【後ろ姿に自信を】愛される「背中」を手に入れるワークアウト

下着からはみ出した、背中の贅肉。普段自分では見えない部分だからこそ、気になっている人も多いのではないでしょうか。

背中に贅肉が付きすぎると、老けて見えるだけではなく、姿勢が悪くなってしまったり、顔のたるみや肩こりの原因になることもあるそうです。

そうなってしまう前に、自宅でできる3つの簡単エクササイズで、贅肉を撃退しましょう。スッキリとした後ろ姿は、きっと自信にも繋がりますよ。

01.
肩甲骨寄せ
(10回×1セット)

1.うつぶせに寝る
足は軽く開き、足首は90度に曲げすねから足の甲までは浮いている状態にしましょう。腕は、体の両脇に添えて掌を上になるようにします。

2.肩甲骨を寄せて、上体を反らす
背骨に置いた鉛筆を挟むイメージで、左右の肩甲骨をグッと引き寄せると同時に、上体を反らします。

3.これを10回繰り返します

02.
左右の手足上げ
(10回×1セット)

1.肩甲骨寄せの姿勢から手を前に出す
手は肩幅より少し広いくらいに開き、掌は下向きに。顔は床につけず、前を見ます。

2.右手と左足、左手と右足を上げる
右手と左足、左手と右足というように、反対になる手と足を順番に同時に上げる。

3.これを10回繰り返します

03.
上体反らし
(10回×1セット)

1.そのままの姿勢で、手を胸の位置の両脇に
肘を立て、腕立て伏せをするときのように掌を床につけます。

2.上体を反らす
肘を伸ばし上体を反らします。天井を見るイメージで頭も後ろに反らします。

3.これを10回繰り返します

冬の凝り固まった筋肉を
ほぐしてあげましょう

詳しくは、下の動画を見ながらエクササイズしてみてください。筋肉を動かすことで血流が良くなり、背中全体がほんのり温かくなるのを実感できるはずです。

急に冷え込む、この季節。凝り固まった筋肉をほぐすのにも、効果的です。

 

Licensed material used with permission by MuscleWatching
通常のウェイトではなく電磁力を応用して負荷を生み出します。
ポケットにも収まる「Monkii」は、ドアに引っ掛けて使うタイプのワークアウトグッズ。場所に縛られることなく、自宅でもホテルでもトレーニングができるように...
運動に対するモチベーションって、少しの工夫で、アップするから不思議なんだよな。と考えていたら、「Elite Daily」のライター Georgina Be...
「Stealth」は、スマホがセットできるバランスボード。専用アプリをダウンロードすれば、ゲームをやりながら、ワークアウトができるようになっています。
ウール専門ブランド「Woolly」が、ランニング用として徹底的にこだわり抜いたソックスを開発。
2020年5月6日に販売開始予定の「Forme Life」は、AIが搭載されたスマートスクリーンだ。映し出されるのは、ボクシングやヨガのトレーナー、インタ...
米ヒルトン・ホテル&リゾーツにワークアウト専用の客室ができたそうです。これ、簡単に説明すると、全身の筋肉を鍛えられてしまうほどの、様々なトレーニンググッズ...
ここで紹介する筋トレは4種類。左右交互にやって、合間に10秒の休憩時間を入れても約5分で終わります。隙間時間でもできるワークアウトで、ぷりケツを目指せ!
「ナイキ」がスタートした自宅でできるワークアウトプログラム「The Living Room Cup」。課されるフィットネスを通じて、ナイキが契約するプロア...
見た目の華奢さを大きく左右する肩幅を少しでも狭くしたい!そう思っている女性は少なくないですよね。何を隠そう、私もそのうちの一人。いままでは、矯正や整体にで...
「Apple」が6月のプライドマンスに向けて二種類のアップルウォッチバンドを発表。一つはNikeとのコラボ商品だとか。
クロスフィットは、アメリカで人気のある、日常生活の動きをワークアウトに応用したトレーニングです。ここでは、スポーツライターChelena Goldmanさ...
関節を動かさずに、筋肉を鍛えるアイソメトリックトレーニングをサポートしてくれるグッズが「Active5」。内蔵されたセンサーで、どれくらいのプレッシャーを...
ウエストや胸囲、ふくらはぎや肩など、合計で10カ所以上ものボディーパーツをスキャンしてくれるミラー「Naked」。徹底的に体を絞りたいという人にはピッタリ!?
仕事が忙しく、運動する時間はなかなか取れない。でも、美味しいものはどんどん食べてしまう。その結果、お腹はもちろん、背中の脂肪がなんだかマズイことに…。今回...
筋トレをムダにしない「ワークアウトめし」紹介します。
「モエ・エ・シャンドン」のブランドアンバサダー、ティモシー・ベック氏が「モエ アンペリアル」を例に、自宅での上手な楽しみ方を指南する動画が公開されている。
石川県の元・縫製工という僧侶が型紙作成、裁断、縫製までをすべて“ひとり”で生産するデニム「ボーズソーイング」。応援購入サービス「Makuake」でプロジェ...
ストイックにでなければいけない、強度を上げたら落としてはいけないなど、エクササイズをする上で勘違いしていることはないだろうか?この記事には、あなたが感じて...
「BodyBoss 2.0」は、ベクトルフィットベースと呼ばれる“板”のようなものに、伸縮性のあるバンドをつけて、その負荷を使ってワークアウトをする器具。...
割とシンプルな見た目のXBARですが、スペースをとらずに全身の筋肉を鍛えるワークアウトをサポートしてくれます。自分の部屋でだって筋トレが簡単にできるように。
自分が運動した時間を植物を育てるのに役立てられるのが「Phabit」だ。ユーザーは、専用アプリを使って個人の目標を設定して、ワークアウトをするだけでいい。
「Stappone」は、靴の中に入れておくだけで体全体をスキャンしてくれるインソール。そして、姿勢が悪くなったときや歩き方に問題があるときには、連動したス...
腰痛を改善してくれて、代謝を高めてくれるというポイントで、日本でも注目を集めている体幹トレーニング。「Plankpad」は、その効率を上げるために開発され...