囚人に学ぶ、筋力トレーニング――ベンのトピックス

突然ですが、フィットネスジムって高くないですか? 

日本の平均月収はたしか32.5万ぐらい。対して、ジムの月会費の相場は1万円以上。給料の3%以上となります。しかも、今のように寒い季節にはジムに行くモチベーションがあがらない人も多いでしょう。

東京に負けず劣らず物価が高いロンドンでは、ジムにお金を払いたくないという人が増えています。

だから、僕は今「プリズナートレーニング(囚人筋トレ)」に注目しています。

これは刑務所内のような状況(ジム設備なし、高価なサプリメントなし、狭い部屋)でできるワークアウトメソッドのことです。

はじまりは、チャールズ・ブロンソンでした

© Naomi Nemoto

この人が、プリズナートレーニングの元祖とされる「イギリスで最も危ない、最も維持費のかかる囚人」チャールズ・ブロンソンです。

1974年、ブロンソンは22歳の時、郵便局に強盗に入り禁固7年を宣告されました。

当時のイギリスの刑務所は劣悪な環境でした。ボクシングが得意だったブロンソンは、看守や囚人とよくファイトし、何度も暴動を煽るなどやりたい放題。刑期は何度も延長されました。彼は、現在まで人生の3分の2を刑務所で過ごしている人物です。当然、外の世界のことはよくわからない。

ところが、99年頃からブロンソンは、その犯罪歴以外のふたつの側面で有名になります。ひとつはクリエイティブなアウトサイダー・アーティストとして(彼のアートについてはここでは置いておきましょう)、もうひとつがマッチョなワークアウトの実践者として。

ブロンソンのメソッドに関しては、02年に彼が上梓した『Solitary Fitness(独房のフィットネス)』の宣伝文がわかりやすい。

「俺の本を買ってくれれば、たるんだ腹をなくす方法、そして太く強い腕とありえないほどのスタミナを作る方法を教えよう!サムソンにステロイドはいらない、ヘーラクレースに300£のスニーカーはいらない」

この本のメッセージは、高価なフィットネスジムでのワークアウトがすべてだと考えていた人々にインパクトを与えました。

じつのところ、この本の出版以前にも受刑者とワークアウトのつながりはありました。92年にはマイク・タイソンが刑期を終えてカムバックを果たしたし、ロバート・デ・ニーロもマッチョなカラダを作るために、受刑者のようなミニマムなワークアウトを実践していました。

とはいえ、ブロンソンの『Solitary Fitness』は、それらをはじめて体系だって世に送り出しました。しかも、徹底的にユニークなかたちで。

スポーツジム以外の選択肢

さて、チャールズ・ブロンソンと彼によるプリズナー・トレーニングは、イギリスでは話題となりましたが、世界に広まったのはもう少し後のことです。理由はブロンソンの悪名がイギリス国内のみのものだったから。

ブロンソンが元祖だとすれば、それを広めたのはアメリカのポール・ウェイドです。彼もまた刑務所内でカラダを鍛え、09年に『プリズナー・トレーニング 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ』という本をリリースしました。

この本は日本語版も出ていますし、今では類似本もいくつかリリースされています。

もしかすると、今年あたり世界的にこのプリズナー・トレーニングのトレンドがやってくるんじゃないかと僕は考えています。

相変わらずInstagramでは、鍛えられたボディやその過程をアップするトレンドがあるなかで、フィットネスクラブ以外の選択肢が求められてくるはずです。健康的でミニマルな刑務所内でのワークアウト――プリズナー・トレーニングは、カラダを鍛えたい人にとって最適だと思うのです。

おすすめ記事

世田谷在住のイギリス人・ベンのトピックス読んで!
筋トレをしている割に、一向に筋肉量が増えてこない。こう感じたことはありませんか?じつはこれ、効果的でない方法でトレーニングをしている証拠。医学的な根拠に基...
6種類の重さに切り替えられるケトルベル。これひとつで、重さの違うダンベルをいくつも用意することなく、室内スペースもスマート化。小さな空間でも満足がいく筋ト...
筋トレをムダにしない「ワークアウトめし」紹介します。
筋トレを日課にしている人、旅行に出かけたらいつものトレーニングメニューができなくてむずむずすることはありませんか?「Flexr」は、折りたたみ式の懸垂マシ...
4月25日、徳島県上勝町に誕生する環境型複合施設「上勝町ゼロ・ウェイストセンター(WHY・ワイ)」のゼロ・ウェイストアクションホテル「HOTEL WHY」...
日本にはないイギリスのチャリティー・ショップの紹介です。なんで日本にはないのでしょう?
ザバスは、働く女性500名を対象に「トレーニングに関する調査」を実施。その結果、働く女性の36.6%がトレーニングをしているという事実が明らかとなり、さら...
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今日はベンの告白の日です。イギリス人のイメージと言えば紅茶ですよね。綺麗な庭での優雅なアフタヌーンティー、真冬の...
コラムニストのベンです! ミレニアル世代は、インフルエンサー世代でもありますよね。今回はママグラマーのお話をします。
11月はノーベンバーではなくて、ヒゲを伸ばす月「モーベンバー」としても知られているんです。
アメリカのスーパーマーケット「THE GET GO」のエコバッグです。
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
毎日忙しくて、時間がなかなか取れない方でも、ちょっとしたコツを知っていれば、腹筋を割ることも難しくはありません。自宅で無理なく続けられる筋トレ方法や食事管...
つらい思いをしながら、ときにはくじけそうになる痛みにさえ耐えながら、ただひたすら黙々と行うストイックな時間、筋トレ。健康やスポーツ、あるいはリハビリのため...
腰痛を改善してくれて、代謝を高めてくれるというポイントで、日本でも注目を集めている体幹トレーニング。「Plankpad」は、その効率を上げるために開発され...
2019年のフェスティバル・シーズンのピークになってますよね!今週、ベンはサマーソニックに行ってきます。で、 今回のトピックはベンが何回も行ったことあるし...
2012年に急逝したアメリカの国民的歌手、ホイットニー・ヒューストン。そんな彼女がデジタルで蘇る“ホログラムツアー”が今月より開始。彼女のホログラムに加え...
2020年2月21日(金)、渋谷・道玄坂「WOMB」に集まった女の子たちに突撃取材!
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
サッカーファンだけでなくビジネスパーソンにも関係がある!?イングランドのゴールデン・ジェネレーションが失敗した理由です。
コラムニストのベンです。今回はアメリカのコメディ・ローストについて紹介します。
コラムニストのベンです!今回は「アンフルエンサー」ということについて紹介します。
ベンはアーセナルのファンです。「どうして?」とよく日本人の友達から聞かれます。理由は大きく分けて3つあるから紹介したいと思います。
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今回は実録映画『それでも夜は明ける』の監督スティーヴ・マックイーンのプロジェクト「#year3project」に...