ハーバード卒ブロガーが紹介する、メディアが報じない「中東のリアル」。

ハーバード大学を卒業し、ニューヨークでエンジニアの仕事をしていたイスラエル出身のNuseir Yassinさん。高給を手にしていたようだが、それだけでは人生を楽しめないと自覚し退職。その後、毎日1分間の動画を通して自国や旅で出会った人やスポットを紹介する「Nas Daily」を立ち上げた。

彼が届けるコンテンツは、既存のアジア人や欧米人のトラベルブロガーと比べて、オリジナリティーが高いように思える。加えて、流暢な英語を使い中東のライフスタイルや社会問題まで、メディアが伝えきれない事もわかりやすくまとめている。見ればみるほど新しい発見ができる、そんな気持ちに。

2016年2月にはFacebookページも開設。既にフォロワー数は190万人に達する勢いだ。今や多くの人たちに「ビロガー(ビデオブロガーの略)」として知られている彼のコンテンツは、どうしてこれほどまで多くの人を引きつけるのか?答えは動画を見るとすぐその魅力に気づけた。ここでは得に気になった4つの動画を紹介したい。 

01.
 空港で直面する“爆弾探し”

まずはアラブ人でイスラム教徒のNuseirさんならではの経験を紹介するものから。

彼は空港でセキュリティーチェックうける際、ほぼほぼ通常とは違う“特別なチェック”をうけるとのこと。どういうものかと言うと、手荷物はすべて鞄から出され、撮影に使用するドローンから音声マイク、靴下までくまなく確認されるとのこと。終わった後は、片付けを手伝うこともなく「行っていいよ」と放置されるのがお決まりらしい。

「仕事なんだからしょうがない」と相手に理解を示しつつ、「爆弾なんて持ってねぇよ!」と少々お怒りの様子。彼女と旅行へ行く時は、彼女もNuseirさんの“素性”について探られるんだとか。

02.
住所がない
イスラエルの住宅事情

次に、Nuseirさんの実家があるアラブ人の街アラバについて紹介している動画。宗教間の対立があるイスラエルでは、ユダヤ教徒の友人が彼に「アラバって危険じゃない?」などと質問してくるそう。

地元にある負のイメージを払拭しようとNuseirさん、出身地は問わず動画を見てくれている人全員を対象にして実家へ招待するという、ちょっとクレイジーな企画を発案した。

しかし困ったことに、この街にはそもそも住所がないんだとか。じゃあどうやって探すの?となりますが、GPS座標を使って実家の所在地を説明。それでも結果的に多くの人が集まり家族総出でお出迎えすることとなった。

03.
テルアビブのNight Life

こちらはイスラエルの都市、テルアビブでのナイトライフについて。昼間とはまた違う雰囲気になる街の様子を覗き見ることができる。

Nuseirさんによると、夜のテルアビブではクラブへ行くよりストリートで音楽を流して飲むことが多いんだとか。映像には恐竜やバニーに仮装している男性、猫になりきるお姉さんが街を行き交う姿も。日が落ちるとこんなに陽気な街だなんて、知らなかったなぁ。

04.
エルサレムにある宗教の問題

最後はシリアスな社会問題について。

ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、3つの宗教の聖地となっているエルサレムの複雑な問題についてもわかりやすく1分にまとめている。礼拝所の近くに金属探知機や水が入ったペットボトルなどの異物を置くだけでも、互いを刺激し大きな問題が発生しかねないと説明。教会の外に立てかけられたハシゴでさえ18世紀からずっと動かされていないなど、日本にいたらなかなか耳にしないことばかりだ。

時々イスラエルへ帰国するものの、Nuseirさんは基本的には常に旅の中。面白い「1分動画」はまだまだたくさんあるから、気になる人はチェックしてみて!

Licensed material used with permission by Nuseir Yassin
ハーバード大学が今年の卒業スピーチに指名したのは、Facebookのマーク・ザッカーバーグ。ちょっと心配そうな彼がアドバイスを求めた相手は、ちょうど今から...
中東料理に魅せられた料理研究家兼フードコーディネーターの越出水月。中東料理ジャンキーである彼女がつくるディープな家庭料理とは......?
中東の国々では定番のミックススパイス「ザタール」。どんな料理にかけてもおいしくなる万能調味料なんですが……それって「ふりかけ」じゃないか!
「幸せ」。古来より論じられてきたテーマについて、ハーバード大学が科学的に研究するセンターを設立しました。もちろん、闇雲に追いかけるわけではありませんよ!「...
エコな自然素材ででき、調湿効果でごはんを美味しく保てるなど広い世代に人気の「曲げわっぱ」のお弁当箱について、メリットやおすすめ商品をご紹介。節約やダイエッ...
「Ouzville」は見捨てられてしまったベリルートを再度盛り上げよう!というアートプロジェクトです。
2015年9月18日、米・バード大学の近くにあるディベートクラブにハーバード大学のチームが招待されました。彼らはアイビー・リーグ(ハーバードを含む世界トッ...
孤独を感じていたり、社会的に隔離された状態にいることが、フィブリノゲンという血液を凝固させてドロドロにする成分の分泌に関係していることがわかりました。その...
「ハーバード大学」デザイン研究科の学生と卒業生の団体が、建築家や芸術家の作品を募り、オンラインでチャリティセールを開催。すべての売上は差別撲滅運動に力を入...
こんなにクールな卒論、聞いたことない。小説や詩集、脚本など、様々な創作品を論文として提出できるという、ハーバードの英文学科。ここに所属する学生Obasi ...
オフィスでカップ麺を食べる時、デスク周りの小物やPCなどに汁がハネるのを防いでくれる画期的なアイテム「麺ウォール」。通常はB5ノートほどの大きさ、閉じてい...
起業家大国とも言われているイスラエル。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、日本においての女性起業家10名のうちの1人として選ばれ、イ...
ハーバード大学とMITの研究所が協力をして、新たなソフトロボティック人工筋肉を開発しました。その構造にインスピレーションを与えたのは、日本の「折り紙」でした。
ハーバード大学医学大学院と、ベス・イスラエル・ディコネス・メディカルセンターの共同研究によると、69人の偏頭痛患者に、白、青、赤、こはく色、緑のライトを光...
インテリアとして長く味わえる、植物標本「ハーバリウム」。
難民の子どもの教育のために制作されたアラビア語版『セサミストリート』が、2月2日(日)より放送される。難民キャンプからきた少年など、中東の社会を反映した新...
光をエネルギーとして活用し、触媒に酸化チタンを用いた「MUON~無音~Lampscape」。
「ファンケル」から発売された「抗菌やさしい潤いマスク」は、抗菌、保湿、苦しくない設計、繰り返し使用の4つの機能性と、肌への優しさを追求したマスク。
イスラエルが世界でも有数のバードウォッチング大国だって知ってました?
「Elite Daily」ライター、Eitan Levine氏による働く母親を持つ娘は、成功しやすいという記事が公開され話題になっています。記事内で取り上...
ハーバード大学で心理学を研究するショーン・アコール氏が提唱する、よくない心理ムードを断ち切る「3M」を紹介。
サウジアラビア王国で巨大なEDMフェスティバル「MDL Beast Festival」が開催。長年音楽や映画などの娯楽が制限されてきた同国が、中東の音楽シ...
イスラエルで開催されるフェス「Zorba The Buddha Festival」。イスラエル最大級のヒッピーフェスともいわれている同イベントでは、音楽や...
先日6日、「ハーバード大学」は、新型コロナウイルスのパンデミックの影響を受けて、9月から始まる新学期の講義をすべてオンラインへ移行することを発表した。ただ...