ハーバード史上初の「ヒップホップ卒論」が、最高にクールだ。

こんなにクールな卒論、聞いたことない。

小説や詩集、脚本など、様々な創作品を論文として提出できるという、ハーバードの英文学科。ここに所属する学生Obasi Shawも、「どうせならクリエイティブな論文にしたい」と考えたひとり。そうして作り上げられたのが、史上最高にカッコイイものだった。

黒人の葛藤を
リリックにのせて

幼少期はクリスチャン・ヒップホップを、大学生になってからはケンドリック・ラマーやチャンス・ザ・ラッパーをよく聴いていたというObasi。そんな彼にとって、「今までにない、面白いをカタチを」と考えたとき、真っ先にラップが思い浮かんだのは自然なことだったのかもしれない。

Dd2a8e121c5545137d05c52400ec3cb1f6e8ca5f

彼が制作したのは、全10曲から構成されるヒップホップアルバム『Liminal Minds』。FBIを舞台にした米人気ドラマ『Criminal Minds』にかけたという。

それだけでなく、直訳すると「感知しづらい気持ち」となるそのタイトルには、法的には自由になったけど、まだどこか不平等さを感じているという黒人たちの「やりきれなさ」も込められている。

リリックも、黒人の葛藤を訴えるものだ(これは、ふたりの偉大なラッパーから受けた影響も大きいだろう)。その歌詞の一部を紹介しよう。

ラップの世界から王座を目指そう、かつてない歴史を作るために

僕らが目指すはホワイトハウス、この勢いは止められない

ジム・クロウ法(人種差別を含んだアメリカ南部の州法)を乗り越えて、オスカーの座を目指すんだ

理屈抜きで
キャッチーな論文

ハーバード大学がHPでも取り上げてから、再生回数が25万回以上にも上っているというこの論文。内実ともに素晴らしく、実際「A-」という評価を得たそう。

担当教官の評判も上々だ。ハーバードで詩の授業を受け持ち、Obasiの論文アドバイザーを務めたBellは、こう語る。

「Obasiのアルバムは、本当に面白い。『カンタベリー物語』の手法を取り入れてるんだよ。10曲それぞれ、違う人の視点から歌っている。そしてアメリカ社会の人種政策を、的確に批評してるんだ。そして何より素晴らしいのは、色んな理屈を抜きにして、驚くほどキャッチーで魅力的なんだ」

ヒップホップファンからも
ポジティブな評価

今まさに話題の渦中にいるObasi自身に、話を聞いてみた。

66f020c4d4d16de3760b1d2f23bcd0cdfa6e3f4c
「このアルバムでは、黒人がアメリカで経験するであろう困難を、ラップにのせて伝えている。僕らのジレンマを、少しでも多くの人に知ってもらうことが目標だ。だから、ハーバードからもヒップホップファンからもポジティブな評価をもらえて、本当に嬉しいよ
「ラップは『芸術』じゃないって考える人も少なからずいるけど、伝統的な『詩』と『ラップ』って、通じるところがあると思わないかい?何百年も前に作られた詩でも、韻が踏まれていることはよくあるしね」
「ひとりでも多くの人が『Liminal Minds』をきっかけに、アメリカに潜む人種問題に思いを馳せてくれたら…。そう願っているよ」

卒業後は、シアトルでエンジニアとしてインターンシップをすることが決まっている彼。ラップも、趣味として続けていきたいと言う。

「ラップは最高だよ。自分の気持ちを何でも言うことができる、ベストな方法さ」

Sound Cloudがうまく表示されない方は、こちら

Licensed material used with permission by Obasi Shaw, (Twitter), (Instagram)
「Professor of Hip-Hop」の名前で知られているA.D. Carsonは、ヒップホップが研究分野。Ph.Dを獲得したクレムゾン大学に提出し...
ニューヨーク市議会によって、ヒップホップの聖地でもあるブロンクス地区に建設される複合施設に『Universal Hip Hop Museum』と名付けられ...
ハーバード大学が今年の卒業スピーチに指名したのは、Facebookのマーク・ザッカーバーグ。ちょっと心配そうな彼がアドバイスを求めた相手は、ちょうど今から...
人気のある音楽ジャンルと聞くと何を思い浮かべるでしょう。ポップスか、はたまたロックか。音楽史において最も影響力のあるジャンルとは一体…。これは、2015年...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。気になるあの人のラック&リコメンド盤3枚をご紹介していきます。
この日は、2015年5月4日に亡くなったヒップホップミュージシャン、D.LことDEV LARGEの1周忌を記念して、彼と縁の深かった友人や知人、音楽ファン...
ビースティ・ボーイズを代表する1曲といえば、『サボタージュ(Sabotage)』。今でもジャンルを超えて、様々なアーティストやバンドにカバーされているほど...
TABI LABOのライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。
デザイナーでアーティストのDawayne Kirklandさんは、自分の履歴書をラップしてウェブメディア会社に応募しました。そのラップ動画が話題となりました。
イスラエル出身のNuseir Yassinさんは、ハーバード大学を卒元エンジニア。しかしただ働くだけでは人生を楽しみきれていないと旅へ。1分間の動画を毎日...
2015年9月18日、米・バード大学の近くにあるディベートクラブにハーバード大学のチームが招待されました。彼らはアイビー・リーグ(ハーバードを含む世界トッ...
「幸せ」。古来より論じられてきたテーマについて、ハーバード大学が科学的に研究するセンターを設立しました。もちろん、闇雲に追いかけるわけではありませんよ!「...
ブルックリン・ネッツでプレーするジェレミー・リン選手は、元NBAオールスター選手であるケニオン・マーティンから人種差別発言を受けました。でも、彼の機転の効...
監督を務めたのは、黒人女性監督のディー・リース。人種差別や偏見を真正面から描いた本作品は、2017年のサンダンス映画祭でプレミア上映された際に絶賛の嵐だっ...
ヒップホップやスケーターカルチャーとリンクした、少しルーズな服装を好む人々にとっては心外な法律である。いわゆる「腰パン」が、アメリカの一部地域で違法となっ...
ニュージーランドの東側、オークランドからフェリーで35分ほど行った先に、自然豊かなワイヘキ島があります。ビーチとブドウ園に囲まれたのどかな場所。そこで暮ら...
2017年は、1960年代の公民権運動の原型ともいえる、最初の反人種差別を訴えたデモから、ちょうど100年目。そこで、ライターEmily Beckerはこ...
舞台は“どん底”と言われるロサンゼルス郊外の街イングルウッド。ヒップホップの全盛期とされる「90年代」が好きすぎる現代のオタク少年マルコムは、ある時イケて...
孤独を感じていたり、社会的に隔離された状態にいることが、フィブリノゲンという血液を凝固させてドロドロにする成分の分泌に関係していることがわかりました。その...
ハーバード大学とMITの研究所が協力をして、新たなソフトロボティック人工筋肉を開発しました。その構造にインスピレーションを与えたのは、日本の「折り紙」でした。