冬の間に毎日3分。引き締まった「小尻」をつくる方法

ボディラインが出ないから、ついつい油断して体もたるんでしまいがちな冬。あまり外に出ないでいると、どんどん運動不足になってしまいます。でも、薄着の季節になってから焦ってエクササイズを始めても遅いのです。

ここでは、YouTubeの人気チャンネル「マッスルウォッチング」の高稲さんが贈る、1日3分でお尻を小さくする方法を見ていきましょう。

239ce1c90a4d999f5ba3afed7868dd6bcc881920

01.
「サイドレッグリフト」で
お尻の脂肪を燃焼

3221471adbd9867e512c507f982dfe23f2190398

腕を交差させて胸に当て、足を横に開く。
右20回、左20回でワンセット。

このトレーニングで主に鍛えているのは「中臀筋」。一体どこ?と思うかもしれませんが、臀部の横のほうにある筋肉です。

筋肉がついてしまったら逆に大きくなってしまうのでは…と心配する人もいるかもしれません。でもこの中臀筋は、お尻全体を覆う大臀筋にほとんど隠れている目立たない存在。この筋肉を鍛えることで、大きいお尻にならずに脂肪を燃やすことができるのです。

02.
「ワンレッグデッドリフト」で
ハムストリングスを鍛える

55cbe5c79032a008ee8546b2b0f498daa3020633

同じように腕を交差させて胸に当て、片足立ちで体を前に傾ける。
右20回、左20回でワンセット。

このエクササイズが鍛えているのは、太ももの裏にある「ハムストリングス」と呼ばれる筋肉群。じつはここの筋肉が薄いと、お尻が出て見えてしまうのです。つまりハムストリングを鍛えることで、小尻に見せる効果が期待できるというわけです。

普段使わない筋肉だからこそ
少しのトレーニングでも効果大

今回紹介しているエキササイズで鍛えられる筋肉は、両方とも日常生活ではあまり使われていない部分。なので最初のうちはキツいかもしれませんが、その分トレーニングの効果も実感しやすいので頑張りましょう。

次の夏こそは、海外セレブのような引き締まった小尻に仕上げてみませんか?

Licensed material used with permission by MuscleWatching
ここで紹介する筋トレは4種類。左右交互にやって、合間に10秒の休憩時間を入れても約5分で終わります。隙間時間でもできるワークアウトで、ぷりケツを目指せ!
「4尻フェチ」な私が、このヌード写真集を見つけたとき、思わず震えてしまったのです。だって、ムニュっとカタチが変わって、それでも“プリっと感”は保っている。...
女性なら誰もが憧れる、ぷりっとしたお尻の作り方をお教えします。米フィットネストレーナーのAlex Hurwitsさんが「Elite Daily」で紹介して...
いまやコーヒースタイルの定番になりつつある「コールドブリュー」。じっくり時間をかけて抽出するわけですが、これをもっと美味しく飲む方法がありました。
ある意味、好きな人にだけとどけばいい。
ふくらはぎと太ももの後ろを緩めることで、下側に引っ張られて硬くなっていた筋肉がゆるみ、お尻がぷりっと上がるという方法を、運動初心者向けYoutubeチャン...
こんなにも人のお尻をじっくりと見たことはなかった。アタマはすっぽりと隠れているんだけど、肝心なところが隠れてない女性たち。ちょっとマヌケな感じが、妙にチャ...
ユニークで可愛いお尻型の花瓶。つるつるバージョンや毛深いバージョンなどもあり、見る人をくすっと笑わせてくれます。思わず視線を留めてしまうインパクト大なデザ...
有名ポルノサイト「PornHub」が、世界中の男性を虜にしてしまうアイテムを発明しました。その名も「Twerking Butt」。女性のお尻をリアルに再現...
運動に対するモチベーションって、少しの工夫で、アップするから不思議なんだよな。と考えていたら、「Elite Daily」のライター Georgina Be...
セグウェイから新製品が登場!その名も「Segway Drift W1 e-Skates」。軽くて小さいから持ち運びも簡単です。
Youtubeの運動初心者向け健康チャンネル「MuscleWatching」によると、美脚に一番おすすめのトレーニングはスクワット。海外では、30日間行う...
デッドリフトと呼ばれる筋トレ(エクササイズ)の方法をご存じですか? メタボという言葉が一般化してからでしょうか、体を引き締める運動のなかでも、おなか周りを...
『Shape Magzine』のエディターでモデルとしても活躍するNora Tobin氏は、ブリッジだけで姿勢を整え、くびれと美尻を手に入れたんだそう。ハ...
もう、すっかり冬ですね。さらに寒くなり、雪が降りはじめたりすると家にこもってしまいがち。ジムへ行くのも億劫、結果、運動不足になってしまう…。この記事を読ん...
ストイックにでなければいけない、強度を上げたら落としてはいけないなど、エクササイズをする上で勘違いしていることはないだろうか?この記事には、あなたが感じて...
アメリカを代表するトップアスリートの食事を覗いてみたら…。
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。
米ヒルトン・ホテル&リゾーツにワークアウト専用の客室ができたそうです。これ、簡単に説明すると、全身の筋肉を鍛えられてしまうほどの、様々なトレーニンググッズ...
かつては理想の腹筋といえば「シックスパック」のイメージでしたが、ここ最近は縦に割れた「アブクラックス」が、美しい腹筋の新基準として注目されています。「アブ...
とび抜けて美人ではなくても、なぜかモテる小悪魔女子。モテる男性と付き合うのは、すごい美人とは限らず、小悪魔的な魅力にあふれる女性の方が多いかもしれません。...
クロスフィットは、アメリカで人気のある、日常生活の動きをワークアウトに応用したトレーニングです。ここでは、スポーツライターChelena Goldmanさ...
先日、ジャスティン・ビーバーが後ろ姿のヌードをInstagramで披露し、大きな反響を呼びました。それに触発されたのかはわかりませんが、Instagram...
LA発の「BEAT DRUM DIET」は、ドラマーになった気分で音楽に合わせてビートを刻むことで、体を引き締められるという新しいエクササイズ。7月7日(...