サイボーグアーティスト「Moon Ribas」インタビュー【vol.3】

ムーン・リバス——。

バルセロナに拠点を置くアーティストで、「Cyborg Foundation」の共同創業者でもある彼女は、世界初のサイボーグ女性として知られている人物。イーロン・マスクの「ニューラリンク」が話題になったように、人体にセンサーやチップを埋め込む未来は現実になりつつあります。

前回の記事では、彼女のサイボーグ体験談について触れましたが、今回は彼女が考える私たちの未来、そしてテクノロジーと人間のあり方について考えていきたいと思います。

©Carlos Montilla, Set director Rebeca Sueiro

──あなたのアートは、私たち人間の可能性を見せてくれているように感じます。社会や人間の未来をどのように想像していますか?

 

私はふたつの異なる未来を想像しています。

ひとつは今のまま、同じダイナミックさで、より技術的な社会、より多様な社会など現在のあり方が拡張していく未来です。

そして、もうひとつはまったく逆で、より多くの人が土地を耕し、ほとんど飛行機に乗らない過去のような未来です。これは、コロナの影響で特定のエリアで長く過ごすようになり、生活習慣が変わった人も多いからです。

 

──たしかに多くの人が郊外に移住したり、生活習慣もガラッと変わりました。今注目しているテクノロジーはありますか?

 

テクノロジーを搭載した服や、より持続可能な技術、3Dマシン、ドローンなどさまざまなテクノロジーに関心があります。最近発表した「Seismic Garment」という作品では、ソフトロボティックスの技術を使い、感振センサー搭載の服を作りました。地球上のどこかで地面の揺れが感知されるたび、服を通じて感じることができます。

 

──何か新しい技術を発明してみたいとは思いますか?

 

廃棄物やプラスチックから、新しいものを生み出す技術が必要だと思います。もっともっと、私たちが地球に与えるインパクトを軽減しなければなりません。

 

──最後にこの記事を読んでいる読者にメッセージをお願いします。

 

未来を考える際に、SFのような世界やテクノロジーだけで考える必要はありません。ほかの種族や動物の生き方、地球の仕組みなどから多くのインスピレーションを得て創造することができるからです。

また、テクノロジーをどのように使うかを決めるのは私たち自身です。

現実から遠ざかるために使うことも、現実につながってゆくために使うこともできるのですよ。

©Jose Arranz
©Michael Sharkey

ムーン・リバスさんへのインタビューを通してわかったのは、未来がどうなるかではなく、どういった未来を私たちが望むのか、そして私たちがテクノロジーをどう使うかが重要であるということです。

現代の生活で地球の息吹を感じることは、日に日に難しくなっています。しかし、感じないからといって、存在しないわけではありません。

四季に恵まれ、自然との対話を重んじてきた日本だからこそ、テクノロジーと自然のあり方に大きく貢献できる可能性があるのではないでしょうか。

Top image: © Eloi Guri

関連する記事

サイボーグアーティスト「Moon Ribas」へインタビュー【vol.1】
サイボーグアーティスト「Moon Ribas」へインタビュー【vol.2】
これからも進化していくバーチャルダンスパーティー「We Come In Peace」。ニューヨークを拠点にするアーティストTin NguyenさんとEdw...
ヴェイパーウェイヴの代表的アーティスト、Vektroidことラモーナ・アンドラ・ザビエルが、ブラジルのメディア「I Hate Flash」に登場。貴重なイ...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
サンフランシスコ市長London Breed氏は、経済復興政策の一環としてアーティストに対する「ベーシックインカム」プログラムの開始を発表した。
2020年にサブスク解禁「してほしい」有名アーティストをまとめてみました!
音楽ストリーミングサービス「Spotify」が世界各国で話題となっている新人アーティストを紹介するプログラム「RADAR」をローンチ。今月は36人の新人ア...
「2019年にサブスク解禁した有名アーティスト」を整理してみました。
アメリカを代表する美術館である「ロサンゼルス現代美術館(MOCA)」が、親交のあるアーティスト9人がデザインしたアートマスクを発売する。ヴァージル・アブロ...
自分で焼いてつくる、BBQ専用おせんべい「Baker」
米国の老舗成人向けメディア「PLAYBOY」が最新のデジタルカバーにプエルトリコ出身の男性アーティスト、バッド・バニーを起用。マリリン・モンローやナオミ・...
メイクアップアーティストのMay Sumさんは、商売道具のコスメをメイク道具として使うだけではなく、口紅そのものを彫り鑑賞物に生まれ変わらせてしまったのです。
「ルイ・ヴィトン」が、アーティストとの創業以来のコラボレーションを振り返る展覧会「LOUIS VUITTON &」を、3月19日〜5月16日、東京・原宿に...
11月22日、世界的アーティスト「草間彌生」の半生を追ったドキュメンタリー映画「草間彌生∞INFINITY」が公開となる。
来年4月22日(木)より、70代以上の女性アーティストに注目した「アナザーエナジー展」が東京・六本木の「森美術館」で開催される。
ドイツ・ベルリンで、毎月最終土曜日に開催されるテクノイベント「STAUB」。事前予約サービスを廃止していて、みんなが同じ料金を払うのがお決まりです。
古代から見上げる人々の心を癒やし、宇宙への夢と憧れを象徴する存在であった月。イギリスのアーティストLuke Jerramさんは、NASAが撮影した画像を元...
「旅行者」と「ローカルアーティスト」をつなぎ、ディープでユニークなアクティビティを企画・提供する旅行会社が人気を集めている。そのアクティビティの内容とは....
ニューヨークを拠点とするアーティスト、Hrafnhildur Arnardóttirさんが作った作品に共通して言えるのは、どれも得体の知れないモジャモジャ...
3Dメイクを手がけることで有名なイタリアのメイクアップアーティストLuca Luceさん。以前は自分の手のひらにモノを描くことで注目されていたのですが、現...
世の中には、様々なアーティストが存在するが、ペーパーカッティング・アーティストのPippa Dyrlagaもその1人。彼女が使うツールは、紙とペンカッター...
メルセデス・ベンツがモーターショーに向けて用意したこのトラック。痛車のようなデコトラのようなアーティスティックなトラックが、アメリカ人アーティストAlek...
ヴェイパーウェイヴがわかりにくいのはなんでだろう? 音楽ジャンルの名前として見るか、一連のムーブメントの名前として見るかで、捉え方が大きく変わるということ...
いつでもどこでもスマホがあれば、AR技術でアーティストのライブが見れるアプリの紹介。広告なしでダウンロードしたあとすぐに聞ける。新しいアーティストとファン...
デジタルアートを駆使して、摩訶不思議な街を生み出しいるのは、バルセロナを拠点に活躍するアーティストのVictor Enrich。映画「インセプション」ばり...
「アーティストが住みついたビル」というコンセプトの新しいスポットが、2017年9月16日にオープンした。場所は、日本橋。一棟ビル丸ごと使ってアート・音楽・...
フェリシモが展開する、チャレンジド(障がいのある人たち)の個性や能力を活かすプロジェクトCCPがプロデュースしているファッション雑貨のブランド「UNICO...
研修や会議で「ん?今、なんて言った?」というような言葉が出てくることはありませんか?そんな疑問を解決すべく、知ってしまったら使いたくなるカタカナ語を紹介。...
京都生まれのマサチューセッツ育ち。現在、シカゴで活動しているセン・モリモト。ルックスは、チルなスタイルにロングヘア。25歳(インタビュー当時)。彼はとんで...