「バーニングマン」に参加後、仕事をやめてアーティストになった男性

バーニングマンといえば、砂漠のど真ん中に1週間だけ街が生まれる伝説の野外フェス。あるのは仮設トイレと食料の鮮度を保つための氷のみ。命の保証はなく、"No Spectators(傍観者になるな)"という合言葉のもと自己責任で非日常を味わい、高さ20mを超える巨大な人形「ザ・マン」を燃やして幕を閉じることで知られています。

ここで紹介するのは、そのバーナー(燃やす者:参加者)のひとり。なんとイベントに参加した後、仕事をやめてアーティストになっちゃったんだとか!

砂浜に巨大な絵を描く
アーティスト

Andres Amador氏(44歳)は、1999年に開催された「バーニングマン」に参加したことがきっかけで仕事をやめ、アーティストへと転身した男性です。

彼は環境科学の教育学士で、それまでアメリカ政府が運営しているボランティア計画「Peace Corps」で働いていました。イベントに参加した時のことについてこうコメントしています。

「写真や物語では語り尽くせません。人生にある無限の可能性や、どんな生き方だって手作りできるんだという視点に気づかせてくれました」

ここでは、これまで彼がビーチに描いてきた巨大なサンドペインティングを、「Dlightful Stories」で語られたコメントとともに紹介します。

「30歳までの私は、水の流れに逆らうことなく、ただただ河を下っていく一枚の葉と同じでした。しかし、想像できないような体験に触れたことで人生が変わりました」

「今までの生活や仕事にどれだけ満足していなかったか。心のなかにある想いを、声に出せていないことに気付いたんです」

「バーニングマンで出会った人々は、流れの外に出る勇気をくれました。その後、私は仕事をやめました」

「ある人がこう言ったんです。『川の流れに身を任せているのは、死んだ魚だけだ』と」

「私は、子供の頃から絵を描くのが大好きでした。ある日ビーチで気がついたんです。絵は、紙の上じゃなくても描けます」

「ビーチに描いた絵は必ず消えます。だからこそ、いつも新しい何かを生み出す勇気をもらえます。私はその感覚を世界中の人々に知ってほしいんです」

時には30平方キロメートル(厳島の面積と同等)にも及ぶという巨大な作品の数々。その他はInstagramFacebookYouTubeでチェックできます。動画はこちらから。

Licensed material used with permission by Andres Amador(Instagram), (Facebook)
近年、“映え”目的のインスタグラマーやオールインクルーシブのパッケージツアーで参加する人が増えているそうです。
今年5月に、台湾で開催されたサンドアート世界大会の優勝作品『宮本武蔵』の生みの親である保坂俊彦さん。日本ではまだ認知度の低い砂像(さぞう)の魅力を、保坂さ...
ドイツ・ベルリンで、毎月最終土曜日に開催されるテクノイベント「STAUB」。事前予約サービスを廃止していて、みんなが同じ料金を払うのがお決まりです。
上から見ないとその全貌が掴めないほど巨大な、路上のペインティング。圧倒的なスケール感で街中に登場するこれらを見ていると、現実が破れて顔を出したような、不思...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
ロシア人アーティストAlex Shtanukさんは、巨大な“銀の海”を出現させるためにIndiegogoでクラウドファンディング中です。
有史以来、戦い続ける男たち。浮き上がる筋肉は力の象徴。そこに強烈に惹かれたアーティストは、闘志に燃える強靭な肉体を表現するようになりました。みずからの指で...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
世の中には、様々なアーティストが存在するが、ペーパーカッティング・アーティストのPippa Dyrlagaもその1人。彼女が使うツールは、紙とペンカッター...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
これからも進化していくバーチャルダンスパーティー「We Come In Peace」。ニューヨークを拠点にするアーティストTin NguyenさんとEdw...
2019年1月19日から、コンテンポラリーアーティストKAWSによる巨大なアートが、台湾・台北の中正紀念堂の前に足を伸ばすようなかたちで設置されています。...
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
デジタルアートを駆使して、摩訶不思議な街を生み出しいるのは、バルセロナを拠点に活躍するアーティストのVictor Enrich。映画「インセプション」ばり...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
Denver Art Museum(デンバー美術館)で現在展示されているJonathan Saizさんのアート作品が話題。1万もの小さな絵から成るこの作品...
13歳のMuretzは、絵を描くことが大好きな少年。ある日、授業中に描いたラクガキがきっかけで学校を退学になってしまう。その後、15歳にして描きながら生計...
イギリスのアーティスト、Tammillia Eloiseさんは、楽器をキャンバスとして使って、自分の世界観を描いています。彼女の色とりどりの世界が、楽器か...