使わない時はベッドの下に。家でも全身を鍛えられるポータブルジム。

大胸筋、三角筋(肩の筋肉)、腹筋。

「彼氏に鍛えて欲しい筋肉は何か?」と、社内の女性に聞いたところ、多くあがった部位でした。これらの筋肉をつけるためには、ジムに行ってマシンを使った方が、効率良く鍛えられます。

でも、仕事に忙しいビジネスパーソンにとっては、時間をとるだけでもハードルが高い……。そんな人たちのために、ピンポイントで紹介したいワークアウト器具です。

たくましい筋肉は
自宅でだって手に入る!

BodyBoss 2.0」は、ベクトルフィットベースと呼ばれる“板”のようなものに、伸縮性のあるバンドをつけて、その負荷を使ってワークアウトをする器具。これによって、ジムでしかできなかったトレーニングが、自宅でもカンタンにできるそうです。

もちろん、前述の3つの筋肉を鍛えることも。

バンドを腕につけて、あげる動作をするだけでも肩のワークアウトに。また、専用のバーが付いているので、様々なトレーニングも可能。

上向きに寝そべって、画像のように使えば、大胸筋も鍛えられるでしょう。

個人的に1番イイと思うのは、これ。

足にバンドをつけて負荷をかけることで、腹筋下部のワークアウトができるとのこと。これは、筋トレ器具としてメジャーな腹筋ローラーでも、鍛えにくい部位でした。

ハイライトしたのは、主に3つの部位。だけど、他にも様々なワークアウトができるので、ジムに行きたいとは思っているけど、仕事に忙しいビジネスパーソンには、ちょうどいいかもしれません。

Licensed material used with permission by BodyBoss 2.0
他の記事を見る
割とシンプルな見た目のXBARですが、スペースをとらずに全身の筋肉を鍛えるワークアウトをサポートしてくれます。自分の部屋でだって筋トレが簡単にできるように。
ブルックリンでひそかに話題になっていたジム『Playground』が日本に上陸しました。「遊び場」という意味が込められているこの場所では、遊びを通して体を...
米ヒルトン・ホテル&リゾーツにワークアウト専用の客室ができたそうです。これ、簡単に説明すると、全身の筋肉を鍛えられてしまうほどの、様々なトレーニンググッズ...
「Stealth」は、スマホがセットできるバランスボード。専用アプリをダウンロードすれば、ゲームをやりながら、ワークアウトができるようになっています。
私たちの筋肉をつくりあげるのはたんぱく質。となれば、ワークアウト後はとにかくお肉を食べればOK……とはいかないのがヒトの体の構造。筋トレのあとにオススメの...
筋トレをしている割に、一向に筋肉量が増えてこない。こう感じたことはありませんか?じつはこれ、効果的でない方法でトレーニングをしている証拠。医学的な根拠に基...
ポケットにも収まる「Monkii」は、ドアに引っ掛けて使うタイプのワークアウトグッズ。場所に縛られることなく、自宅でもホテルでもトレーニングができるように...
マンハッタンのチェルシー地区にあるジム「Brrrn」の紹介。ここは室温が45°F〜60°F(約7℃〜約15℃)に保たれているんです。
関節を動かさずに、筋肉を鍛えるアイソメトリックトレーニングをサポートしてくれるグッズが「Active5」。内蔵されたセンサーで、どれくらいのプレッシャーを...
突然ですが、フィットネスジムって高くないですか? 日本の平均月収はたしか32.5万ぐらい。対して、ジムの月会費の相場は1万円以上。給料の3%以上となります...
脚の部分痩せをするときに、多くの人は筋トレが足を太くしてしまうと考えてしまうのではないでしょうか。でも、そんな心配もなく短時間で美しい脚を目指すことができ...
いろんな飲食店のオリジナルTシャツを紹介する「ショップT大集合」。今回は番外編です。ピックアップしたのは、ゴールドジムのTシャツ。そう、あのゴールドジムです。
クロスフィットは、アメリカで人気のある、日常生活の動きをワークアウトに応用したトレーニングです。ここでは、スポーツライターChelena Goldmanさ...
6種類の重さに切り替えられるケトルベル。これひとつで、重さの違うダンベルをいくつも用意することなく、室内スペースもスマート化。小さな空間でも満足がいく筋ト...
通勤時間を有効に使いたいーー。本を読んだり勉強するのは一般的ですが、新たに「体を鍛える」という選択肢が加わるかもしれないのがロンドン。ジムを備えたバス「R...
フランス・パリのエッフェル塔近くにあるスポーツ施設「Centre Sportif Emile Anthoine」のルーフトップにボクシングジムができました...
つらい思いをしながら、ときにはくじけそうになる痛みにさえ耐えながら、ただひたすら黙々と行うストイックな時間、筋トレ。健康やスポーツ、あるいはリハビリのため...
理想通り、ううん、理想以上のナップサック。
自分の人生についてちゃんと考えている人は、未来の自分の健康のために、いま何を頑張ればいいかが分かっています。だからこそ、自分の筋肉に”投資”してなるべく若...
自分が運動した時間を植物を育てるのに役立てられるのが「Phabit」だ。ユーザーは、専用アプリを使って個人の目標を設定して、ワークアウトをするだけでいい。