ジムに行かずとも、これひとつで「全身筋トレ」

ジムに入会したはいいけれど実はまったく通えていない、なんて人は少なくないのでは?その理由が「やる気がない」なら論外ですが、仕事などで「時間が合わない」のなら、まだ救いの手はありそうです。

自分の部屋でも
ジムと同じくらい鍛えられる

シンプルな見た目の「XBAR FLYT」は、全身の筋肉を鍛えるワークアウトをサポートしてくれます。自宅にいながらにして、ジムレベルの効果を発揮してくれる、かもしれません。リリースでは「2つのパーツに分けられるから旅先に持っていける」とも。

足でトレーニングチューブを踏んで、バーを持ち上げる動作をすれば、上腕二頭筋のワークアウトに。

持つ方向を変えれば、肩のトレーニングにも。

こちらはスクワット。

他にも、場所を選ばずに様々なトレーニングができます。

初心者でも安心のサポート体制

メーカーHPでは、トレーニング方法が詳しく動画で解説されています。アプリの開発も進めているとのことなので、より簡単にワークアウトができるようになりそうです。

119ドル(約13,000円)の初期費用だけで全身を鍛えられるなら、ジムに行くよりも経済的なのは明らかですよね。

Licensed material used with permission by XBAR | FLYT(HP), (Facebook)

関連する記事

筋トレをムダにしない「ワークアウトめし」紹介します。
6種類の重さに切り替えられるケトルベル。これひとつで、重さの違うダンベルをいくつも用意することなく、室内スペースもスマート化。小さな空間でも満足がいく筋ト...
「ワークアウト」とは、体の強さや見た目を向上させるために運動することを意味します。この記事では、トレーニング・エクササイズとの違いやおすすめのワークアウト...
「BodyBoss 2.0」は、ベクトルフィットベースと呼ばれる“板”のようなものに、伸縮性のあるバンドをつけて、その負荷を使ってワークアウトをする器具。...
5月9日、ニューヨーク市長・Bill de Blasio(ビル・デブラシオ)氏は、ニューヨーク市の住民だけでなく、市を訪れた観光客にも新型コロナウイルスの...
インスタで受けられる「無料オンライントレーニング」3つを紹介。「クロスフィットトレーナーAYA」、「Under Armour」、「Fitness Base...
「Stealth」は、スマホがセットできるバランスボード。専用アプリをダウンロードすれば、ゲームをやりながら、ワークアウトができるようになっています。
ブルックリンでひそかに話題になっていたジム『Playground』が日本に上陸しました。「遊び場」という意味が込められているこの場所では、遊びを通して体を...
「タオル+プロ」は、ワークアウトをサポートする多機能タオル。ジッパー付きのポケットがあるので小物はそこへ収納できます。他にも、ジムユーザーに便利な機能付きです。
突然ですが、フィットネスジムって高くないですか? 日本の平均月収はたしか32.5万ぐらい。対して、ジムの月会費の相場は1万円以上。給料の3%以上となります...
Facebookが去年立ち上げたNPEチーム(新製品実験チーム)が、新たにカップル向けのアプリ「Tuned」をリリース。恋人同士のプライベート空間を提供す...
ポケットにも収まる「Monkii」は、ドアに引っ掛けて使うタイプのワークアウトグッズ。場所に縛られることなく、自宅でもホテルでもトレーニングができるように...
宅トレを簡単に、そして無理なくアップグレードできてしまう「トレーニングチューブ」。トレーニングチューブを使うメリットや選ぶ際のポイントもご紹介していきます。
アメリカでたくさんのジムを展開する「Life Time」。彼らは「私たちはジム以上の存在です」というコンセプトを掲げて、コワーキングスペースの運営もしてい...
脚の部分痩せをするときに、多くの人は筋トレが足を太くしてしまうと考えてしまうのではないでしょうか。でも、そんな心配もなく短時間で美しい脚を目指すことができ...
ジムやトレーニングに多くのお金を費やしてきた僕が、たどり着いた答え。それは、不自由を開放する、自由を手にするための自宅自重トレーニング。お金も機材も一切不...
米ヒルトン・ホテル&リゾーツにワークアウト専用の客室ができたそうです。これ、簡単に説明すると、全身の筋肉を鍛えられてしまうほどの、様々なトレーニンググッズ...
「自宅で使えるトレーニンググッズ」を紹介。コロナウイルス感染症の影響で、「マスク着用」でのトレーニングを義務付けるところも多く、まだまだ「外トレーニング」...
デッドリフトと呼ばれる筋トレ(エクササイズ)の方法をご存じですか?今回はこのデッドリフト筋を鍛えるべき理由をご紹介します。
家でも外出先でも持ち運びしてトレーニングができる器具「BODYBOSS(ボディボス)」が、在宅勤務になったビジネスマンを中心に需要拡大。筋トレ、有酸素運動...
クロスフィットは、アメリカで人気のある、日常生活の動きをワークアウトに応用したトレーニングです。ここでは、スポーツライターChelena Goldmanさ...
つらい思いをしながら、ときにはくじけそうになる痛みにさえ耐えながら、ただひたすら黙々と行うストイックな時間、筋トレ。健康やスポーツ、あるいはリハビリのため...
効果的に痩せることができるという「バーピージャンプ」。筋トレと有酸素運動の両方の効果があるのがその秘密だそう。
「BEAURIT」は、どこでもピラティスができ、一台で筋トレ、姿勢矯正、ストレッチの効果が期待できるトレーニングアイテム。チューブバンドを2倍の長さに伸ば...
腰痛を改善してくれて、代謝を高めてくれるというポイントで、日本でも注目を集めている体幹トレーニング。「Plankpad」は、その効率を上げるために開発され...
アダルトグッズで有名なあの「TENGA」からワークアウトグッズが登場した。マスターベーションしながらにして筋トレができてしまうステンレス製のダンベルだ。
アメリカ発「トレーニングマスクVENT」は、花粉やウィルスの侵入をブロックしながら、呼吸筋へ負荷を与えてトレーニング効果を上げてくれる最新の呼吸筋トレーニ...
筋トレを日課にしている人、旅行に出かけたらいつものトレーニングメニューができなくてむずむずすることはありませんか?「Flexr」は、折りたたみ式の懸垂マシ...
ここで紹介する筋トレは4種類。左右交互にやって、合間に10秒の休憩時間を入れても約5分で終わります。隙間時間でもできるワークアウトで、ぷりケツを目指せ!
今回は築地にあるパーソナルジム「BESTA」。月額3万円でパーソナルジムに通いながらセルフエステもできるお得なジムをご紹介!表参道にもオープン予定で流行る...