A$AP ROCKYの「最高にクールな」リベンジーーベンのトピックス

みなさん、週末もベンのトピックスをお楽しみください。

このトピックスの読者なら、ベンが音楽を大好きなのをご存じですよね!TABI LABOのミュージックインタビューシリーズ「Pulse」でインタビュアーもやっています。それに、ヒップホップ博物館の記事を書くくらい、ベンは音楽(特にヒップホップ)に詳しいほうなんです。

高校生の頃、1990年代のヒップホップを毎日聴いてました!その頃に聴き始めたのが、カニエ・ウエストとA$AP Rockyです。
Rockyは88年生まれだから、年齢はベンとそんなに離れていないし、ラップと服のスタイルもカッコよくて、2011年に自主リリースしたミックステープ「Live. Love. ASAP」を聴いたら、青春のアルバムをめくるようなものです。

オンライン上で人気のあるインディーズ・ラッパーだったRockyも、いまではDiorモデル&ラップ・スーパースターです。でも、今年の春、スウェーデンで起こした暴行事件により逮捕されてしました。事件のビデオがインターネットで拡散し、国際事件にも発展。Rockyはおおよそ1ヵ月間、暴行容疑で拘束され、今年の8月に出所しました。

このRockyの釈放を、トランプ大統領がダジャレツイートで喜んでいましたね。

刑務所から釈放されたA$AP Rockyは、スウェーデンからアメリカ合衆国への帰り道、ロッキーな(大変な)一週間となった。A$APはASAP(至急)で家に帰ってください!

(英語としても、このダジャレは面白くない……トランプ大統領はダサいよ)

イントロダクションが長くなってしまったけど、不正に拘束された(何回もビデオを観たベンの意見です)暴行事件のことより、今回はRockyのリベンジについて書こうと思っていたんです……カッコいいリベンジ。

Rocky's リベンジ

ベンが子どもの頃のラッパーのリベンジといったら、それは暴力でした。2パックとノトーリアス・B.I.G.のビーフやRun-D.M.C.のジャム・マスター・ジェイが銃撃され死亡したのは怖かったです。

そんな過去を知っているからこそ、釈放されたRockyの第一声「俺は別にスウェーデンの人たちを恨んでいたりはしないよ」を聴いたとき、ベンは「ラップコミュニティが成長したな」と思いました。

でも、Rockyはもっと素晴らしい意志を伝えてくれました。「スウェーデンで過ごした時間は、自分と同じ受刑者たちと会うチャンスになった。ただ俺と同じ立場なのに移民の人々には必要なサポートがなかった。俺は芸能人だし、国際的なニュースにもなって米国大使館が手助けもしてくれたけど……。出会った移民たちはそういうサポートのない国から来ているんだ」
(※ベンの意訳です)

Rockyは刑務所で過ごした1ヵ月を経験して、こういう苦境を変えたいと使命感を覚えたんです。

さっそく来月11日には、スウェーデンに戻りストックホルムのエリクソン・グローブで開催予定のライブ出演予定です。その収益から、ファッション・アイコンであるRockyが新しくデザインした刑務所のユニフォームの提供や施設のリフォームの提供を計画。他に、収益の一部をスウェーデンの移民支援団体であるFARRにチャリティとして寄付するそうです。

Rockyは、一緒に拘束された受刑者たちは悪い人じゃないし、将来その人たちを応援・サポートしたいという内容のコメントもしています。

ベンも同じように考えています。犯罪者(特に難民)に厳罰を課すのは役に立たないことだと思います。厳罰を受ける人は、再犯する可能性は上がるはずです。Rockyの様な芸能人から声が上がるのは素晴らしいことだと思います。ベンはもともとRockyファンだけど、今回のような“カッコいいリベンジ”の報道を知って、より尊敬するようになりました。

Top image: © Edward Berthelot/Getty Images
世田谷在住のイギリス人・ベンのトピックス読んで!
ニューヨークのブロンクスに新しい博物館がオープンします。読者のみなさんは「どうしてベンは、東京から1万kmも離れた場所にできる建物を紹介するのか?」と思う...
「Professor of Hip-Hop」の名前で知られているA.D. Carsonは、ヒップホップが研究分野。Ph.Dを獲得したクレムゾン大学に提出し...
ニューヨーク市議会によって、ヒップホップの聖地でもあるブロンクス地区に建設される複合施設に『Universal Hip Hop Museum』と名付けられ...
一般のクライマーは、どんなところに魅力を感じているんだろう?ボルダリングジム『ROCKY』の品川店に足を運び、声をかけてみました。
ミツロウラップのデビューにおすすめしたい「APIARY MADE」。まずは1年。主張しすぎないデザインもGOODです。
11月はノーベンバーではなくて、ヒゲを伸ばす月「モーベンバー」としても知られているんです。
人気のある音楽ジャンルと聞くと何を思い浮かべるでしょう。ポップスか、はたまたロックか。音楽史において最も影響力のあるジャンルとは一体…。これは、2015年...
2019年のフェスティバル・シーズンのピークになってますよね!今週、ベンはサマーソニックに行ってきます。で、 今回のトピックはベンが何回も行ったことあるし...
ドナルド・トランプとボリス・ジョンソンのSNS施策は、信じられないようなことをやっています。
コラムニストのベンです!今回は「アンフルエンサー」ということについて紹介します。
アメリカ・ニューヨーク発祥のハンバーガーチェーン「シェイクシャック」がお家キャンプのグッズを発売。新型コロナウイルスの影響で、さまざまなイベントが中止、延...
日本にはないイギリスのチャリティー・ショップの紹介です。なんで日本にはないのでしょう?
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今日はベンの告白の日です。イギリス人のイメージと言えば紅茶ですよね。綺麗な庭での優雅なアフタヌーンティー、真冬の...
10月の「楽天ファッション・ウィーク東京」を結構楽しんで、考えたことを書きます。
みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい! 今日のトピックは、日本メディアですでに話題になっているけど、この記事で違う視点で紹介したいっていう内容……...
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
米国の老舗成人向けメディア「PLAYBOY」が最新のデジタルカバーにプエルトリコ出身の男性アーティスト、バッド・バニーを起用。マリリン・モンローやナオミ・...
「Airbnb」が「渋谷区観光協会」とコラボしたバーチャルで渋谷カルチャーを探索できる「オンライン体験プログラム」が7月2日より開始された。
コラムニストのベンです! ミレニアル世代は、インフルエンサー世代でもありますよね。今回はママグラマーのお話をします。
「フロリダ・マン(フロリダ州の男)が……」で始まるニュースのヘッドラインは、日本ではありえないようなおかしい内容のことが多いです。今回はそれについて紹介します。
ベンは外国人なんですよ。ロンドンで生まれで、身長193㎝、金髪です。見た目的には“外国人っぽい”外国人です。
こんなにクールな卒論、聞いたことない。小説や詩集、脚本など、様々な創作品を論文として提出できるという、ハーバードの英文学科。ここに所属する学生Obasi ...
なんで若者はみんなSelf-Help本(自己啓発本)やビジネス本みたいなダサい本を読んでるのでしょう?紀伊国屋でもブックオフでも、上島珈琲のテーブルでもそ...
発売後間もなくして完売した「初のジャパニーズヒップホップ写真集」の重版が決定!著者にお話を聞いた。