ABOVE LIMITS」。紫外線アレルギーでも太陽を浴びながら海水浴したいと...
デジタルアートを駆使して、摩訶不思議な街を生み出しいるのは、バルセロナを拠点に活躍するアーティストのVictor Enrich。映画「インセプション」ばり...
米「コロンビアビジネススクール」の研究者らは「人は自分の性格と似たアーティストの音楽を好む」ことを発見した。
マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
名言。この言葉に感化されたアーティストのJustin Petersは、人類が未知へと足を踏み入れた夢のような現実を生み出した。彼の世界の中は、可能性に満ち...