運動後のビールに罪悪感を覚える人に知ってほしい「6つのメリット」

はじめに伝えておきます。この記事は、汗をかいた後に飲むビールを愛してやまないという人に向けたもの。

そんな方なら分かってくれると思うけど、乾いた喉を潤してくれるあの瞬間は何ものにも変えがたい。チューハイやワインでは、絶対に味わうことができません(と、ビール党の自分)。そんな至福の時に最も思い出したくないのは、「ビールって、意外とカロリーが高いんだよな」ということ。

「Elite Daily」のこの記事は、運動後にビールを飲んでもイイ理由を紹介したもの。と言っても、決して飲酒を勧めているワケではありません。その効果は定かではありませんが、これらの知識を使えば、今度から飲む言い訳をできるのではないか、と。

ネガティブなことを考えながら美味しく飲むのは難しい。だったら、いっそのこと開き直って、最大限に楽しむ方法を考えた方が良いですよね。 

60c67a49e0a38366b736b7b64072d3f74a5a2fcf

あなたが運動をしたあとに食べたり、飲んだりしくなるのは、どんなものですか。シャーベットやチーズバーガー。私の友だちは、絶対にキンキンに冷やしたビールを飲むのが習慣なんだとか。

アルコールが運動後に悪いという研究もありますが、ときにはメリットもあります。ここでは、ジムに行ったあとにビールを飲んでも良い理由を紹介します。

01.
分泌された脳内麻薬で
疲れがひとっ飛び

3d1934c3cf3c971c41e7789794d6d56cd250829e

2012年に公開された「Science Translational Medicine」の研究では、アルコールがあなたの気分を上げる理由は、エンドルフィンが分泌しているからということを突き止めたようです。運動と同じくらいの効果もあるのだとか。

もし、辛いことがあったり、元気を出したかったりしたら、運動後でも冷たいビールを飲めば解決してくれるかもしれません。

02.
酷使した体の疲れを
リフレッシュしてくれる

アルコールは、あなたをリラックスさせてくれる鎮静剤に近い働きだってしてくれます。普段から健康的な食事をしていて、運動もしているなら、1杯くらい飲んでも気にならないし、その日の疲れを癒してくれるでしょう。

03.
適度に飲むビールで
糖尿病のリスクが下がるとか

「The Harvard School of Public」の研究によれば、ビールを適度に(1日あたり1〜2杯)飲んでいる人は、2型糖尿病のリスクが低くくなっていたとのこと。

大切なのは、節度なんですね。

※2型糖尿病は、肥満、ストレス、運動不足によって発症するもの。

04.
ウェイトリフティングと
同じ効果を得られる

F2472d7f2cd23a1666efa11ef88177ebf3339697

たくさんの人が知っていることかもしれないけど、ウェイトリフティングは骨を強めてくれるそう。意外なことに、適量のビールも同じ効果があるようでして。

「The National Osteoporosis Risk Assessment」が20万人の女性を対象に行った研究によれば、アルコールは骨粗しょう症になるリスクを減らすとのこと。

理由としては、ホップに含まれるフラボノイドが影響しているのかもしれません。

05.
ホップのおかげで
貧血や鬱になりにくくなる?

前述のホップは、ビタミンB6のレベルを上げてくれるそう。この成分は、貧血や鬱への効果も期待されているようです。

06.
仲間との絆を深められる

01d2b6d961d31aa62d16acc68cec6e59abd769a2

最後は感覚的だけど、仲間と一緒にビールを飲んでいるときって、絆がどんどん深まっていきますよね。

また、ビールは筋肉を修復させる体内の動きを阻害するという研究結果や、脱水症状になってしまうこともあります。でも、水を少し多めに飲めば、解決することかもしれません。とにかく伝えたいことは、リスクもあることを理解した上で、飲むということでしょう。

Licensed material used with permission by Elite Daily
運動に対するモチベーションって、少しの工夫で、アップするから不思議なんだよな。と考えていたら、「Elite Daily」のライター Georgina Be...
ストイックにでなければいけない、強度を上げたら落としてはいけないなど、エクササイズをする上で勘違いしていることはないだろうか?この記事には、あなたが感じて...
「Stealth」は、スマホがセットできるバランスボード。専用アプリをダウンロードすれば、ゲームをやりながら、ワークアウトができるようになっています。
ビールを飲みたいけど、カラダを鍛えているからちょっと控え中。そんな方に朗報です。米でいま話題になっているのは、プロテインが入っているビール「Supplem...
筋トレをしている割に、一向に筋肉量が増えてこない。こう感じたことはありませんか?じつはこれ、効果的でない方法でトレーニングをしている証拠。医学的な根拠に基...
米ヒルトン・ホテル&リゾーツにワークアウト専用の客室ができたそうです。これ、簡単に説明すると、全身の筋肉を鍛えられてしまうほどの、様々なトレーニンググッズ...
クロスフィットは、アメリカで人気のある、日常生活の動きをワークアウトに応用したトレーニングです。ここでは、スポーツライターChelena Goldmanさ...
普段から運動を行って筋肉量をキープすることができれば、「健康体を維持したまま長生きできる身体コンディション」は整っていきます。糖尿病や認知症といった病気の...
脚の部分痩せをするときに、多くの人は筋トレが足を太くしてしまうと考えてしまうのではないでしょうか。でも、そんな心配もなく短時間で美しい脚を目指すことができ...
腰痛を改善してくれて、代謝を高めてくれるというポイントで、日本でも注目を集めている体幹トレーニング。「Plankpad」は、その効率を上げるために開発され...
コーヒーとビールで健康管理できたり、メンタルの向上に役立つなんて言われても、にわかには信じがたい話ですよね。そこでこの本のご紹介。メディアカルクリニックで...
頑張って運動しているけど、なかなか痩せない。痩せるために食事制限もしてみたけど、イライラする。それはもしかしたら、運動をする「時間帯」が間違っているのかも...
「Elite Daily」のライターGeorgina Berbariさんは、おそらく自分の経験も踏まえながら、様々な研究を証拠にマリファナと運動の関係を語...
デッドリフトと呼ばれる筋トレ(エクササイズ)の方法をご存じですか? メタボという言葉が一般化してからでしょうか、体を引き締める運動のなかでも、おなか周りを...
アメリカを代表するトップアスリートの食事を覗いてみたら…。
「Elite Daily」で紹介されていた記事には、なんと走ることなく「ランナーズ・ハイ」になる方法があると書かれていた。高揚感に浸ることができれば、ラン...
もう、すっかり冬ですね。さらに寒くなり、雪が降りはじめたりすると家にこもってしまいがち。ジムへ行くのも億劫、結果、運動不足になってしまう…。この記事を読ん...
常日頃から筋トレをしている人って、歳を重ねても若々しいイメージがありますよね。ここでは、久野譜也さんの著書『筋トレをする人が10年後、20年後になっても老...
「BodyBoss 2.0」は、ベクトルフィットベースと呼ばれる“板”のようなものに、伸縮性のあるバンドをつけて、その負荷を使ってワークアウトをする器具。...
デスクワークをしていると、つい運動不足になりがち。オフィスで隙間時間にエクササイズができたらいいのに、と思う人もいるかもしれません。そんな人の強い味方……...