71歳〜105歳の女性アーティストが「森美術館」に集結!

人種や民族、信条やジェンダーなど、多様なアイデンティティの不均衡を正そうとする動きが世界中の至るところで盛んになっている。

それは、現代アートの分野においても然り。

どうやら、この10年ほどの間、半世紀以上にわたり活動を続ける女性アーティストたちに注目が集まっているという。

東京・六本木の「森美術館」で来年4月22日(木)〜9月26日(日)に開催されるのは、70代以上の女性アーティストたち(最高齢は105歳!)に注目した「アナザーエナジー展:挑戦しつづける力──世界の女性アーティスト16人」

活動拠点も表現方法も異なる彼女たちの初期作から最新作までが一堂に会する企画展だ。

たとえば、日本からは、三島喜美代氏による新聞や空き缶をモチーフとした立体作品や、宮本和子氏によるミニマリズムを日本的視点から考察した作品などがラインナップ。

そのほか、スイス生まれのユダヤ人であるミリアム・カーン氏による木炭のドローイングや、ブラジルで活動するポーランド系移民、アンナ・ベラ・ガイゲル氏のインスタレーションなど、多種多様な作品が並ぶ。

広い世界時代の変遷人生の歩み……あなたは一体何を感じ取るだろうか。

三島喜美代 《作品 19-C5》 2019年 シルクスクリーン印刷した陶に手彩色、鉄 サイズ可変 Courtesy: Taka Ishii Gallery Mishima Kimiyo Work 19-C5 2019 Silkscreen-printed and painted ceramic, iron Dimensions variable Courtesy: Taka Ishii Gallery
宮本和子 《ブラック・ポピー》 1979年 黒い糸、釘 274×183×213 cm Courtesy: Exile, Vienna, and Take Ninagawa, Tokyo 展示風景:A.I.R.ギャラリー(ニューヨーク)1979年
ミリアム・カーン 《美しいブルー(13.05.2017)》 2017年 油彩、キャンバス 200×195 cm Courtesy: WAKO WORKS OF ART 撮影:Daniel Martinek
アンナ・ベラ・ガイゲル 《サーカ》 2006年 展示風景:「サーカ」エヴァ・クラビン財団(リオ・デ・ジャネイロ)2006年

アナザーエナジー展:挑戦しつづける力──世界の女性アーティスト16人

【会期】2021年4月22日(木)〜9月26日(日)※会期中無休
【会場】森美術館(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 53階)
【開館時間】10:00〜22:00(火曜日のみ17:00まで)
※5月4日(火)は22:00まで
※入館は閉館30分前まで
※入館料は決まり次第告知

Top image: © iStock.com/pixelfit
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
イギリスでは、ストレス解消を求めて、美術館に足を運ぶ人が増えるかもしれません。思いっきり汗を流せる運動でも、心をからっぽにできる瞑想でもありません。美術館...
2018年11月11日にオープンした美術館「ジャミール・アートセンター」。ヴェルサーチが手がけたホテル「パラッツォ・ヴェルサーチ・ドバイ」の近くにあるので...
11月19日から東京・六本木の「森美術館」で近未来の人間像を考察するための展覧会「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命——人は明日どう生きるか」が開催。
アメリカを代表する美術館である「ロサンゼルス現代美術館(MOCA)」が、親交のあるアーティスト9人がデザインしたアートマスクを発売する。ヴァージル・アブロ...
オフィスでカップ麺を食べる時、デスク周りの小物やPCなどに汁がハネるのを防いでくれる画期的なアイテム「麺ウォール」。通常はB5ノートほどの大きさ、閉じてい...
米「J・ポール・ゲティ美術館」が「あつまれ どうぶつの森」に本物のアート作品を持ち出せる新機能「Animal Crossing Art Generator...
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
六本木・森美術館で6月11日(日)まで開催中の『N.Sハルシャ展-チャーミングな旅-』が、SNSに特化した(とも思える)独特の手法で展示をし、観客を集め、...
Denver Art Museum(デンバー美術館)で現在展示されているJonathan Saizさんのアート作品が話題。1万もの小さな絵から成るこの作品...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
環境を守るために人を雇用していこうという考え方を意味する言葉「グリーンジョブ」。新型コロナウイルスの流行をきっかけに今、注目を集めています。海外の取り組み...
鮮やかな色の光が、木々のあいだを駆け巡る。森の中に大量のLEDを置いて…?と一瞬思ってしまいますが、これはすべて拡張現実(AR)での世界。森の映像にグラフ...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
2200の建築パーツと6000以上のアート作品を自由に組み合わせて、オリジナルの美術館が作れるオンラインゲームが誕生。
外で食べるカレーっておいしい。そこで!庭園や公園を眺めながら食べられるおいしいカレーを集めました。弥生美術館・竹久夢二美術館に併設されているカフェ、夢二カ...
オンライン美術館の常識を変える「VOMA」が8月14日オープン。作品の展示だけでなく、外観や内装など美術館というハコもバーチャルで作り出した。「オルセー美...
エコな自然素材ででき、調湿効果でごはんを美味しく保てるなど広い世代に人気の「曲げわっぱ」のお弁当箱について、メリットやおすすめ商品をご紹介。節約やダイエッ...
「MINOTAUR INST.(ミノトール インスト)」の「2L ANTARCTIC DOWN」の紹介です。
5月にセーヌ川にオープン予定の美術館があります。その名も「Fluctuart」。入館は無料で、年中開館することになるんだとか。屋根の上からはグラン・パレを...
“100人の100歳越えによる100歳になるアドバイス”をまとめたWEBサイトの紹介です。
2023年にオープン予定のベイルートの美術館「Beirut Museum of Art」。ポイントはなんといってもその独創的な外観。70ものバルコニーから...
モスクワ出身のアーティストevgeny chesさんは、街にあふれるストリートアートを森の中に持ち込みました。しかしそれは、森を汚してしまう「落書き」では...
ポーランドの西ポモージェ県にある「Krzywy Las(英語名:Crooked Forest)」。直訳すると「歪んだ森」。その名のとおり、そこに生える木々...
ストリートカルチャーの4大要素としても知られるグラフィティアートに特化した美術館「Museum of Graffiti」がフロリダ州マイアミに誕生!