「PLAYBOY」のカバーに史上初!男性アーティストが登場!

米国の老舗成人向けメディア「PLAYBOY」が最新のデジタルカバーにプエルトリコ出身の男性アーティスト、バッド・バニーを起用。

マリリン・モンローナオミ・キャンベルなど数多くの女性有名人がカバーを飾った同メディアにおいて、男性が起用されるという出来事は創設者のヒュー・ヘフナー氏を例外として史上初

© playboy/Instagram

バッド・バニーはヒップホップとラテン音楽を融合させた“レゲトン”のアーティストとして知られ、個性的なファッションも相まってシーン界隈の若者の間ではカリスマ的な存在。LGBTQ貧困問題にも積極的に取り組むなど、さまざまなメディアから注目を集めている。

ちなみに、「PLAYBOY」は今年より紙媒体での定期的な発行を終了し、デジタル版に移行。

今回の特集記事「バッド・バニーは神を演じていない」はインターネット上に公開されており、マイアミ出身の写真家Stillzが撮影した写真と共に、愛や音楽について語るインタビューが掲載されているようだ。

性別の境目について議論が活発になってきているなかで、リベラルな雑誌であれど、長年受け継がれてきた伝統を変えるのは簡単ではなかったはず。

紙からデジタルへと表現の場を移し、かつてならありえなかったキャスティングで新たな価値を創造する「PLAYBOY」の挑戦は、時代の変わり目ともいえる、象徴的な出来事であることは間違いない。

Top image: © Alex Millauer/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

現地時間9月27日に、『PLAYBOY』の創刊者として有名のヒュー・ヘフナー氏が死去。彼の自慢の豪邸、プレイボーイ・マンションにて静かに永眠になった。月刊...
ヒップホップの黎明期を切り取った、伝説的ドキュメンタリー映画『Style Wars』が、製作から38年後の今年、劇場公開される。スクリーンいっぱいに広がる...
ニューヨーク市議会によって、ヒップホップの聖地でもあるブロンクス地区に建設される複合施設に『Universal Hip Hop Museum』と名付けられ...
発売後間もなくして完売した「初のジャパニーズヒップホップ写真集」の重版が決定!著者にお話を聞いた。
「Amazon.com」の創業者であるJeffrey Preston Bezos(ジェフリー・プレストン・ベゾス)が設立した航空宇宙企業「Blue Ori...
発売後間もなくして完売した「初のジャパニーズヒップホップ写真集」が重版決定!著者にお話を聞いた。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
ファッション、アート、音楽を扱うニューヨーク拠点の老舗雑誌『PAPER MAGAZINE』の表紙にレディー・ガガが登場。サイボーグをイメージしたヌード姿が...
1953年にアメリカで創刊されて以来、世界中で販売されている月刊雑誌『PLAYBOY』。その表紙を飾るのは、プレイメイトと呼ばれるセクシーな美女たちだ。あ...
8月25日、「サザビーズ」が初めてヒップホップに焦点を当てたオークションを開催すると発表。1980年代半ばから90年代半ばまでの“ヒップホップ黄金時代”に...
「University of California, Los Angeles(通称:UCLA)」が管理する研究所「Lawrence Berkeley Na...
ビースティ・ボーイズを代表する1曲といえば、『サボタージュ(Sabotage)』。今でもジャンルを超えて、様々なアーティストやバンドにカバーされているほど...
iPhoneだけでなく、InstagramやFacebookも対応して、かなり身近な存在になったAR。改めてではあるんですけど、雑誌との相性は良さそうです。
2015年9月1日、広島県が「世界初」の手法で地域PRを始めました。何が初めてって、その“視点”。にゃんと、ヒトではなく、ネコの目線で街の魅力が紹介されて...
コラムニストのべンです!今回はラッパーA$AP Rockyのクールなリベンジについて紹介します。
ニューヨークのブロンクスに新しい博物館がオープンします。読者のみなさんは「どうしてベンは、東京から1万kmも離れた場所にできる建物を紹介するのか?」と思う...
日本でも「ビコマナ」の愛称で親しまれる姉弟ユニット。今回は椎名林檎の『長く短い祭』をカバーした動画をYouTubeに投稿して話題になっている。
「Professor of Hip-Hop」の名前で知られているA.D. Carsonは、ヒップホップが研究分野。Ph.Dを獲得したクレムゾン大学に提出し...
Spotifyのプレイリストをシェアできるプラットフォーム「DIGLE」のオウンドメディア「DIGLE MAGAZINE」。
ストリートカルチャーの4大要素としても知られるグラフィティアートに特化した美術館「Museum of Graffiti」がフロリダ州マイアミに誕生!
ヒップホップグループ「ブラック・アイド・ピーズ」を率いるウィル・アイ・アムが、このたび、かなりカッコいいマスクをリリースした様子。
渋谷センター街の路上にて「ストリートサッカー」が初開催!小さなスペースでできる手軽さから渋谷の新たなカルチャーになることが期待されている。
鳥の巣箱を使ったストリートアート。道路標識や壁など、街中の何気ないところに設置されたそれは、まるで宝探しみたいで見ているだけでもおもしろい。
「THE NORTH FACE」の機能的なマタニティウェアに、初のユニセックス商品が仲間入り。
世界的ファッション雑誌『Vogue』のイタリア版は“真っ白な表紙”の4月号を発表した。異例となる老舗雑誌の決断に注目が集まっている。
蛍光グリーンのブルゾンに、作業用の保護メガネ、胸元にはゴールドのブリンブリン。どこからどう見てもラッパー風情のこの男(Ian Solomon-Kawall...
Tinderと同じくらい人気のある「Bumble」が雑誌を出版すると発表しました。どうやってデートをスムーズに進めるのか?など、実生活で役立つ情報を提供す...
「世界一高いホテルのスイートルームのひとつ」と報じられているのは、ラスベガスのパームズ カジノ リゾートに新しくできた一室。宿泊料金は1泊なんと10万ドル...
Marriam Mossalliさんが手がけるスタイルブック『Under The Abaya: Street Style from Saudi Arabi...