「囚人VSハーバート大生」が討論大会で対決。結果はまさかの・・・

2015年9月18日、米・バード大学の近くにあるディベートクラブにハーバード大学のチームが招待されました。彼らはアイビー・リーグ(ハーバードを含む世界トップクラスの優秀な学生が集まった私立大学8校からなる連盟)のナショナルディベートチャンピオンシップで過去に4戦3勝を誇った優秀な学生たちです。

が、そこで注目を浴びたのは、ニューヨーク州の刑務所にいる受刑者で構成された囚人チームでした。

ハーバード大学の学生たちに
囚人チームが勝利!

This weekend, three members of the HCDU had the privilege of competing against members of the Bard Prison Initiative's...

Posted by Harvard College Debating Union on 2015年9月20日

勝利をおさめたのは「Bard Prison Intiative」というバード大学の教育を受けられるプログラムに参加中の囚人チームです。ハーバード大学のチームはSNSにこんなコメントを投稿しました。

「負けたことを誇りに思うような並外れた知性と明確な弁舌を持った優秀なチームに出会いました。このイベントを開催してくれたバード大学とイースタン・ニューヨーク・コレクショナル・ファシリティに感謝します」

バード大学のディベート連合webサイトによれば、彼らはこれまでにもバーモント大学や陸軍士官学校のチームに勝利しており、決して今回のことが偶然というわけではないようです。そのスキルの正体とは一体…。

情報へのアクセスが限られた中
毎日食堂で討論

Bard Prison Intiativeで行われているプログラムが特別なのでしょうか。しかし、The Wall Street Journalによれば、刑務所内はインターネットも使用できず、本を読むにも許可を取る必要があり情報へのアクセスは決して簡単ではないのだとか。にも関わらず、チームのメンバーは受講した講義や貸し出しの本の情報を基に毎日運動場や食堂で討論の練習を重ねていたそう。

当の本人たちは、討論の前にハーバードの大学生たちを見て尻込みする様子を見せていたようですが、勝利には興奮したとコメント。The Washington Postには、ハーバード大学チームからのこんなメッセージが。

「予想外の視点から切り込んでくる彼らの発想には驚きました」

さらに、大会後には2時間ほどかけて討論の出来栄えの批評を行ったという囚人チーム。その意識の高さには驚かされます。

プログラムの影響により
再犯率も低下?

The Guardianは、プログラムの学位を取得した囚人の出所後3年以内の再犯率が2%以下に留まっていることに着目しています。対して州全体の再犯率は40%。論理的な思考を促す訓練がその後の生活にも影響をもたらしているのでしょうか。

プログラムのディレクター、ケナー氏はこうコメントしています。

「更生が目的ではありません。他の大学の学生との交流を含め、所内の人と人との繋がりをより深めています」

映画化も!?

ディベートの様子は撮影されていたそうで、ドキュメンタリーとして映画化する予定もあり、その他にも版権についての問い合わせが殺到しているのだとか。

一部では大学教育を無料で提供することや受刑者が注目を浴びることに対して批判の声もあるようですが、討論の内容や話題への関心は高まっているようですね。

他の記事を見る
ハーバード大学が今年の卒業スピーチに指名したのは、Facebookのマーク・ザッカーバーグ。ちょっと心配そうな彼がアドバイスを求めた相手は、ちょうど今から...
「幸せ」。古来より論じられてきたテーマについて、ハーバード大学が科学的に研究するセンターを設立しました。もちろん、闇雲に追いかけるわけではありませんよ!「...
孤独を感じていたり、社会的に隔離された状態にいることが、フィブリノゲンという血液を凝固させてドロドロにする成分の分泌に関係していることがわかりました。その...
ハーバード大学とMITの研究所が協力をして、新たなソフトロボティック人工筋肉を開発しました。その構造にインスピレーションを与えたのは、日本の「折り紙」でした。
だけど今、ウユニ塩湖への思いが再熱している。
壊れてしまったモノに、美しさという付加価値をつけて、新たな命を吹き込む「金継ぎ」。アーティストTatiane Freitasさんが手がけた作品は、日本文化...
イスラエル出身のNuseir Yassinさんは、ハーバード大学を卒元エンジニア。しかしただ働くだけでは人生を楽しみきれていないと旅へ。1分間の動画を毎日...
信じられない対決の様子を撮影した動画がある。それは、まるでお伽話にでも出てきそうな大鎌とエンジンで動く草刈機の草刈り対決!手で草を刈るより、草刈り機の方が...
ハーバード大学医学大学院と、ベス・イスラエル・ディコネス・メディカルセンターの共同研究によると、69人の偏頭痛患者に、白、青、赤、こはく色、緑のライトを光...
囚人たちに対して行われていた危険な実験を紹介する「The Infographics Show」の動画に衝撃を受けました。動画の最後に、「囚人に対して実験し...
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
こんなにクールな卒論、聞いたことない。小説や詩集、脚本など、様々な創作品を論文として提出できるという、ハーバードの英文学科。ここに所属する学生Obasi ...
がん予防として、効果が期待されるもののひとつに「セックスをする」が加わるかもしれない?これは男性に限った話のようですが、ハーバード大学が研究結果を発表。頻...
「このスケボーの人、デリバリー中だったんですよ(笑)」。びっくりを通り越してクスッと笑っちゃうような出来事って、時々ある。
ポール・オースターは、1947年生まれのアメリカの小説家。彼を一躍有名にしたのは、ニューヨーク三部作だ。
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
2月9日。ランジェリーブランド「RAVIJOUR(ラヴィジュール)」と渋谷のクラブ「WOMB」は、バレンタインデーに先がけたスペシャルイベントを開催。そこ...
2019年1月1日から、アメリカ・ニューヨーク州にて、男女のトイレにオムツ交換台を設置することが義務化されました。これから新しく建てられたり改築されたりす...
「Elite Daily」ライター、Eitan Levine氏による働く母親を持つ娘は、成功しやすいという記事が公開され話題になっています。記事内で取り上...
学歴社会では「社会が頭の良い大学に行くと、人生が上手くいく」というイメージを植えつけますが、実際にどれくらいの弊害が生まれているのでしょうか。この疑問を人...
ヒップホップやスケーターカルチャーとリンクした、少しルーズな服装を好む人々にとっては心外な法律である。いわゆる「腰パン」が、アメリカの一部地域で違法となっ...
あこがれの街。
アメリカのイベントマーケティング・マネジメント会社であるBook That Eventが主催する、犬のためのサーフィン大会が今年も開催されました。場所は、...
タクシー配車サービスを運営するUberが大胆な発表をしました。優秀なドライバーの大学授業料を肩代わりするとのこと。