常識をくつがえすジム。「寝る」ワークアウトはじめました

ジムといえば、身体を動かしてアクティブに汗を流す場所。

でも、ジムでゆっくりと身体を休めてリラックスする、という逆転の発想のクラスがイギリスで誕生しました。

「ジムでお昼寝」と聞くと違和感があるかもしれませんが、疲れた現代人に不足しているものを補ってくれる素晴らしいクラスなんだとか。フルタイムで働いていて子供がいるような、仕事もプライベートも大忙しの親たちを中心に人気上昇中です。

科学的根拠に基づいた
「Napercise」

「David Lloyd Clubs」で開講されているこのお昼寝クラスは「Napercise」と呼ばれています。

ペンシルバニアにあるアラゲイニー大学の調査によると、このNaperciseを行った人は、しなかった人に比べて実際にストレスが軽減されているという実験結果も。

現代人が抱えるストレスと睡眠不足。これがなくなることで、気分の改善や心身のパフォーマンス向上にも繋がり、鬱予防にもなるのだとか。

01.
まずは15分間のストレッチ

このクラスは、全部で1時間。まずはインストラクターと一緒に15分間のストレッチをします。このストレッチとカロリーが燃焼しやすい室温のおかげで、寝ている間にカロリーが効率よく消費できるそう。

02.
そして、45分間のお昼寝タイム

ストレッチのあとはベッドに潜り込むだけ。一人ひとりにアイマスクとベッドが用意されるので、快適な環境でぐっすり寝られます。

ストレッチのあとは自分たちでベッドメイキングをします。心地よく寝られる準備まで含めて、エクササイズなのだとか。

いざ、アイマスクを装着。

あとはひたすら寝るだけ!

「本当にリラックスできて、素晴らしい。ぜひ色んな人に試してほしいです」

とは実際に参加した人たちの声。よっぽど疲れていたのでしょう。

よくよく考えてみると、確かに「ジム」ってストレスを解消して健康になるために行くところですよね。そう思えば、お昼寝だって立派なエクササイズなのかも。

Licensed material used with permission by David Lloyd
「ワークアウト」とは、体の強さや見た目を向上させるために運動することを意味します。この記事では、トレーニング・エクササイズとの違いやおすすめのワークアウト...
通常のウェイトではなく電磁力を応用して負荷を生み出します。
ブルックリンでひそかに話題になっていたジム『Playground』が日本に上陸しました。「遊び場」という意味が込められているこの場所では、遊びを通して体を...
ポケットにも収まる「Monkii」は、ドアに引っ掛けて使うタイプのワークアウトグッズ。場所に縛られることなく、自宅でもホテルでもトレーニングができるように...
作家/ジャーナリストの佐々木俊尚が「昆虫食の聖地」として話題の東京・日本橋にオープンした昆虫食専門レストラン「ANTCICADA(アントシカダ)」で「最先...
斧型ワークアウトグッズ「The Chopper」の紹介。
「タオル+プロ」は、ワークアウトをサポートする多機能タオル。ジッパー付きのポケットがあるので小物はそこへ収納できます。他にも、ジムユーザーに便利な機能付きです。
米ヒルトン・ホテル&リゾーツにワークアウト専用の客室ができたそうです。これ、簡単に説明すると、全身の筋肉を鍛えられてしまうほどの、様々なトレーニンググッズ...
2020年5月6日に販売開始予定の「Forme Life」は、AIが搭載されたスマートスクリーンだ。映し出されるのは、ボクシングやヨガのトレーナー、インタ...
割とシンプルな見た目のXBARですが、スペースをとらずに全身の筋肉を鍛えるワークアウトをサポートしてくれます。自分の部屋でだって筋トレが簡単にできるように。
「おやつ」をテーマにしたイベント「ほぼ日のおやつ展。」が、渋谷PARCO8Fのギャラリースペース「ほぼ日曜日」で、1月16日〜31日まで開催。出店するのは...
運動に対するモチベーションって、少しの工夫で、アップするから不思議なんだよな。と考えていたら、「Elite Daily」のライター Georgina Be...
マンハッタンのチェルシー地区にあるジム「Brrrn」の紹介。ここは室温が45°F〜60°F(約7℃〜約15℃)に保たれているんです。
自分だけのワークアウト用プレイリストを作成してくれるサービス「Soundtrack Your Workout(サウンドトラック ユア ワークアウト)」がデ...
「Stealth」は、スマホがセットできるバランスボード。専用アプリをダウンロードすれば、ゲームをやりながら、ワークアウトができるようになっています。
クロスフィットは、アメリカで人気のある、日常生活の動きをワークアウトに応用したトレーニングです。ここでは、スポーツライターChelena Goldmanさ...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
2020年12月29日、中国のIT企業に勤めていた23歳の女性が急死しました。毎日のように続いていた長い残業のせいで。この不幸なニュースは一気に同国で話題...
「BodyBoss 2.0」は、ベクトルフィットベースと呼ばれる“板”のようなものに、伸縮性のあるバンドをつけて、その負荷を使ってワークアウトをする器具。...
通勤時間を有効に使いたいーー。本を読んだり勉強するのは一般的ですが、新たに「体を鍛える」という選択肢が加わるかもしれないのがロンドン。ジムを備えたバス「R...
今回は築地にあるパーソナルジム「BESTA」。月額3万円でパーソナルジムに通いながらセルフエステもできるお得なジムをご紹介!表参道にもオープン予定で流行る...
アメリカでたくさんのジムを展開する「Life Time」。彼らは「私たちはジム以上の存在です」というコンセプトを掲げて、コワーキングスペースの運営もしてい...
個人的な話で恐縮ですが、年末から通い始めたジムへの足がもう遠のき始めていて、自分に嫌気がさしている今日この頃。仕事が忙しいとか、睡眠時間を確保したいとか理...
もう、すっかり冬ですね。さらに寒くなり、雪が降りはじめたりすると家にこもってしまいがち。ジムへ行くのも億劫、結果、運動不足になってしまう…。この記事を読ん...