不自由な暮らしに自由をもたらす、プリズナー(囚人)・トレーニング

トレーニングはしたいけど、続かない。24時間ジムの会員になったけど、移動時間がめんどくさい。結果にコミットしてくれるパーソナルトレーニングは高くて手が出しづらい。まぁ、何回も通えるもんじゃないし、結局リバウンドするしね......。

じゃあ、どうすればいいの?

トレーニングに関する研究に研究を重ね、結構な金額を投じやっと手に入れた最適解。ここ数年さまざまなトレーニングにチャレンジし、自宅で鍛える今が、一番調子がいいという結論に達した。

高価な機材がなくても、自分を奮い立たせる人の目がなくても、トレーニングを続けて最高の状態を継続できる。そんな新しいトレーニングの方法を今日は紹介しよう。

「プリズナー(囚人)・トレーニング」って知ってる?

©iStock.com/mihailomilovanovic

まずはじめに、あなたの先入観を変えていきたい。

「プリズナー・トレーニング 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ」は、2017年に日本で発売された、全米ベストセラーの筋肉トレーニング本。スパルタ軍、ローマの剣闘士、そして世界の監獄でひそかに受け継がれてきた究極のメソッドが書かれている。

簡単にいうと、華美なトレーニング機材は必要なくて、自重(自分の体重)だけでトレーニングってできるよね?ってことが書かれている。(もちろんそれ以外も)

「鍛えること=ジムの華美なトレーニング機材を使うこと」という先入観を持っている人は、まずその先入観を変えることから初めてみよう。

つまり美しい筋肉美に生まれ変わるためには、自分の身ひとつで十分だ。

テクノロジーを徹底的に活用しよう

今は、2020年。自重トレーニングを効率的に進めていくために、テクノロジーを徹底活用しプリズナー・トレーニングを進化させよう。まず知っておくべきことは、トレーニングの基本的な流れ。

①自分の状態を把握する

②自分にあった目標とトレーニングプランを計画する

③トレーニングプランを実行する

④トレーニングの実行率と自分の状態を目標にトラッキングしながら、トレーニングプランを修正する

1人でいきなりジムに通っても、何も変化を感じられず数カ月後退会してしまうのも、パーソナルトレーニングが高価なのも、この①〜④の工程がトレーニングに欠かせないからだ。
だからこそ、上記①〜④の工程をテクノロジーに任せてしまおう。

自宅に専属パーソナルトレーナーをまねこう

©iStock.com/agrobacter

基本的な考え方は、自重トレーニング。そしてその自重トレーニングをテクノロジーを活用しながら、トレーナーと共にやるというもの。withコロナになり、ジムやトレーニングのあり方が激変している。そのなかで、最も伸びているジャンルは、自重遠隔トレーニングだ。

僕がたどり着いた答えは、自重遠隔トレーニングやそれに紐づくテクノロジーを徹底的に使い倒すこと。数十万円もかけずに、自宅に専属パーソナルトレーナーを招いたイメージで、トレーニングができるのでおすすめだ。

「自宅 トレーニング」で検索すると、YouTubeからZoomのリモートトレーニングまでたくさんの種類があるので、自分にあったものを探していこう。

個人的なおすすめは、NIKEadidasのトレーニングアプリ。SNS機能もついているし、ランニング系のアプリとも連動できるので便利だ。

ストレッチポールで身体をケアしよう

©iStock.com/FreshSplash

トレーニングやボディメイクに、ストレッチは欠かせない。疲れにくい身体作りや筋肉のこりをほぐすのにも役立つ。

自宅に眠っているヨガマットと、新しく購入するストレッチポールさえあれば、トレーニング後のボディケアもばっちりだ。マッサージやストレッチ専門店のあの気持ちよさを自宅で簡単にとりいれることが可能。自宅勤務中のリラックスにも、大活躍するすぐれものだ。

YouTubeで「ストレッチポール 筋膜リリース」と検索してみよう。パーソナルトレーニングジムでおこなわれている、ストレッチポールを使った筋膜リリースは、最高のストレッチである。

ストレッチポールは長いものと短いものがあるが、筋膜リリースには短いもので十分。参考までにAmazonのリンクをはっておく。

iPhoneと体重計を接続しよう

今はスマートフォンでなんでも管理できる時代。Appleはヘルスケア領域にものすごい力をいれていることは、知っている人も多いと思う。従来の体重計にのって、体重管理アプリに数値を手入力なんて、絶対に続かない。

兎に角、自分の体質変化を把握するには、Bluetoothでスマホと接続できる体重計を手に入れることがすべてだ。体重計にのるだけで、勝手に記録されるのでいちいち手入力する必要はない。

