「PLAYBOY」のカバーに史上初!男性アーティストが登場!

米国の老舗成人向けメディア「PLAYBOY」が最新のデジタルカバーにプエルトリコ出身の男性アーティスト、バッド・バニーを起用。

マリリン・モンローナオミ・キャンベルなど数多くの女性有名人がカバーを飾った同メディアにおいて、男性が起用されるという出来事は創設者のヒュー・ヘフナー氏を例外として史上初

© playboy/Instagram

バッド・バニーはヒップホップとラテン音楽を融合させた“レゲトン”のアーティストとして知られ、個性的なファッションも相まってシーン界隈の若者の間ではカリスマ的な存在。LGBTQ貧困問題にも積極的に取り組むなど、さまざまなメディアから注目を集めている。

ちなみに、「PLAYBOY」は今年より紙媒体での定期的な発行を終了し、デジタル版に移行。

今回の特集記事「バッド・バニーは神を演じていない」はインターネット上に公開されており、マイアミ出身の写真家Stillzが撮影した写真と共に、愛や音楽について語るインタビューが掲載されているようだ。

性別の境目について議論が活発になってきているなかで、リベラルな雑誌であれど、長年受け継がれてきた伝統を変えるのは簡単ではなかったはず。

紙からデジタルへと表現の場を移し、かつてならありえなかったキャスティングで新たな価値を創造する「PLAYBOY」の挑戦は、時代の変わり目ともいえる、象徴的な出来事であることは間違いない。

Top image: © Alex Millauer/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

現地時間9月27日に、『PLAYBOY』の創刊者として有名のヒュー・ヘフナー氏が死去。彼の自慢の豪邸、プレイボーイ・マンションにて静かに永眠になった。月刊...
ニューヨーク市議会によって、ヒップホップの聖地でもあるブロンクス地区に建設される複合施設に『Universal Hip Hop Museum』と名付けられ...
発売後間もなくして完売した「初のジャパニーズヒップホップ写真集」の重版が決定!著者にお話を聞いた。
発売後間もなくして完売した「初のジャパニーズヒップホップ写真集」が重版決定!著者にお話を聞いた。
明日3月2日(火)、大阪・北堀江にアースフレンドリーで楽しいブランドを独自にセレクトしたショップ「Fav_Our_Planet(ファヴ・アワ・プラネット)...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
ファッション、アート、音楽を扱うニューヨーク拠点の老舗雑誌『PAPER MAGAZINE』の表紙にレディー・ガガが登場。サイボーグをイメージしたヌード姿が...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
「思いっきりメイクやオシャレを楽しめるマスク」を目指して開発された「BDP mask for make up」(税込2,790円/2枚入り)が、3月2日(...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...