寝る時間を惜しんでまで、ワークアウトしたくなる「客室」

この部屋に泊まったら一睡もできそうにない。というのが、週5でジムに通う僕の正直な感想。

普通に考えれば、ホテルの客室で鍛えようと思っても、腕立て、腹筋くらいなもの。ところが、アメリカのヒルトン・ホテル&リゾーツが先月、こんなリリースを打ち出しました。これはキニナル!

ホテルなのに
くつろぐ暇がない!?

なんでも、ワークアウト専用の客室を新たにつくったというのです。簡単に説明すると、全身の筋肉を鍛えられてしまうほどの、様々なトレーニンググッズが備えられた客室(Five feet to Fitness)。これ、要するにベッドとフィットネスジムの距離間を、ぐぐっと5フィートに縮めちゃったってこと。

では、実際にどんなマシンが揃ってて、どこを鍛えられると思います?

ヨガマットの貸し出しがあったり、エアロバイク付きの客室というなら想像がつくはずです。でもそれだけじゃありません。ここからは、実際にワークアウトをしに、この部屋に宿泊している気分で紹介していきたいと思います。

まず始めに必要なのは、怪我を予防するための準備運動。備え付けのヨガマットを使って、ヨガやストレッチで筋肉をほぐしていきます。

関節の可動域を広げておくことで、トレーニングの効果が高まるからです。

■サンドベル■

【スクワット時の下半身、握力強化などに】

ご存知のとおり(鍛えていれば)、筋トレをするなら大きい筋肉から鍛えるというのが定石。そこで、サンドベルを使った下半身のトレーニングに打ち込む。左右に振りながらスクワットをすることで、より負荷がかけられるんですよね。

■TRX■

【上半身の強化、体幹を鍛えるのにも有効】

おお、TRXまでデフォルトですか!

誰でも簡単にトレーニングができ、日本でも知名度が急上昇。これを使って体幹を鍛えることもできるんですよね。広背筋、大胸筋など、上半身を徹底的に追い込んでみたい!

■メディシンボール■

【おもに腹筋のパンプアップに】

そして、定番メディシンボール

僕のオススメは腹筋をする体勢になって、これを左右に振るロシアンツイスト。腹直筋・腹斜筋の両方を鍛えられますよ。

■WATTBIKE■

【有酸素運動に】

ハードなワークアウトの最後は、やっぱり有酸素運動でしょう。プロ仕様のWATTBIKE」ならば、いつものエアロバイクよりも心肺器官をいじめてくれるはず。

ハードワークをサポートする
充実のアメニティ

ここまで色々と紹介しましたが、運動の仕方が分からない人のためには、200種類以上のトレーニングガイドがみれるキオスク端末が付いています

また、ミニバーだってこの通り。ワークアウト中に欠かせない水分補給は、当然スポーツドリンクで。個人的には運動後のケアとして用意されているプロテイン飲料がツボ。

最後は、ストレッチポールやバランスボードを使って、ようやくのんびりストレッチができます。

運動後は、ベッドにダイブ

ここまで運動をして、ようやく安心してぐっすり眠れるんじゃないでしょうか。間違いなく、寝つきも良くなるはず。

現在、この部屋を利用できるのはサンフランシスコとワシントンDC近郊のマクリーンのみですが、シカゴ・ラスベガス・ニューヨークにも展開予定とのこと。となると、日本にこの客室が登場するまで、あとどのくらい待たないといけないんだろう…。

自分を徹底的に“追い込むための部屋”、正直どのくらいのニーズがあるかは分かりません。でも、それでもです。僕もそうですが、もうワークアウトが日課って人、意外とアナタの周りにも増えてきているんじゃないですか?

気になる人は「Hilton」のWEBサイトへ。

Licensed material used with permission by Hilton
他の記事を見る
ポケットにも収まる「Monkii」は、ドアに引っ掛けて使うタイプのワークアウトグッズ。場所に縛られることなく、自宅でもホテルでもトレーニングができるように...
「Stealth」は、スマホがセットできるバランスボード。専用アプリをダウンロードすれば、ゲームをやりながら、ワークアウトができるようになっています。
通常のウェイトではなく電磁力を応用して負荷を生み出します。
クロスフィットは、アメリカで人気のある、日常生活の動きをワークアウトに応用したトレーニングです。ここでは、スポーツライターChelena Goldmanさ...
運動に対するモチベーションって、少しの工夫で、アップするから不思議なんだよな。と考えていたら、「Elite Daily」のライター Georgina Be...
腰痛を改善してくれて、代謝を高めてくれるというポイントで、日本でも注目を集めている体幹トレーニング。「Plankpad」は、その効率を上げるために開発され...
自分が運動した時間を植物を育てるのに役立てられるのが「Phabit」だ。ユーザーは、専用アプリを使って個人の目標を設定して、ワークアウトをするだけでいい。
私たちの筋肉をつくりあげるのはたんぱく質。となれば、ワークアウト後はとにかくお肉を食べればOK……とはいかないのがヒトの体の構造。筋トレのあとにオススメの...
ここで紹介する筋トレは4種類。左右交互にやって、合間に10秒の休憩時間を入れても約5分で終わります。隙間時間でもできるワークアウトで、ぷりケツを目指せ!
関節を動かさずに、筋肉を鍛えるアイソメトリックトレーニングをサポートしてくれるグッズが「Active5」。内蔵されたセンサーで、どれくらいのプレッシャーを...
「BodyBoss 2.0」は、ベクトルフィットベースと呼ばれる“板”のようなものに、伸縮性のあるバンドをつけて、その負荷を使ってワークアウトをする器具。...
割とシンプルな見た目のXBARですが、スペースをとらずに全身の筋肉を鍛えるワークアウトをサポートしてくれます。自分の部屋でだって筋トレが簡単にできるように。
6種類の重さに切り替えられるケトルベル。これひとつで、重さの違うダンベルをいくつも用意することなく、室内スペースもスマート化。小さな空間でも満足がいく筋ト...
フィットネストラッカー「Moov Now」の特徴は、トレーニング中に過去の自分の記録と比べて、パフォーマンスが悪いと煽ってくれることです。要するに、常に限...
筋トレをしている割に、一向に筋肉量が増えてこない。こう感じたことはありませんか?じつはこれ、効果的でない方法でトレーニングをしている証拠。医学的な根拠に基...
通勤時間を有効に使いたいーー。本を読んだり勉強するのは一般的ですが、新たに「体を鍛える」という選択肢が加わるかもしれないのがロンドン。ジムを備えたバス「R...
脚の部分痩せをするときに、多くの人は筋トレが足を太くしてしまうと考えてしまうのではないでしょうか。でも、そんな心配もなく短時間で美しい脚を目指すことができ...
ブルックリンでひそかに話題になっていたジム『Playground』が日本に上陸しました。「遊び場」という意味が込められているこの場所では、遊びを通して体を...
ストイックにでなければいけない、強度を上げたら落としてはいけないなど、エクササイズをする上で勘違いしていることはないだろうか?この記事には、あなたが感じて...
見た目の華奢さを大きく左右する肩幅を少しでも狭くしたい!そう思っている女性は少なくないですよね。何を隠そう、私もそのうちの一人。いままでは、矯正や整体にで...