Amazonで「体重計 スマホ」で検索してみよう。3000円以下のものも豊富にあるので、調べてみるといいかもしれない。

プリズナー(囚人)・トレーニング × テクノロジー

ジムやトレーニングに多くのお金を費やしてきた僕が、たどり着いた答え。それは、不自由を開放する、自由を手にするための自宅自重トレーニング

お金も機材も一切不要な、今の時代だからこそはじめたい、ジムいらずの新しいトレーニングを、ぜひ体験してみてほしい。

Top image: © iStock.com/vadimguzhva
突然ですが、フィットネスジムって高くないですか? 日本の平均月収はたしか32.5万ぐらい。対して、ジムの月会費の相場は1万円以上。給料の3%以上となります...
インスタで受けられる「無料オンライントレーニング」3つを紹介。「クロスフィットトレーナーAYA」、「Under Armour」、「Fitness Base...
続けられないくらいなら、楽しい範囲でやめたっていい。回数より質を重視し、かわいいウェアやプレイリストを揃え、男女差とタイミングも考慮する。人気パーソナルト...
YouTubeで受けられる「無料オンラインヨガ」3つを紹介。NIKE、のがちゃんねる、ブスの美ボディメイクのYouTubeアカウントから配信されている無料...
立ち乗り電動二輪車で知られる「セグウェイ」が、電動キックスクーターの新作「Ninebot KickScooter Air T15」の予約を受付中。以前から...
筋トレをしている割に、一向に筋肉量が増えてこない。こう感じたことはありませんか?じつはこれ、効果的でない方法でトレーニングをしている証拠。医学的な根拠に基...
「自宅で使えるトレーニンググッズ」を紹介。コロナウイルス感染症の影響で、「マスク着用」でのトレーニングを義務付けるところも多く、まだまだ「外トレーニング」...
手軽に有酸素運動ができるエアロバイクは、おうち時間が増えて運動量が減ったという人にオススメのトレーニング機器。今回は宅トレに最適なオススメの「エアロバイク...
6種類の重さに切り替えられるケトルベル。これひとつで、重さの違うダンベルをいくつも用意することなく、室内スペースもスマート化。小さな空間でも満足がいく筋ト...
数々の有名アスリートがトレーニングに使っていたことでも知られる「一本歯下駄」のトレーニングDVDが今年9月に発売予定。通常の体幹トレーニングや筋トレでは届...
クラウドファンディングサイト「BOOSTER」にて販売中の、部屋を早く涼しくし、乾燥した空気に潤いを与えてくれるアイテムを紹介。
お金と時間をかけなくてもダイエットは成功する。ただ痩せているというだけじゃない、本当の意味で健康な体を手に入れる方法を、自宅で簡単に取り入れられるトレーニ...
ザバスは、働く女性500名を対象に「トレーニングに関する調査」を実施。その結果、働く女性の36.6%がトレーニングをしているという事実が明らかとなり、さら...
運動初心者にもおすすめの、自宅でできる話題のトレーニング「HIIT(ヒット)」。ランニングより効率よく脂肪を燃焼できる秘密や、やり方、ルールなどを人気パー...
筋トレを日課にしている人、旅行に出かけたらいつものトレーニングメニューができなくてむずむずすることはありませんか?「Flexr」は、折りたたみ式の懸垂マシ...
筋トレをムダにしない「ワークアウトめし」紹介します。
米国で医療品などの安全性を管理・監督する機関「アメリカ食品医薬品局(FDA)」がADHDの治療効果があると認めた、初めてのゲーム。とくに注意力改善に役立つ...
2007年より世界各国で展示され、14年間で1000万人以上の来場者を達成した「アートアクアリウム」が、常設の美術館となって8月、東京・日本橋にオープン。...
「最近なんか太ってきた」と思う方、外出自粛明けまでに痩せましょう!自宅で1日たった3分で出来る6つのトレーニングをご紹介。ヒップアップ、太もも、お腹、二の...
長時間の有酸素運動でなくたってOK。自宅で1日3分で出来る「脂肪燃焼トレーニング」をご紹介。先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYou...
腰痛を改善してくれて、代謝を高めてくれるというポイントで、日本でも注目を集めている体幹トレーニング。「Plankpad」は、その効率を上げるために開発され...
自宅で1日3分で出来る「バストアップトレーニング」をご紹介。先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYouTubeなどで紹介し、人気を集め...
自宅で1日3分で出来る「太もも痩せトレーニング」をご紹介!先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYouTubeなどで紹介し、人気を集める...
つらい思いをしながら、ときにはくじけそうになる痛みにさえ耐えながら、ただひたすら黙々と行うストイックな時間、筋トレ。健康やスポーツ、あるいはリハビリのため...